Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2020-01-28

学校訪問

06:21 | 学校訪問 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校訪問 - 相互依存を追いかける 学校訪問 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今日はブダペストの高校を訪問しました。今日は授業の枠を1つ借りて10年生の生徒さんたちにいろいろ話をしました。彼らは卒業までは2年以上ありますが、「その大学行きた~い」という生徒さんが数名現れて嬉しかったです。

この時期、ネット上には「どの大学、どの学科がいいか」という質問や回答の書き込みがあふれます。自分が所属する学科についても、もちろんよい意見ばかりではなく、かなり厳しい意見も書き込まれています。

個人でできることには限りがありますが、ここに所属する間は、やれることをやろうと思います。

地域スポーツならでは

06:16 | 地域スポーツならでは - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 地域スポーツならでは - 相互依存を追いかける 地域スポーツならでは - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

日本は学校スポーツが盛んです。学校スポーツの場合(学校教育の一環としてやっているという建前が崩れてしまっている学校でさえも)「選手の移籍=転校」となるため、遺跡ということはあまりありません。

ハンガリーの場合、地域スポーツで半年ごとに会員資格の更新をします。なので他チームへの移転や引き抜きもよくあります。(お金も動くみたいです)息子のサッカーチームも、結構人の動きがあります。(引き抜きというとすごそうですが、結構幅広く行われているようです)

息子も(本人が知らないところで)何度か声掛けがあったみたいですが、本人も今のチームで楽しくやっていますし、私たちも(強いところにいくとスポーツが楽しくなくなってしまうかもしれないし)近いところで練習するのが一番いいと思っています。

でも昨日、今日と、今のチームより強いチームのコーチから「前々からほしかった。考えてくれないか」と連絡がありました。

そこで練習するには車で30分以上かけて送り迎えをしなければなりませんし、練習も週4日あります。息子は音楽学校にも通っていますし、6年制の中等学校に入ったので通学時間も長くなり、勉強も大変になっています。ということで、移籍は現実的ではありませんが、それでも息子は見てくれている人がいた・・と嬉しそうでした。

家族団らん

06:05 | 家族団らん - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 家族団らん - 相互依存を追いかける 家族団らん - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

息子には課題図書があるのですが、なかなか手ごわい作品です。というわけで、まずはその映画版を家族で見ようということになりました。4時間という長い映画なので、毎日小分けに見ようということになりました。日曜日に初めたのですが、今日の月曜日も幸い夕食時に家族がそろったので今日も一緒に見ました。息子の課題図書ですが、第二次世界大戦の頃のお話なので娘の歴史の勉強にもぴったりのようです。45年前の作品ということで、この役者さんは今はどうなっているのかな・・みたいな話でも盛り上がりました。家族団らん、子どもたちも大きくなり、だんだん家族そろって夕食ということもなくなってきていますが、やっぱり楽しいです。

2020-01-27

教授者でもファシリテーターでもない教師

06:24 | 教授者でもファシリテーターでもない教師 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 教授者でもファシリテーターでもない教師 - 相互依存を追いかける 教授者でもファシリテーターでもない教師 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

教師=教授者」の教室では「教師=有能、学習者=無能」となりがちで、学習者が有能さを発揮できない文脈教師自身が絡んでいることが無視されることが多いです。「教師ファシリテーター」の教室では学習者の有能さは強調されます。でも、その有能さは教師がうまく導かなければ発揮されないと考えられ、教師は学習者よりも1つ上の階層にいるととらえられやすいです。

しかし、教師と学習者が人として同等の有能さを持つ、違うのは立場だけ・・と考えるなら、教師と学習者が対等な立場で対話を続けようとする授業があってもよいのではと思います。その授業で教師が教えられることがあるとすれば、それは「多少困難を感じても、対話を続けようとする、対話が続けられる環境をつくる」ことを目指す姿勢ではないかと思います。

議論が起こせるような、実践例を出さなければ・・

月の誕生日

06:21 | 月の誕生日 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 月の誕生日 - 相互依存を追いかける 月の誕生日 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

もう止めようか・・と思いつつ、今月も月の誕生日に小さい文房具を子供たちにプレゼント。子離れできないバカ親です。

2020-01-26

生徒たちの工夫

07:24 | 生徒たちの工夫 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 生徒たちの工夫 - 相互依存を追いかける 生徒たちの工夫 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

継承日本語クラス。これまで発表会という形で成果発表を行ってきた生徒たち。でも、これまでは授業活動と発表がリンクしにくく、また発表会ぎりぎりになって一気に準備を進めるということが多かったようです。そこで、生徒たちで話し合って、毎週課題をみんなで可視化し、それを授業の教材としても取り上げ修正し、毎週積み重ねた作品を発表するという形を取ったようです。とりあえずはインスタグラムグループを作り、生徒や先生、ボランティアで来てくださっている日本人留学生がグループのメンバーとなってやりとりをしているようです。

先生(といっても高校生)の話では、インスタに好きなYuotuberについて投稿したところ、その超人気のYoutuberから反応があったそうで、授業が大盛り上がりとなったそうです。

自分たちで話し合い、活動を進化させていく生徒たち、素直にすごいなと思います。

2020-01-25

最後盛り上がらないかな

06:23 | 最後盛り上がらないかな - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 最後盛り上がらないかな - 相互依存を追いかける 最後盛り上がらないかな - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

このブロググループも書き込めるのはあと1週間ぐらいです。最近テーマは完全にフリーになってしまっていますが、ブロググループをつくってくださった片桐先生に感謝しつつ、(人生と同じように)終わりの日まで、日常生活の一部として(ある意味淡々と)書き込んでいます。(終わりの日がわかっているから、ちょっと愛おしくなって書いているのかもしれませんけど・・)

まあ、せっかくなので「最終回」とか「卒業」みたいに、最後に(以前みたいに)グループがちょっと盛り上がると楽しいだろうな~とは思います。

何が目標であったとしても・・・

06:12 | 何が目標であったとしても・・・ - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 何が目標であったとしても・・・ - 相互依存を追いかける 何が目標であったとしても・・・ - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

学力、自律性、人格・・学校で何かを教えようとするとき、共通して起こる困った「できる教師ができない生徒を育てる」といった短絡的な構造です。そして教師は「生徒は〇〇しない::」という状況があるとき、自分自身もその文脈に存在し、自分自身が「生徒は〇〇しない」の原因となっている可能性があることをすっかり忘れてしまったりします。教師も生徒も(立場は違えど)それぞれの立場から対等なやりとりをする・・その中で対話を続けることの大切さ、対話できる環境をつくることの大切さを学ぶことが重要だ・・と思います。(当たり前の話なのですが、ヨーロッパ教師会の今年のシンポジウムのテーマを見ていたら、つい書きたくなりました。)

前期終了

06:06 | 前期終了 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 前期終了 - 相互依存を追いかける 前期終了 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

初等・中等学校は前期の成績が出る時期です。息子の学校は来週はスキー休みだそうでもう前期の成績ももらって帰ってきました。来週は、課題図書の映画を見る・・と言っています。娘の学校も、すでに会議は終わったみたいです。(成績はアプリでいつでも見られるので、特に驚きもありません・・)とにかく今年度の前期も元気に学校へ行ったことが何よりの幸せです。

2020-01-24

楽しい学校訪問

06:23 | 楽しい学校訪問 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽しい学校訪問 - 相互依存を追いかける 楽しい学校訪問 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

この時期は、大学もオープンデーをやりますが、教員も高校に行って大学紹介をします。今日は、地方の初等中等学校に行ってきました。卒業学年の全クラスをまわって大学の紹介をして、あとは、12年生、10年生、9年生、7年生の日本語の授業に参加しました。

「せっかくだから何かやって」と言われたので、すべてのクラスで授業をさせてもらいました。生徒さんたちのことがよくわからなかったので、我が家の子供たちに聞いて、生徒さんたちが見ていそうなアニメのキャラクターなども使いながら、資料をつくりました。でも、一番人気があったのは、恋人の奪い合いというシチュエーションのドラマ練習でした・・・

一番かわいくて、そして手ごわかったのは7年生です。下の息子も7年生なので、きっと息子のクラスもこんなのだろうな・・とニコニコしながら授業をしてしまいました。

小さい子どもたちと一緒に授業をするのは本当に楽しかったです。貴重な機会に感謝です。

来週も別の高校に行く予定です。こちらも楽しみです。