Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 09/09雑感

    停電とLED 03:15

    東日本震災がもし4時間遅れて発生していたらどうなっていたか。」という問いかけを受け、考えさせられた。



    去年の浜松停電、まったく光が無かった。

    備蓄している人も少ないことが分かった。コンビニ食事は一切消え、車の大行列ができた。


    浜松災害が起きない地域でそれはいいのかもしれないが、「被災先進県ではない」ので、脆弱、とのこと。



    なるほど。



    いくら街灯がLEDになっても、電気がきてなければ意味がない。常夜灯が消えている現状の危険さ。

    http://www.sign-create.jp/



    パートナーシップミーティングで得た雑感 23:41

    様々な人とあって心に残った言葉やメモや自分に浮かんだことをざっくばらんに



    学ぶ 03:15

    どうして「個々が学ぶ」でなく「できない子に教える」が皆先に出てくるのだろう。「教える」側の人が多いからか。


    ひきこもりを山に連れていく、という見方は、アクティブな人を部屋に閉じ込める、と同じではないかなぁ、人に何かさせる、のだけれども、させる、では結局させられない


    企業・職人は人不足という、若者は働く場所がないという。人に仕事を合わせる、のではなく、仕事に人を合わせるのが働く


    楽して影響ある自尊心高める働き、好きな働きだけしたい、というのは、無理なんじゃないかな。


    教え育てるだけならば、学校がTVと同じ一つのコンテンツとなるだけで、切り捨てられてしまう。公教育として何をする場所かというと、日本で生きていく中で身に付けてほしいことは何かという根本の話につながる


    N高校生徒2万人


    いろいろなところで、いろいろなことをしている人がいる。それで健全。つながることで、一からやらなくて済む。


    学べる人は、ゆとりがある人、ゆとりがない人は?



    過疎化するから街へとどめようとするのではなく、逆にどんどん町から出て行かせて、街の良さを知ってもらうこともできる。他を知るからこそ学べる。


    11月2日が浜松の会だけれど、長野の会と被ってる、ズームで参加できないかなぁ



    たくさんの人がブースをみていってくれたこと。教師の参加は少なかったこと。知る人学ぶ人を増やすこと。皆、学んでもらいたいと思っている。お互い学び合えば、世界が広がる。

    ゲスト