Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('2001現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('2001現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2019/12/05 (木)

試験期間に入ってます。

06:25 | 試験期間に入ってます。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 試験期間に入ってます。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 試験期間に入ってます。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

久々の投稿です。

前回11/8の投稿に関しては具体的な解決に至ってませんが、その生徒はその後いつものテンションというかいつもの様子で友人たちと取り組んでいます。今思えば、例の感想を書いたときはひとりムスっと授業に参加し、途中からは寝に入っていたので、なんかなげやりになりたい何かがあったのかなぁとも思えます。どちらにしても、心の奥にある部分を吐露してくれたということで、そういう生徒もいるんだなと心に留めていきたきです。

そういう意味で、それ以降はすべてのクラスで、それぞれの生徒の一挙手一投足にいつも以上に気を配り、これは賛否でるかもですが(あるいは否だけ??)生徒から「先生!質問でーす」という発信にはすぐ応えるようにしている。対応内容は生徒の様子を見たり、周囲の友人の理解度が分かればそちらに振ったりと、単なる一対一の答え合わせにだけならないようにしている。これはこれで自分は心身共に動きやすい感じがする。

話は変わり、昨日私が担当する一年生の試験があり、一昨日の夜、どれ帰るかなぁというタイミングで男子二人が職員室を訪問し「明日のテストで質問があります!」と言うので、帰る間際ってこともあり溜め息出つつ、質問に来るくらいやる気あることにこちらもやる気が出て教室に向かった。そしたら他に5名ほどいて、質問会をはじめたら「自分も参加してよいか」と廊下から数名入室し、8名ほどでやる形に。その質問会を通して感じたことを列挙すると、

・生徒一人ひとりが分からない知りたい所はかなり違う

・ひとつの事に説明しはじめても「先生、それって~」「先生、これは~」と、理解度にかなりの差があることを目の当たりにした(これまでは理屈で分かっていたが、一斉授業の時は基本生徒は黙りっぱなしですよね?本で読んでもそうだそうだとと思っていたが、本当にそうなんだと実感した瞬間だった)

・明日がテストってこともあり、いつもの授業以上のやる気に驚いたし、状況見て「隣の友人に聞いてみよう。隣の友人は教えてあげよう。」と投げ掛けたら、予想以上に互いに質問&アウトプットの時間が始まり、その二人が違う二人に移動したりと、その生徒たちが普段見せない学びの様子を見せてくれた。

上記のことからも、何か気づかされた感じがする。やはり生徒たちは力がある。あとはその力を導いてどう後押しするか。そのためには自分ひとり(=教師)の力では難しいからクラスの2割程度の生徒を動かす、なんて利にかなった考え方なんだと実感。ただ、試験のために頑張る生徒層と、そういうこと(=ひとりも見捨てず全員達成を目指す)を得だと感じて頑張る生徒が一緒にいる生徒層が共存する通常のクラスでの私の語りや振る舞いはもっと意識しなければ、それが大事なメッセージになるなと思った。試験後、その意識でいこう。