次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-07-16

    (わたしは,ちょっと違うんですけど)と言いたくなったこと

    07:55

     自分も所属している団体だったり,グループだったりするところの会議に参加したり,そこのまとめの刊行物のとりまとめなんかをしていると

    「え?そうなのかなあ?そういうことを私は思っていないし,むしろ違うんじゃないかなあ…」

    と思うことがあります。

     個人の考えとして,そう考えるのはもちろんかまわないし,尊重はしますが,

    団体なりグループなどの代表として発言するのに,それはどうかなあと思うことがあります。

     それは,私の感覚がその団体やグループの考え方とずれてきたのかもしれませんから,なんともいえませんが。でも

    (私も同じスタンスだと思われたらいやだなあ)

    というのはあります。

     今回の気付きは,そういう気持ちになるときは,本当に大事にしたいこと,している事からずれて,方法や手段など枝葉末節に対する批判などが出てくるとそう感じることがあるんだよなあ,ということです。

     自分も気をつけなくてはいけません。