Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('1908現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2018/06/22 (金)

①課題の量の設定、②語りの中で次に向けて伝えること

21:43 | ①課題の量の設定、②語りの中で次に向けて伝えること - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - ①課題の量の設定、②語りの中で次に向けて伝えること - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー ①課題の量の設定、②語りの中で次に向けて伝えること - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

今日感じたことを2つ。

①今日の我が担任のクラス。生徒たちにしてみたら課題が多かったようだ。標準的にできる生徒分かる生徒が15分くらいで解けるようにとは意識しているものの「やはり授業一時間(実際は50分)でこのくらいは進みたい」という授業者側の思いが先行してしまった。

しかし、多くの生徒たちは気持ちを切らさず取り組んでくれてたなぁ。この様子を見ると課題の量はこのくらいがいいのか?!なんて、結局自分都合なことを考えてしまう。

授業後の語りでは、まず課題の設定は間違ってしまったと謝り、それでも集中を切らさずに取り組むことの意義を伝える。

②今日の授業とは直接関係なく、いや、今日の授業を含めて考えれば関係あるのかもしれない。

授業後の語りでは、その日の取り組みの中で見取った良き点を褒め、改善点を伝えてきた。私は通勤中にYouTubeにアップされている西川先生の講義やゼミをBGMとして聞いているが、今朝聞いていたもののなかで「次はどうすれば全員達成できるか、自分たちで考えさせる」というキーワードがあった(と思う)。ハッと気付かされたのは、私は結構「こうすれば」というような、自分の視点から強調していたなと言うこと。まだまだみんなの力を信じると言っておきながら信じきれてなかった。それでは全否定されることではないとは言え、伝わるものも殆ど伝わらないな。

今日は天気良かった。青空が気持ち良かった。