赤いダイヤの独り言 このページをアンテナに追加

『学び合い』に出会い,群馬県の中学校(理科)に勤務しています。

『学び合い』太田の会のお知らせ

日 時 毎月第3土曜日の15時~17時を原則として実施

場 所 群馬県太田市の生品行政センター
    (〒370-0312 群馬県太田市新田村田町1107−1) 

内容 ・簡単な自己紹介
    ・悩み相談やアクティブラーニングについて
    ・フリートーク
※申し込み等手続きはありません。どなたでも当日会場へお越しください。
  遅刻も大歓迎です。決して急がず、気をつけてお越しください。
  詳しい場所は こちら。 

第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬のお知らせ

日 時 2020年2月??日(土) 13時~17時(予定)

会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地) 

詳しくは『学び合い』ブログ 鹿男これでよし へ!。

2019-03-03

結果の責任を子どもに求めること

19:44 | 結果の責任を子どもに求めること - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 結果の責任を子どもに求めること - 赤いダイヤの独り言 結果の責任を子どもに求めること - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

RXさんとの話の中で,結果の責任は子ども達に求めると話を頂きました。

西川先生の本にもそうあります。

しかし,これまでそのあたりが自分の中ではそうではなかったと思いました。

先週,改めて結果の責任を子ども達に求めました。

そうしたら,とても苦しくなりました。

しかし,その苦しみは辛く耐えがたいものではないものです。

今までは結果の責任を自分が持つ部分が多少なりともありました。

だから,自分がどうにかする必要があると思えました。

自分の事は変えられます。

しかし,人を変えることは難しく,簡単ではありません。

だからこそ,相手を変えるための,相手に伝わるための「語り」が必要になってくることがわかりました。

まだまだそのレベルの自分ですが,確実にステップアップできそうな感じです。

rx178gmk2rx178gmk22019/03/03 21:59その部分の『成果』は、子どもの主体性の高さになって表れます。つまり、子どもが責任を持つことで「本気」に慣れるのです。それは教師の仕事も同じだと思います。責任を負うから本気になり、本気になるからやったことが身に付いていくのです。確かに指導者としては苦しいものですが、その先の光を考えたら背負えないリスクではありません。

nome2733nome27332019/03/05 22:38その先を考えて背負えるようにしたいと思います。ありがとうございます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20190303