Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-06-06

| 19:50 | 間 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 間 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 間 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

石井順治先生(東海国語教育を学ぶ会)が書いておられる学びのたより。(http://www.ne.jp/asahi/manabukai/tokai-kokugo/

発表できる人ではなく聴かせてねくれる人という考えにはっとしました。能動的な聴く。以前は何気なく目をとおしたところにすごく共感しました。

昨日意識したことを実践。はなのみち。

その子の言ったことを聴いていたのかい、みんなという意識が強く監視的になっていたかもしれないと思った。板書にすぐ書いて、まわりを見る。自分はもちろんきいているからみんなに言ってと伝えてきた。だが、本当に体を耳にして聴いていたか、それが間にでるのだなと思った。書いたのをそのまま言わず、聴いてどう考えたかを求めたが、あさはか。その子を見ないと。あるべき論をみてはいけない。言い方に表れる。まずは、まるごと受け止めて。470420

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20110606