Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('1906現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('1906現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2019/06/30 (日)

学びの場の予定:チーム宮城勉強会(案内、お誘い)

17:15 | 学びの場の予定:チーム宮城勉強会(案内、お誘い) - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 学びの場の予定:チーム宮城勉強会(案内、お誘い) - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 学びの場の予定:チーム宮城勉強会(案内、お誘い) - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

8月に開催される上記の会で、自分の実践報告をさせて頂く機会を得ました。

ちょうど2年前に『学び合い』(二重括弧の学び合い)を知り、昨年度から勤務校の1・2年生の授業で『』の考え方で授業を行っています。まだまだ「これだ」という手応えや「これが」というような明確に言えるものは少ないですが、生徒にアウトプットを促している以上、自分自身の変化のために自らアウトプットせねばと思い引き受けました。

“成果と課題”というテーマでありながら、成果そのものは薄く課題だらけな状況ですが、しっかり準備して臨みたいと思います。ご都合つく方は是非ご参加くださり、様々ご意見等頂ければと思います。よろしくお願いします。

2019/06/26 (水)

久々に、徒然なるままに書こう。

22:51 | 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 久々に、徒然なるままに書こう。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

書こう書こうと思いながら時は流れる。久々に最近のことを書きたいと思う。

①全員達成することが得であるのことの語りについて

六月中旬、Facebookの『』のグループでタイトルのような書き込みがあり、様々な方が返答していた。私自身も生徒に対して「全員達成を目指すことで○○だから」というような目指す過程で体得できるものと「全員達成することがみんなにとって○○だから」というような結果から得られるものの二種類に概ね分けることができる語りをしている。何人かの返答から気付かされることがあった。それはやはり私自身も「全員達成を得と思えているか」という根本的なことであった。どこかで『』でやるから全員達成を目指す、だから全員達成が得であることを語らなくてはいけない、そんなあと付けで考えているのではないかということである。もしかしたらそうなのか、そうしたら自分自身は『』でやる資格はないのか、様々考えている。しかし、そもそも『』に出会ったのが約2年前、そこから始めただけに、順番的なもの(『』を知って、全員達成が得であることを知ったこと)は事実仕方ない。だから、本当に自分自身は全員達成が得であるということを感じているのか、再認識するキッカケになった。

②校内研究授業において

先週、年に二回の研究授業旬刊であり、前期に立候補して観覧してもらう。生徒たちはいつも以上に頑張ってくれていた。だが、それとは別に①の返答にもあった「『』を道具としてしようしているとか」という寒気さえも感じる疑問を抱いた。そんなハズはないと感じながらも、自分の思いがどの段階なのか分からなくなることがある。

③授業中の生徒の姿について

授業に取り組む際の在るべき姿や求める姿を語ることは少なくないが、無意識にそこに当てはめようとしている、枠に収めようとしている、そんな自分がいるのではないかとゾッとした。生徒は十人十色なわけだから。理想はかたりつつも、そのなかで彼らのナチュラルさを土台にどうあるべきかを考えた(今も考えている)日々だった。

2019/06/05 (水)

やはり、クラスの空間・場の影響は大きい。

22:35 | やはり、クラスの空間・場の影響は大きい。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - やはり、クラスの空間・場の影響は大きい。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー やはり、クラスの空間・場の影響は大きい。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

試験返却が終わり、授業が再開。

言葉掛けで最近意識しているのは、

・そのクラスの生徒(たち)の良き点をなるべくそのまま挙げる

・理想像を強く語りすぎない

・課題と思われることを欠点のような表現、ダメな点とは言わない

である。今日のとあるクラスでも同じ意識で見取りを行っていた。

しかし、明らかに周囲から一線を引かれている女子が居た。格段距離があるわけではないが、近いハズの女子と対話をしない、終始一人で居た。傍らから見ても何かあったな?と気づく状況。最近引っ掛かるのは学びへの意欲をどのように向上させることができるか、どのように構築するかというもの。俗に言う“学びの構え”をどう形成できるかである。教員からの言葉掛けで出来ないことはないと思うが、先述の女子を見てやはりクラスの状況や友人関係が強く影響するなと実感。そういう意味ではクラス経営も大喜になってくるなと感じた瞬間だった

2019/06/03 (月)

試験を返却したときの話。

22:53 | 試験を返却したときの話。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 試験を返却したときの話。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 試験を返却したときの話。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

一学期中間試験を終えて、生徒に試験を返却した。その時、ある生徒の

「教えてもらってねーもん、分かるわけねえじゃん」

という一言が耳に入ってきた。

あー昨年もこの時期の試験返却の時に聞いたなぁと思い出した。それ自体は反応せずに(いった生徒も私に向かってではなく近くの生徒に向かって話していた。ただ、私が近くに居ることを知ってか知らぬかは不明。たぶん、知ってのことだとは思う)最後に全員に対して、

・一人も見捨てず全員達成を目指して頑張ってきてくれたみんなの成果である

・平均は確かに低かったが、みんな頑張ってくれたと思う

・一つ一つの授業における自分の「分かった」がどのくらいのものだったか振り返ろう

・提出した課題の取り組む目的、出すことが目的になっている人はいないだろうか

と話した。

生徒の発した言葉にやはり複雑な気持ちは否めない。その目的も推測しつつ、大事な部分をとにかく語り続けていかなければ。

2019/05/31 (金)

最近のしこり。

21:50 | 最近のしこり。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近のしこり。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 最近のしこり。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

西川先生のFacebookでの投稿。そこに最近の自分の中にあるモヤモヤが示されていたように感じた。

https://www.facebook.com/100001711434979/posts/2278437148889977/

『』でつけられる力、伸ばせる生徒、20年後や30年後まで意味ある力のためにと、現在の授業を『』の考え方でやってはいるものの、どうしても目の前の生徒の姿(全員というよりは、あくまで目につく多くの生徒の姿)から、その実感が得られず、周囲の教師からも強い賛同も得られず(自分が安心したいためだと分かっていながらも、それでも周囲から賛同を欲してしまう自分が居る。賛同は得られなくとも、否定をもらうと中々しんどい)。どうしたものかと、感じながらも『』を続けている自分。

誰のため、何のために『』でやっているのか。色々視点をずらしながらアレコレ考えてみても、やはり『』じゃないと!と堂々巡りをしていたところに、今日その投稿に出会う。やはり、自分の悩み自体は間違いではなく、あり得ることなんだと。そして、大切にしなくてはいけないことを改めて確認しなくてはと感じた。