次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-09-07

    うまくいかないことは、けっこうあるわけで。でもなんとかなる。

    08:27

     なんかうまくいかない、困った、問題が起きた…。

     そんなことはやはりあるわけで。

     先日も

    (さて、どうしたものか…)

    ということがありました。

     

     その間、ちょっとだけいらいらしてしまうようなこともあったんだけど、

    でもそういう時でも、どこか冷静に

    (このうまくいかない感とか、ぎくしゃくしている?感じはコミュニケーション不全が起こってるからだよね…)

    (だから、そこをクリアすれば必ず前に進める、それどころか一段ステップをあがれるはず)

    と、思える自分がいて。


     そういうふうに考えられるたのは、なんかうれしくもあり。

          


     早急にメンバーで情報を共有しそれぞれの立ち位置と判断で「適切」に動かないといけないこともあります。

     

     職員メンバー一同に介して話すこともできず、それぞれが廊下やちょっとしたところで立ち話をしながら情報共有、この先どうするかの相談を1日の動きの中であちこちで行う、そんなことも。


      

     そんなふうにばらばらに話していても、放課後集まってお互い話してみると結構情報の共有は進んでいたり、見立てや今後の方針についての意見は、

    「うん、そうだね。やっぱりそこ大事にしたいところだよね。」

    「じゃ、まずはここからかな?」

    「そうだねー」

    と、けっこう一致していたり。


     うまくいかなかったり、困ったことが起こったり、問題があるなと感じる事だってありますが、やはり話し合い聴き合うことで乗り越えることはできるな~、と。


     関係性をつくっていくことと、目的を共有すること、それをみんなで意識することを積み上げながらのことだな、と思います。


    f:id:motoryou:20190409091800j:image