Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2019/06/26 (水)

久々に、徒然なるままに書こう。

22:51 | 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

書こう書こうと思いながら時は流れる。久々に最近のことを書きたいと思う。

①全員達成することが得であるのことの語りについて

六月中旬、Facebookの『』のグループでタイトルのような書き込みがあり、様々な方が返答していた。私自身も生徒に対して「全員達成を目指すことで○○だから」というような目指す過程で体得できるものと「全員達成することがみんなにとって○○だから」というような結果から得られるものの二種類に概ね分けることができる語りをしている。何人かの返答から気付かされることがあった。それはやはり私自身も「全員達成を得と思えているか」という根本的なことであった。どこかで『』でやるから全員達成を目指す、だから全員達成が得であることを語らなくてはいけない、そんなあと付けで考えているのではないかということである。もしかしたらそうなのか、そうしたら自分自身は『』でやる資格はないのか、様々考えている。しかし、そもそも『』に出会ったのが約2年前、そこから始めただけに、順番的なもの(『』を知って、全員達成が得であることを知ったこと)は事実仕方ない。だから、本当に自分自身は全員達成が得であるということを感じているのか、再認識するキッカケになった。

②校内研究授業において

先週、年に二回の研究授業旬刊であり、前期に立候補して観覧してもらう。生徒たちはいつも以上に頑張ってくれていた。だが、それとは別に①の返答にもあった「『』を道具としてしようしているとか」という寒気さえも感じる疑問を抱いた。そんなハズはないと感じながらも、自分の思いがどの段階なのか分からなくなることがある。

③授業中の生徒の姿について

授業に取り組む際の在るべき姿や求める姿を語ることは少なくないが、無意識にそこに当てはめようとしている、枠に収めようとしている、そんな自分がいるのではないかとゾッとした。生徒は十人十色なわけだから。理想はかたりつつも、そのなかで彼らのナチュラルさを土台にどうあるべきかを考えた(今も考えている)日々だった。