Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2019/08/28 (水)

授業を通したクラス関係の把握。

21:20 | 授業を通したクラス関係の把握。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業を通したクラス関係の把握。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 授業を通したクラス関係の把握。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

学び合い』での授業では、クラスの人間関係がビックリするほど見て取れる。正に本に書いてある通り。あの子とこの子は仲イイんだな、とか、あの子とあの子は仲良くないのかな?と、席クジでたまたま隣同士になったハズなのに一向に話さない様子から判断できる。また、あの子は今日はテンション高いなぁとか、あの子は今日は疲れてんの不機嫌だなぁとか、それぞれの様子や関係性を眺めることが出来る。

以前、職場の同僚の方と「授業でわざわざそれを見なくてもイイんじゃない?」と言われたことがある。『』に対して批判的な方からの言葉ではあったが、確かに良好な関係ならまだしも、不良な関係(うまい表現ができない)を私から「良くしなさい」ということはなく“全員達成を目指す、そのために自分ができることをやろう”と言うことで、何かをやろうとする子はやるだろうし、やりにくい子でも意識だけはするだろう。そういう状況を横目で見ながら意識することだけでも無意味なことはないと思う。本で言われる“得であることを思わせる”ことが出来るかどうかが私の言葉掛けの課題でもある。生徒の目立たなくとも良き動きや発言、雰囲気をしっかり見取り、それを評価しなければ。

2019/08/23 (金)

二学期の授業始め、語り直し。

22:51 | 二学期の授業始め、語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 二学期の授業始め、語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 二学期の授業始め、語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

一昨日から二学期が始まり、昨日から授業も始まった。私が担当している1・2年生の理科は『学び合い』(二重括弧の学び合い)の考え方で授業を行っているが、学期始めということもあり語り直しを行った。

『』とは何であったか、そもそもなぜその考え方での授業を行っているのか、私としてはその二点を確認したかった。

その説明の題材として、これから迎える未来がどのようなものかを一般的に知られているコンテンツを示し、これからどのように成長したいか、どのような力をつけたいか、でもそれらは全員が一律ではなくそれぞれ異なること、何より全てを身につける必要はなく、自分が出来ない事を出来る人と繋がる力があればイイ、という主旨のスライドを作って説明した。序盤に夏の振り返りと夏で成長したことを考えさせ、それを踏まえて今後の学校生活でどのように成長したいかも考えてもらった。

昨日今日で、1・2年生の5クラスで実施した(1・2年生で科目も『』の年数も違うので、中身は少々異なる)が、まぁやはり全員に分かってもらうのは難しく、授業と同じように二割に伝わればよいか、いや、授業とは異なってワンウェイの形なので、3~4割に伝わるように語ろうと心がけた。生徒の様子は様々だが、伝わってほしいべき生徒には伝わったか。そのように感じられたし、何よりそう思いたい(願望?!)。

ただ、語り直しに取り組んでの反省は、

・私の思い込み(願い?)が強すぎる内容になっているのでは…

・準備に時間をかけられず、直接のバタバタ準備になった

・そもそも語り直しに意味があるのか

と、色々考えてしまった。

考えても終えたことでもあるし、今後のために自分なりに振り返っていこう。

2019/08/05 (月)

『学び合い』フォーラムに参加できずとも…

23:26 | 『学び合い』フォーラムに参加できずとも… - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラムに参加できずとも… - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 『学び合い』フォーラムに参加できずとも… - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

先週末に開催された上記フォーラム、参加してみたかった。全国規模で『』実践者の方や『』に関心ある人々が集う会がどのような会なのか、そこでの学びや出会いを考えるとゾクゾクする。しかし、夢叶わず、思い届かず…。

理由は色々あるにせよ、行けないその日に自分が実践している『』についての発表の場を頂いた。先週の土曜、仙台市で開催されたチーム宮城勉強会withチーム山形による夏の勉強会。これは有志の高校教員が主に自身の授業改善のために集まり、様々なテーマのもとに協議する勉強会である。今日のブログでは、その勉強会で私が報告したことに関してまとめたいと思う。

昨年度から始めた『』による授業から得られた成果と課題について報告。まだ実践歴が浅いことと、『』の普及活動ではなく(自然に受け止められ、広がればイイなぁとはそれこそナチュラルに思ってはいるが)いち高校教員が取り組んだのことの1つとして聞いてもらえればいいということを伝えた。会に参加した相手は殆ど高校教員ではあるが、当日は公立私立それぞれおり、大学の先生数人や民間の教育関係者、教員関係以外の方も若干名いたので、変なところ(人?)を刺激しないための布石を打った(まぁ余計だったかもしれんが、結果特に大きな攻撃的なのは無かったと感じている)。

私の発表の流れは、

①色々紹介(自分、勤務校のある街、勤務校の状況等)

②『』について。3つの観、一人も見捨てず全員達成を目指す。その3つの観とは

③実際に『』でやってみよう(15分程度の模擬授業)

④私の『』での授業を振り返って成果や課題

てあった。

最後にまとめて質問タイムがあり、以下が質問をまとめたものである。

・(授業後に毎回書かせている振り返りカードに関して)毎回でなく単元毎ではどうか

・全員達成ができなかったときどうするか

・生徒からの「教えてほしい」「まとめがほしい」にはどう対応するのか

・3つの観に縛られず、柔軟にやったらどうか

・生徒が取り組む38分(私の授業の場合はそうなる)では、長すぎて生徒がダラけるのではないか。短くして資料等を見せた方がイイのではないか

・(教科の違いはあるが)教科書に載っていないこと、それを生徒が聞きたがっている事実がある

・(特に女子に多いが)ノートをうまくまとめたい、書きたいと思っている生徒がいる

・そもそも、なぜ『』か?

であった。

上記質問に、現状の自分として回答できたもの、うまく答えられず「参考にします」と流し気味になってしまったものがあるが、発表の最後にシートに載せた“~それでも、私の一斉講義型にもどすよりは、まだマシなので、試行錯誤していく”というところに結局行き着く。色々考えても、結果そう感じてしまう。その時はそうは言えなかったが、そう言うべきだったか。人によっては乱暴&雑な言い方に取られ、それはそれで『』の伝わり方に問題がある(すでに発表序盤のときの『』の説明がマズかったのかもしれませんスンマセン…)ので、言わなくて良かったのか、やはり分かんないなぁ。

目の前の授業をどうするか、その視点で考えれば色んな方から沢山改善点がでるが、そうではなく授業“で”どうするのか、そちらをもっと掘り下げて考えていく。

今回のように発表の機会を頂いたのは今回初めて。自分自身が色々振り返り整理し、伝えるよりも伝わるためにどうすればいいか熟考できたし、『』を知っている人が殆どだっだったが、その方々から色々な意見を頂き、自分が学び多き機会となった。