Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2014-01-15

模擬授業。

| 02:10 | 模擬授業。 - 幸福論 を含むブックマーク


忘れないようにメモしておきます。

中学校の道徳(模擬授業)を『学び合い』でしてみようと思い、

実際に道徳の授業をされていた先生からアドバイスをいただきつつ、なんとか考えてみました。



授業が終わってみると、納得のいかないことだらけでもやもやして、

さらに生徒役で授業を受けてくれた人たちや先生からのフィードバックでは、

「その通りだよなあ」と思う指摘だらけで落ち込み、

でも、結構回復は早くなってきているので、わたしも成長したのかな、と思います。(そんなところで。笑)




わたしの選んだ教材の主題は、4‐(1)について。

(「法やきまりの意義を理解し、遵守するとともに、自他の権利を重んじ義務を確実に果たして、社会の秩序と規律を高めるように努める。」というところです。)


模擬授業だったので、与えられた15分間の中で

主発問についての考えを○人以上と意見交換をして、似ている・違う意見の人を見つけ、なぜそう考えるのか、その背景を聞いて共感できる

という部分をやりました。


が、意見交換の際に、流れが「きまり意義」というよりも「思いやり」の方向になり、

これでは主題通りになっていないのではないか、という指摘を受けました。


こうなってしまった原因としては、

・主発問が良くなかった

・時間が少なかった

・意見交換のときに教師にもっとうまく声がけをしてほしかった

・生徒から出る発言をもっと予想して指導案に書いておくべきだった

・子どもたちがどういう答えを言うのか、をもっと考えておくべきだった

・ねらいについて、自分なりのブレない解釈を持っておくべき

ということが出ました。


本当にその通りだ、と思います。

特に、ねらいについての解釈で、自分なりの意見を持っておくべきだというところは、勉強不足だな、と実感しました。

法についての本や、それに関連する本も読んでみたのですが、結局、自分がこれだ!と思う立場を決められないまま時間が来てしまい、

主発問も深く考えず、よく使われている無難なものにしてしまいました。



それと、先ほどの原因に加えて、

・主題について提示していなかったこと

・意見交換をすることの意義についてしっかりと話せていなかったこと

もあるだろうな、と思います。


もう授業内ではリベンジする機会もないので、せめて自分は最後まで頑張ったと思えるくらいに向き合っていれば……と後悔中です。

次こそは、こんな後悔をしないようにしたいなあ。

FlipperKFlipperK 2014/01/16 03:54  具体的な主発問(中心発問のことですよね)が、なんだったのかはよく分からないので、いい加減な意見は言えませんが、次のようなことが考えられたかもしれません。

① 課題が複雑だった:課題の中に、「人と同じ意見・違う意見を見つける」「なぜそう思うのかを共感できる」といった、複数の要素が混ざっていると、短時間では難しいかもしれません。たとえば
「主人公の気持ちについて、○人以上の人と意見交換をして、誰に当てても自分の意見を言えるようにする」位だったら、何をすればよいのか学習者も見えやすかったかもしれません。

②意見の可視化:「予想される学習者の反応」を考えるのは難しいですが、主題を押さえておけば、「こんな意見が出ると好いな」というものは、ある程度予想されます。そうすれば「○○さんの意見はすごいな。そんなことに気がつけるんだな」「そんな考え方もあるんだ。他の人の意見も聞いてみたいよね」などと、大きな声でつぶやくことによって、学習者の意見を「可視化」することができます。そうすれば、どこに行けば、どんな情報が得られるのかを学習者が見つけやすかったかもしれませんね。
③主題について:気がつかれていたように、主題について事前に提示していれば、学習者が何について考えればよいかが見えやすかったかもしれませんね。

 学習者が積極的に動くためには、「この時間で何をすべきなのか」を行動レベルで把握している必要があります。課題について悩む先生が多いのも、その辺にあるのかもしれませんね。私は適当なんで、あまり深くは考えませんけど。以前よりは…。

mei-c5mei-c5 2014/01/17 09:45 >>FlipperKさん
①に関して、そう言われてみると、時間と課題が釣り合っていないように思います。
実際よりも時間が短縮されることを考慮できていなかった、つまり、授業についてまず自分自身がどのようにしたいかというイメージを持てていなかったことに気づきました。
意見の可視化も全然できていませんでした。
言い訳になってしまいますが、とにかく緊張をしてしまって、何を話せばいいのか、もう頭が真っ白で……(笑)
いえ、笑い事ではないですね。次は一言でも二言でも多く言えるようにしようと思います。
とても詳しいご指摘をありがとうございました。

>学習者が積極的に動くためには、「この時間で何をすべきなのか」を行動レベルで把握している必要があります。
本当にその通りですね。身をもって知ることができたので、このお言葉が胸に突き刺さります。ずっと忘れないようにメモしておきます。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mei-c5/20140115