次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-11-18

    ごちゃ混ぜ共生社会

    06:47

    「地域の支え合いを考える大会」(石巻市石巻市地域包括ケア推進協議会主催)に参加しました。


     見回した感じ、医療介護福祉民生委員さん、町内会関係、行政議員さん、そういう方々が多くを占めている会場でした。


     大きなテーマは「ごちゃ混ぜ共生社会へ」。


     たくさんの気づきがあったのですが、その中の1つ。

    「社会的処方」

     おそらく、それは、対症療法的ではなくお互いが居心地いい関係性や空間を作り合うことで問題や課題を緩和する、なんとか乗り越えていく、そんなイメージなんだろうと思います。

     例が適切かは分かりませんが、ひどい風邪を引いたとして、いい薬はないんだけど(もちろんあるに越したことはない)、信頼できる人から温かい看護をしてもらえるだけでなんとか症状が緩和される、そんなイメージ。


     Free、Share、Trust、Giving

     キーワードとして紹介された言葉。


     教育の現場だって同じです。

    f:id:motoryou:20190810134107j:image


    「ごちゃ混ぜ共生社会」は、人と人とがごちゃ混ぜに、共に。

    それは職種もそう。


     この大会の封筒の中に、一緒に入っていたのは来週の「石巻市子どもの権利に関する条例10周年記念フォーラム」のちらし。


     石巻市福祉子育て支援課の方々の尽力だな、と思います。