共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2010-01-30

振り返ってみると

23:33

過去の自分を振り返ってみると、自分自身の変化が結構見えるものですね。過去といっても、わずか2ヶ月ほど前の自分ですが…。こんなことを書いていました。



本日、私は出張のため、子どもたちは自習。

自習課題を黒板に書いておきました。特に、順番は示さずに。

自習を見てくれた先生から聞きました。

どうやら、動き回ってやっていたとのこと…。

「グループでやる課題なの!?」と子どもたちに聞いたそうです。

すみません。自習を見てくれた先生。驚かれたでしょうね…。

でも、もうみんなで解決するのが当たり前になりつつあるんだなあと改めて実感しました。まだまだ、「みんな」という意識は足りませんが…



この最後の部分です。

まだまだ「みんな」という意識は足りませんが…。

そんな2ヶ月前の自分に一言。「みんな」という意識が足らなかったのは自分自身です。

教師が変われば…

23:15

子どもが変わるというのは、本当だなあと最近強く感じている。本格的に『学び合い』を実践し始めたのは、今年度から。最初のうちは、これといって手応えは感じていなかった。きっと自分自身が変わり切れていなかったのだと思う。

「子どもを信じる」とは言っていても、どこかに「やっぱり無理なのでは…」という思いがあったのだ。だから、隙が生まれてしまう。甘さが出てしまう。

でも、今は違う。子どもたちには自信をもって語り、とことん求めていく姿勢を貫いている。自分がそうなってからの子どもたちの動きは大きく変わった。本当に真剣に「分かること」や「みんな」を追求していくようになったのだ。

やっぱり、いちばんは教師が変わることなのだということを肌で感じた。

2010-01-29

子どもはできる

22:55

最近、周囲の子どもに対するマイナスの見方にうんざりしてしまいます。

「子どもには無理。」とか「子どもだから分からん。」など…。

そういう言葉を聞くたびにカチンとくるのですが、こらえています。

明らかな子どもたちの素晴らしい姿を見せるしかないでしょうね。要するに結果を出せば、認めてもらえるはず。

jun24kawajun24kawa2010/01/29 22:57みんなでやろうね。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2010/01/30 23:07はい、少しずつ広めていきたいです。

2010-01-28

広がり

23:22

算数の『学び合い』がとてもやりやすかったので、これまでは算数ばかりでやっていました。しかし、『学び合い』はもはや自分にとって、特別なものではなくなりました。当たり前。そう考えると、いろいろな教科に広げていけます。

社会、新潟の暮らしと沖縄の暮らし。2グループに分けて、4時間ほど調べて、最後に交流することにしました。その交流=テスト対策となります。課題は「相手のグループに伝わるように、調べまとめること。」としました。各グループ、何をどうやったら相手に伝わるのか考え、学習を進めています。何しろ、相手にうまく伝えないと、テストの問題ができないわけですから、責任重大です。

なかなか面白くなりそうです。

漢字テスト

23:11

平均点、初めて99点が出ました。あと1点。

全員100点は近い。

本気で求め続ける

23:09

算数の「割合」。思った通り苦労しています。私じゃなくて子どもが。

いい状態なんじゃないかなあと思います。多くの場合、先生の方がどうやって教えても子どもが分からなくて、苦労するみたいですけど。

逆に自分は楽しんでいられますね。この難題に子どもたちがどう取り組んで、どう解決していくのか。見ていると、「これどういう意味か分からん。」「はあ?」「なんで?」とか言いながら、わいわいやっています。私は、「ふーん。」とか「なるほどねえ。」と言いながら、うろついています。

だけど、求めることは厳しく。何が何でも全員できるように。本気で求め続けることで、子どもたちの意識も変わってきているようです。

あと少し…もっともっと上を目指して。

2010-01-25

算数「割合」の学習

22:48

算数は、今日から「割合」の学習に入りました。5年生の算数では、最もつまずきが多いと言われる「割合」。このことを、子どもたちにもしっかり伝えた上で、『学び合い』実践です。

「絶対に一人も見捨てるな!みんなで100点目指そう!」

今まで以上に強く語り、とことん「全員」を求めました。

さあ、テストはどうなるかな。楽しみです。

ポイントは最低点をどれだけ上げられるか。

2010-01-24

『学び合い』の会 IN 上越

22:27

学び合い』との出会いの地へ行ってきました。

出会ったとはいっても、あの時は『学び合い』の半分も理解していませんでした。(去年の今頃も…)しかし、『学び合い』を実践している今、『学び合い』との新たな出会いができたように思います。

これまで、私は『学び合い』を実践してはいるものの、本当にこれでよいのか自信がもてない状態でした。数々の『学び合い』の実践例にあるような状態は、自分のクラスでも起こっているのに…。なぜか。それは、生の『学び合い』を第三者として見ることが一度もなかったからです。

そういう意味で、今回、実際に子どもたちが学んでいる様子を、同じ空間で見ることができたことは、自分にとって大きな収穫でした。

子どもたちの様子を見ると、自分のクラスでの子どもたちの様子と何ら変わりありません。それを肌で感じ、「自分のしていたことは間違ってはいない!」と確信をもてました。

おそらく、これまで私が実践してきた『学び合い』は形だけのものだったと思います。正直、迷いがありました。本当にこれでいいのかと。本当に全員ができるのかと。子どもたちは見抜いていたのでしょうね。私自身が本気で「みんな」を求めていないことを。

「子どもは有能である」と信じる。

このことがいかに大切なのか、強く強く感じました。もう、迷いはありません。子どもたちを本気で信じ、本気で「誰一人見捨てないクラス」を求め続けます。

真の『学び合い』と出会わせてくれた、上越での学び合いの会。本当に感謝です。運営のみなさん、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

D902iD902i2010/01/25 22:33今回は遠方からご参加くださり、ありがとうございました。
また、先輩の記事を拝見し、上越で開催して良かったと再実感しました。
ありがとうございます。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2010/01/25 22:41コメントありがとうございます。
本当に自分にとって、大きく前進できるきっかけとなりましたよ。
徹底的に、全員を求めていきます。もう語りまくりです。

2010-01-09

新学期、始まりました。

22:11

昨日、3学期始業式でした。

学校内に子どもたちの元気な声が響いていました。やっぱり学校はこうでなくっちゃね。

さて、自分のクラスは…全員出席。冬休み中にインフルエンザになった子は誰もいませんでした。うれしいことです。それに、何だか顔つきも少し変わったように感じました。凛々しく見えるのです。「いよいよ、最高学年になるんだ。」という自覚が芽生えてきたのでしょう。とても頼もしいです。

そんな、子どもたちの姿を見て、私も張り切っていこうと思いましたが、ちょっと欲張り過ぎてしまったようです。どうも語りが長くなりすぎました。結局何をいちばん伝えたいのかよく分からなくなってしまいました。反省です。

短く言えば、子どもたちに求めたいもの、それは「自主性」です。2学期まで様子を見ていると、人に言われて動く、つまり「指示待ち」の傾向がありました。だから、この3学期はぜひ、じっくりと自分で考えてほしい。

「自分はどうしたいのか。」

「自分はどうするべきなのか。」

そのために、自己決定の場をたっぷりと与えたいと思います。

自分も頑張らなくては。

2010-01-07

いよいよ明日から

23:08

インフルエンザによる閉鎖がなかったので、自分のクラスは、通常通り明日から3学期が始まります。

5年生なので、3学期は最も忙しく、大切な学期と言えるでしょう。最高学年に向けて、しっかりと土台を作っていきたいです。

自分の思い、願いをどんどん語っていこうと思っています。さ、頑張るぞ。

ybhdv7ybhdv72010/01/07 23:21頑張りましょう♪

mizyukukyoushimizyukukyoushi2010/01/09 21:42はい、今年度もあとわずかですけど、頑張りましょう!

2010-01-01

明けましておめでとうございます。

13:56

2010年のスタートです。

皆様、本年もよろしくお願いします。