Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('2001現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('2001現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2018/08/30 (木)

夏休みの課題

22:35 | 夏休みの課題 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 夏休みの課題 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 夏休みの課題 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

2学期が始まってまもなく2週間が経過しようとしている。

どの学校でもあると思うが、夏休みの課題(宿題)の提出。教科の問題プリントやワークに加えて、読書感想文もあった。

今日の学年会にて、教科の課題は担当教員主導でお願いするとして、読書感想文の未提出者をどうするか。なんの事はない、ただ「早く書いて出しなさい」と指導すればイイのだが、今回は、なせかそう思えなかった。

そもそも理論で考えれば、提出しない生徒たちは、課題のことを自分事と捉えていないし、意義を見出だしていない。それをさせるのも我々学校側の、教員側の指導の範疇なのだろうが、小中でそれをされてこなかった訳ではないだろう。小中のせいだと片付けるつもりはないが、高校でその指導が一からすることで行き届くのも難しいのではないかと思ってしまう。かといって、出さないことを良しとはしないが、出さないのは仕方ないだろうと思ってしまう。

指導はするが、後追いはしない。わざわざ放課後に残して取り組ませることが、生徒にも我々にとっても生産的とは思えない。ただ「出させること」が目的かしてしまう。

しかし、一方では「出す努力をさせることが大事だ」という意見もあった。その通りだ。むしろ私は、以前はそちら側だった。何もかも「ちゃんと」「しっかり」「みんなと同じように」と指導してきた側だ。なのに何故か、今回の読書感想文に関しては、自分の感覚が周囲と異なるようだ。

会議の結果、自分の中ではコンセンサス優先であるので、「ちゃんと」出させることが決まった。今日、それらしく、何故読書感想文を書くのを話してみた。「ちゃんと」出せば取りあえずはイイのだ。でも、それでイイのか???

以前の自分とは、なぜか価値観が変わってしまった。元に戻るのか、今回のままか。自分でも未知数…。

2018/08/24 (金)

授業での語り直し、その3。

22:41 | 授業での語り直し、その3。  - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業での語り直し、その3。  - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 授業での語り直し、その3。  - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

今日の授業で、私が担当しているクラスは2学期すべて始まった。昨日一昨日と同じように語り直す。

が、しかし…

こちらの期待通りの空気にはならず、一部の生徒には聞く耳もってもらえず、中々自分事として考えさせるのは難しく、そして「考えよう」と言っておきながら語り直しが語りっぱなしでは疲れるよなそれは。

色々反省。次にいかしたい。



2学期最初の一週間が終了。なんかホッとする。明日は福島で学びの場がある。楽しみだ。

2018/08/23 (木)

授業での語り直し、その2。

22:31 | 授業での語り直し、その2。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業での語り直し、その2。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 授業での語り直し、その2。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

本日は2年生のあるクラスで2学期最初の授業。昨日同様に語り直しを実行。

が…

昨日の2クラスより、なんか雰囲気が悪い。悪いと言うよりユルい。

昨日のように確かに暑く、みんなグッタリ(私も汗ダクダク)。

クラスの中にいると存在感がありなんとなく落ち着く空気を作るある生徒がいない(公欠)。

それだけなのか、それだけではないのか、原因は別にせよ、私が話をしているのに話をし続ける生徒たちがチラホラ。今日の語り直しの意味については授業の最初に話をしていた。「みんなで考えて共有していこう」と伝え、3年生の就職へ向けた動きを取り上げて「みんなも人生をかけた大事な時期まで1年切った」と言って、そのためにすべきことやつけるべき力、そもそも何故それらが必要なのかを考えられる未来の話をし、その上で…という流れが今回の語り直しの内容。

しかし、このクラスにしてはいつも以上に集中力が欠けていた。なので傾聴することの大切さや意味について話をした。語り直しからしばし逸れた瞬間たった。

その時も感じていたが、もちろん全員がそうではない。こちらにしっかり目と耳と心を向けていた生徒もいた(と思うし、そう信じたい)。

今日はコンディション(暑すぎたこと)が悪かったから仕方ないか

このクラスの一部は傾聴できない生徒が元々いるから仕方ないか

聞いてくれる生徒は聞くし、聞かない生徒は聞かない、それだけのことか

語り直している時も、今もそう考えて、自分を納得させようとしているのかもしれない。

語り直しにせよ、授業にせよ、目の前の生徒に“自分事”と捉えさせるのが中々難しい。2学期も色々試そう。そして、週末の研修会(8/25『学び合い』仙南の会in福島市)と来週頭の教育講座(8/27これからの教育講座in山形市)で何か得てきて変化したい。

2018/08/22 (水)

授業での語り直し。

22:52 | 授業での語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業での語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 授業での語り直し。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

2学期の授業が昨日から始まっている。

私が担当する授業も昨日から始まった。年度始めから『』の考え方で1・2年生の授業を展開している。2学期どのように始めようか考え、川西弘幸さんの「まいにち!『学び合い』」(ファーラムA)に述べられていた“学期始めは語り直す”という言葉に倣い、4月には触れなかった3つの観をプロジェクターで出し、プリントにも記載して配布する形で説明した。年度始めのオリエンテーションでは『』は紹介したものの、考え方については説明が浅かったように思う。今回初めて3つの観を伝えた。その上で「一人も見捨てない」「全員達成を目指す」ことも確認した。年度始めの方が良かったのかな?



今、ブログを書きながら気づいたのは、私は『』を授業における考え方として捉えているつもりが、無意識に授業の方法と捉えているのかもしれないということである。今一度、自分を振り返ろう。

今日は暑かった。とにかく暑かった…。

2018/08/20 (月)

本日から二学期が

23:42 | 本日から二学期が - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日から二学期が - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 本日から二学期が - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

始まりました。

素晴らしいことに全員登校!(ただし、短期留学生や休学生等の欠席確定者を除く)

内面は色々であろうから、担任として表情見ながら夏休みのこととか聞いてみよう。

今日は課題試験があり、その後に課題を回収。他に読書感想文や夏の生活計画表なども回収した。問題は、提出しない生徒、そもそもやってもいない生徒がいることだ。

教科担当者や学年団と確認して、担任として指導していく、特にセオリー通りの指導であるが、ふと思うのは、その生徒にとって課題の意味、提出の意味、色んなことを考えてしまった瞬間だった。その生徒に様々な“何故○○は必要なのか”を落とし込むのは中々難しい。それを強制的にやらされるのかどうかは現在未定だが、それ自体も意味があるのか悩んでしまうな。

長丁場の2学期、頑張っていこう。

2018/08/16 (木)

本校の卒業生について、ふと思うこと。

21:45 | 本校の卒業生について、ふと思うこと。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 本校の卒業生について、ふと思うこと。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 本校の卒業生について、ふと思うこと。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

夏休みと言えば、卒業生が母校に顔を出してくれることもあるだろう。本校に赴任して2年目の私には、会っても大して話せない状況だが、数年勤務されている方と「卒業生がこんなことを言ってた」的な話をして、思ったことがある。まず、その先生から聞いた話は、

・今すぐ仕事を辞めたいと言っていた

・求人票との待遇がかなり違う

・いくら働いていても給料があがらない

等々、社会人数年目の子達であれば出てきそうな言葉だ。それをもしわたしが直接聞いたとしても、全肯定もしなければ全否定もしないだろう。

私がふと思ったのは、

・勤務校の卒業生の就職形態(正規雇用なのか非正規雇用なのか)

・離職率はどのくらいなのか

などである。

よく言われることが果たして真実なのか。調べられるもの(判明しているもの)と調べられないもの(調べる手段がないもの)があるだろうが、気になる。進路部に聞いてみよう。

本題としては、そのような“やめない仕事”と感じてしまった時に、どのような行動を出るのか。出方は何パターンか考えられるが、どの選択にしても、選択に至るまでとその後において“必要な力”が必ずある。社会人として送り出す学校には、その力をつける責任があるのだろうな。あとは、どんな力をどのようにつけていくかだな、と感じた。

2018/08/15 (水)

お盆休みが終わろうとしている。

22:38 | お盆休みが終わろうとしている。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - お盆休みが終わろうとしている。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー お盆休みが終わろうとしている。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

久々のブログ。

一旦離れると中々戻ってこれないなぁと感じつつ、西川先生の“情報を発信せよ”というFacebookの投稿を見て感化された。単純ですが、書きます。

今年度は勤務校の管理職から「13~15は閉庁日にするので、原則勤務せずに休みを取るように」とあり、それに沿った形で今日まで部活も休みにして私自身も盆休みとしていた。ただでさえ休みが少ない(休みづらい?休むのが下手なだけ?)教育現場だから、上から言ってもらえるのはありがたい。全て同じにしなくてもよいが、欧米のバカンスのように仕事にはちゃんと休みを入れるべきだな。前任校の進学校に居たときの自分自身に聞かせたい。しかし、聞いても変わるだろうか、そのくらい今の自分とは時間の在り方も考え方も違う過去の自分。

夏休み、色々考えて思う部分が沢山あった。一番は仕事、教育について。世の中様々な場面で色んな形で自身の考えや意見、他の情報を発信していることについて、まずはそれ自体と、その内容にあれこれ考えさせられた。自分てどうあるべきなのかなぁと。芯のない人間と言われるかもしれませんが、それが自分ならば、その自分の芯はある(ハズ)だから、自分なりに磨いて行かねば!と、思うには思ったところ。

あー、夏が終わりますね…。