Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2014-01-09

SP。

| 01:59 | SP。 - 幸福論 を含むブックマーク


心理学の授業で、サブ・パーソナリティという言葉を知りました。

サブ・パーソナリティ(以下SP)というのは、誰もが心の中に持つ性格や癖、そのひとつひとつの人格のこと、だそうです。


分かりやすい例が出ていたので引用させてもらうと、

カレー”は“スパイス・にんじんたまねぎ・じゃがいも・お肉……”などでできています。

カレー”が自分自身だとしたら、SPというのはスパイスなどにあたるのです。

さまざまなSP(スパイスやにんじんなどのもの)が1つになって、自分(カレー)という存在をつくっています。




そして、今日の授業では、SPトランプという道具を使ってのワークショップでした。

SPトランプは、名前の通り、普通のトランプとは少し違います。

ハート、ダイヤ、スペード、クラブのマークや1~13までの数はあるのですが、それに加えて、真ん中に代表的なSPが文字と絵でかかれてあるのです。


例えば、ダイヤの10は「優柔不断な迷子さん」で、迷子の子どもの絵。

クラブの8は「努力家」で、汗をかきながらマラソンをしている人の絵。

というふうな感じに。



ペアワークですが、まずは個人作業です。

このトランプにかかれてあるSPを見て、「これは自分に当てはまるな」「これは自分とは違うな」と思うもの2種類に分類しました。

52枚もあるというのに、案外時間をかけず、すぐに分類することができました。

それから、「当てはまる」に分けた方の山から、さらに「自分ってこうだ!」と表現できるもの10枚を選び抜きます。

そして、その選び抜いた10枚を机に好きなように並べます。

並べ終わったら、おそらく他人からはこう見えているだろうな、と思う自分や、人には見せていないけれども実は自分ってこうなんだよね、という自分があれば、それをペアの人に話します。

ペアの人は、それをただ聞くだけ。(それは違うと思う!と否定してはいけません。)


それから、個人作業をしているのと同時進行で、

ペアの人にも自分のイメージを思い浮かべながら、カードを10枚まで厳選してもらって、それを見せてもらいます。

そのペアの人が選んだカードと自分が選んだカードは、全く違う場合もあれば似ている場合もあって、

それがとてもおもしろいのです。

わたしは、ペアの人が選んだカードと似たカードを自分自身でも選んでいて、

やられた~、見抜かれているなあ。

わたしってそんなに分かりやすい??と感じました。



でも、この10枚のカードを選んで分かるのは、それだけではありません。

このようにカードを選んでいくと、自分がどういう傾向の人間か、ということまで分かってしまうのです。


その傾向は、ハート、ダイヤ、スペード、クラブを見れば分かるような仕組みになっています。(そういうことも計算してSPの絵がかかれてあるんですね。)

ちなみに、分類はこのようになっています。



ハート:能動的・感覚的

ダイヤ:受動的・感覚的

スペード:能動的・論理的

クラブ:受動的・論理的



これだけ見てみると、自分はダイヤに分類されそうだなあ、と思ったのですが、意外にも選んだ10枚の中にダイヤは1枚しかありませんでした。

残りはハートが6枚、スペードが3枚。クラブは1枚もありませんでした。

それなのに、ペアの人が選んだ10枚にはダイヤが5枚も。


あれ……?どうしてだろう??


と、思ったのですが、先生曰く、これは全くおかしいことではないそうです。

なぜなら、自分と相手の能動的と判断する基準は異なっている場合もあるし、相手との関係性で自分の見せているSPは変わるから、だそうです。

この選んだ10枚が自分の全て!

というわけではなく、「そういう傾向にある」ということなのですね。


来週はこのSPトランプを使った対人関係の考え方について勉強するそうです。

楽しみだなあ。

FlipperKFlipperK 2014/01/10 20:37  そのトランプ、ほしいですね。是非うちのかみさんとやってみたいです。

sumi-chansumi-chan 2014/01/10 22:03 面白そう〜!!
早速、検索してみました♪^^
都合が合ったら、講座に参加してみたいです。
http://www.yao-ec.co.jp/schedule/

mei-c5mei-c5 2014/01/11 03:18 >>FlipperKさん
調べてみると、1組3000円ほどで手に入るそうです。
どんな結果になるのか気になりますよね。わたしもやってみたいです。

mei-c5mei-c5 2014/01/11 03:22 >>sumi-chanさん
URLを貼っていただき、ありがとうございます。
こんな近日(一番近いところでは1月13日!)に講座があるんですね。驚きました。
しかも、関東、関西とさまざまな地域で開催されているなんて、思ったよりもメジャーなものなんだなあ、ということにも驚きです。
実践講座もあるようですし、面白そうですよね(^^)

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mei-c5/20140109