次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-11-03

    知らない、ということ

    07:25

     先日参加した「みやぎ教育のつどい」

     生活総合学習分科会に参加。


     そこで農業の話題から、こんな話にもなりました。

    農業は生き物の力を借りて生産をするもの、自然の力を享受するってことなんだろうね。」

    「だから農業と工業はそもそも同じ物差しで比べられない、ということなんだと思う。物差しは何でも同じじゃないってことなんだろうね。」

    「それを同じ物差しで比べちゃえ、ってこともあったりする。農業畜産の現場でも工業的な物差しで行われることってありますよね。」


     そこからアニマルウェルフェアのこと、種の話題になったり…。

     

    食料生産の現場で今起こっていること。


     そんなこともちょっと調べてみると、それこそ

    ぼーっと生きていてはだめなんじゃないか…と思うことも出てきそう。


     採卵鶏のオスの雛がどのような扱いを受けているか、については想像したこともなかったし。

     そういえば養鶏場の鶏は、雌ばかり何だろうけど雄はどうなっているのかな、は当然あるわけで。

           

     そこについてもまだまだ知らないことばかり。知らない、ということは考える材料すらないことでもある。

     正しいとか正しくないとか簡単に言う前に、知らないってことはやっぱり怖いことだよな…と思う。


     同時に知りすぎても怖いかも…とも同時に思ったりして。

    f:id:motoryou:20181013140227j:image