次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-11-23

    「決めつけない」

    08:11

     やれていたじゃん!

     なんだったっけな…と思って見返してみた「しいたけ占い」。

    https://voguegirl.jp/horoscope/shiitake/

    !!!!

     やれていたじゃん!まさにぴったりな一週間。

    あとから見てどんぴしゃなんてすごすぎ!って思う。

     神ってる


    >今週、自分で熱中して色々なものを仕上げていきます。それはもちろん素晴らしいのですが、今週はひとつだけ気をつけてほしいことがあるのです。これは恋愛面でもそうなのですが、「いつの間にか、自分が頑固の殻に閉じこもってしまう」ということ。つまり「決めつけはしないで」ということ。「どうせこうに違いないから自分でやってしまおう」と、獅子座は他人に尋ねて「失望するのがキツい」と思ってしまって、自分でやり切ってしまうところがあります。だから、あえて言わせて下さい。今週は多少傷ついても大丈夫です。あなたはその程度の傷によってダメになる人ではないから。自分の殻に閉じこもりすぎず、「わからないことや、聞きたいことがあったら尋ねてみる」という姿勢を持っていてくださいね。


    「決めつけはしないで」

    これまさに今週のキーワードになっていたな、と思います。


     指導主事訪問における授業研究会に向けての「総合的な学習の時間」準備、それをせっかくだから、ぼくらは「総合まつり」って呼んで楽しんじゃってるんだけど。

     

     指導案作りから始まって、単元の実践中も時中や放課後にちょいちょい集まってはミーティングをしながら進めています。

     子どもたちが見せてくれるいろんな姿に対しても、それぞれの見方を伝え合ってより、その子のハッピーにつながるようにします。

     そこを目的にしながら、授業を考えて行くときに、僕らの間で本気で話せば話すほど、時には意見が食い違ったりぶつかったりすることもあります。

     でもね、そこで「傷つくのが嫌だから」って「空気を読んで」思いや意見を引っ込めるんじゃなくてお互いに「一歩前に出てみる」。

     それができるのが今の職場のいいところ。

     そうすることで、よりわかり合えることにつながっていくんだよなあ、って感じます。だから、そうできるとも言えますし。


     食い違いやぶつかりがあった時に「あなたとは違う」そう決めつけるのは簡単。でも、そうしないで

    「では、どうするかな」

    「どうしたら一致点を探せるか」

    どうしたらいいか次を考える。

     目的を共有しているっていうことがお互いに分かっているからできること。


     子どもたちと接する時でも、職場の同僚と接するときでも、全く同じであるってこと。

     正直に向き合う。

    当たり前だよね、同じ人だから。

     そして対象は「人」に限らないってことでもあるなあ。

         

        

    「決めつけない」で

    前に進む、もしくは、留保する。

    「留保する」もありだと思うんですよね。

    いつでも前に進める訳じゃないから。そんな心の余裕がないときもあるから。

     

    そうしておけば、道は続くのであるなあ。

    とりあえず。

     そんなことを感じた今週の様々なできごと。



     さすがの「しいたけ占い」。

    f:id:motoryou:20191117160700j:image