Hatena::Groupmanabiai

中保体toukonyukiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

広島県で中学校に勤務してます。toukon.yuki☆ezweb.ne.jpです。☆を@に変えてください。

2018-11-09 (金)

『学び合い』で良かったと思う時

19:28 | 『学び合い』で良かったと思う時 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』で良かったと思う時 - 中保体toukonyukiの日記 『学び合い』で良かったと思う時 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

不登校傾向だった生徒が1人、完全に来始めている。その背景に周りの生徒の思いや行動があると思える。

もう1人の不登校生徒が今週3回も登校した。その背景にもクラス内外の生徒の思いや行動がある。

四月から自分をさらけ出していて良かった。

「私一人では絶対できない。何をしてとは言わないけど、全員一人残らず幸せになってほしい。私のどこを切ってもその願いが出てくるくらい、心からそう思ってる。」

そんなことを言ったり、言わなかったりしながら、自分にできることはしてきた。

学び合い』を知らなかったら、とっくに切り捨てたか、諦めたか、見ないふりしてたかもな…。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181109

2018-11-04 (日)

仲が悪くなった集団同士

18:39 | 仲が悪くなった集団同士 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲が悪くなった集団同士 - 中保体toukonyukiの日記 仲が悪くなった集団同士 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

ちょっとしたことから、仲が悪くなり、雰囲気が悪くなったら指導者としてどうするか…

何を語るか、何を求めるか…

毎日、まだまだまだまだ勉強です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181104

2018-10-29 (月)

合唱コンクール「銀賞」とその裏で嬉しかったこと2つ

16:17 | 合唱コンクール「銀賞」とその裏で嬉しかったこと2つ - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 合唱コンクール「銀賞」とその裏で嬉しかったこと2つ - 中保体toukonyukiの日記 合唱コンクール「銀賞」とその裏で嬉しかったこと2つ - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

合唱コンクールは「銀賞」だった。「金賞」か「銀賞」しかなくて、学年優勝は「金賞」から選ばれるので、当然生徒達は「金賞」をめざしていた。やる気は最後まであったし、練習もギリギリまで頑張ったが、金賞には届かなかった。

しかし、その裏で嬉しかったことが2つある。

1つは、1学期不登校傾向だった女子生徒が本番はマスクも取り、練習と同じように歌ったことだ。そうなるように促すほかの生徒の姿があった。

もう1つは、不登校で二学期も数回しか登校していない男子生徒のところへ、何名かの男子がたびたび行って話したりしていたことだ。このことがつい最近分かった。

見えにくいことだが、そういうことがチラッと見えて、少し安心した。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181029

2018-10-20 (土)

合唱・日記

07:53 | 合唱・日記 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 合唱・日記 - 中保体toukonyukiの日記 合唱・日記 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

今年度の前半不登校傾向だった生徒が、今、出席を続けている。合唱練習にも参加している。

昨日の学年合唱練習で、いい場面を見た。

昨日は一年生全クラスが三年生の合唱練習を聴きにきていたこともあり、緊張が増す状況。不登校生徒は始まる前からステージには上がらないでフロアの隅にいると言ってきていたので、私もそれでいいよと言っていた。

いざ、ステージに上がる直前、抜けようとするその生徒に周りの生徒が「大丈夫、一緒に行こうよ。」と誘う姿があった。何度か周りの生徒が粘ったが、その子はステージには結局上がらなかった。でも、きっと本番は上がれるだろうと思った。嬉しい場面だった。

毎日出す日記を読んでいたら、いつも不登校の生徒に帰り道プリントを届けてくれている男子生徒(学級委員)の日記が嬉しかった。「(不登校生徒が学校に来るために)もっと何かできるんじゃないかと考えています。せめて3学期は毎日来てくれるようになったらと思っています。」という内容だった。2割の生徒には通じると信じていいんだと確信した。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181020

2018-10-18 (木)

合唱と不登校

22:07 | 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 合唱と不登校 - 中保体toukonyukiの日記 のブックマークコメント

合唱コンクールに『学び合い』の考え方で臨むなら、めあては「全員が歌に思いを込めて、強弱をつけて歌うことができる」になるのだろうか。

1番になって、学校代表になってみたいけど、現状では難しいなぁ〜。

隣のクラスの学年主任の先生のクラスは、だいぶ先いってるなあ〜〜。


学校帰りに不登校生徒の家に寄り、プリント類を届けた。

昨日はクラスの学級委員が塾の帰りに届けてくれた。席が隣のクラスメイトは毎日配られるプリントをまとめてくれている。

一人も見捨てない集団を作りたいという私の思いは、届いている生徒には届いていると思いたい。

いや、そうだと信じる。

元気です元気です2018/10/20 07:00合唱コンクールに『学び合い』の考え方で臨むなら、
めあては「全員が歌に思いを込めて、メロディーの頭タイミングと終わり消え方を揃えて歌うことができるように、周りのブレスを意識してうたうことができる。」
にまずします。
ピアノや他のパートの音を聞いて歌っている時点で、出された音が各パートの離れた距離の分だけずれて聴衆に届くので、聞いている人はそのズレに結構敏感です。
奇妙なくらいシンクロしていることに関心を持ってもらってから、強弱、歌い回し表現をどうしようかにしてます。
学年主任の先生のクラスとの差って、実はシンクロ率なのではないかと想像してました。

toukonyukitoukonyuki2018/10/20 18:23ありがとうございます!とってもいいアドバイスと勇気をいただきました。音楽の先生でいらっしゃいますか?

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20181018