Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2017-02-26

自分は恵まれているという事実

| 07:45 | 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

先日、日本語教育の研修会がありました。

そこで「制約や自分を知り、自分の考え・ペースで学習者自律を支援する活動をし続けるためには学校内での同僚性構築が欠かせない」という、ある(英語教育の)本(の1章)を紹介しました。

そして教師と同じように学習者も「制約や自分を知り、自分の考え・ペースで自らの日本語能力を上げるための努力をし続ける」ためには教室内での同僚性構築が欠かせないと話しました。

その後、教師は自らが同僚性を発揮するときに学校のトップはどうあってほしいかを想像し、教室において学習者が同僚性を構築しようとするときの(教師としての)自分の立ち位置を考えるべきだとも伝えました。

ただ、質疑応答の中で「そうは言うものの教師が学校内で同僚性を構築するのは難しい」という反応がありました。

もちろんすべての(管理職を含めた)同僚と同僚性を構築するのは難しいと思います。でも、まずは相手に失礼のない態度を示し、困っている人がいたらヘルプをし、困っていたら助けを求め、「1人と繋がると、その人が繋がっている人にも繋がる」ぐらいの感じでできるところから繋がっていけばいいのにな・・とそのときは思いました。

ただ、その後、ある職場で働いている人の話を聞き「同僚性を構築するのが難しい」と感じている人がいてもおかしくない、そういう職場もあるということにも気づかされました。

きっと私は恵まれているのだと思います。

先週もどうしても自分では処理できない事務仕事があって(同僚に相談しても解決できそうになかったので)、上に相談しました。すると、学科秘書さんを交えて話を聞いてくれ、上と秘書さんで問題点を整理し、私が(今まで20年近く働いていて)一度も関わることのなかった部署の担当官を呼んでくれました。結果、この担当官は私が解決できない、どうしよう・・と思っていた問題の解決方法をあっという間に出してくれました。更に、秘書さんがまた別の部署に連絡してくれ、問題解決のための手続きもとってくれました。肩の荷がすっかり落ちて気が抜けている私に秘書さんはコーヒーを入れてくれ、私はとても幸せな気持ちで授業に望むことができました。その後、私はこれを同僚にシェアし今後の対策を一緒に考えました。

これって、ものすごく恵まれた環境なんだと思います。だから私には同僚性構築の話がリアルに想像できたのだと思います。