Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-11-22

えっ。

| えっ。 - 幸福論 を含むブックマーク

仙南の会に参加しました。

すごく嬉しいことがありました。

それは、会の最初に、主催者のYさんの膝にコミュニティボールを発見したことです。

PAの会では有名?ですし、つい先日ではp4cの連絡会でも実践報告でコミュニティボールを使用しています、というお言葉を耳にしたばかり。


わたし「うわあ!これ、あの、ハワイ発祥の……!」

Yさん「そうです、コミュニティボールです!今日はp4cを実践されている先生がいらっしゃっていて、その方のクラスからお借りしたものなんです」


なんだか、ぞくぞくするほど嬉しかったです。

先日、p4cの連絡会に参加したときに、『学び合い』との親和性が抜群だ、と思い、

いつかコラボレーションできたらおもしろいよなあ、と思っていたのに。

こんなにも早くにそれを実現する機会が現れた……!




今回の会に参加するにあたって、わたしが持っていた課題のひとつとして、

「いろんな人が、子どもたちの、そしてみんなの幸せのために、とそれぞれの立場からアプローチして実践されています。例えば、『学び合い』だったり、p4cだったり、PA(冒険教育も?)だったり、、、、本当にいろいろあるわけです。そんな人たちが力を合わせて何かおもしろいことはできないかな、と思います。そのヒントをいろんな立場の方々からいただきたいです。」

という思いがあったので、そのまま最初にお話しさせてもらいました。

でも、もう、会に参加した時点で、おもしろいことは始まっていたんですね。


わたしって、ずっと停滞していたんだ、と思います。

やっぱり、常に新しい学びがなければわくわくしません。

今まで会を開くことに自信が無かったのは、わたしが主催者として、そして一参加者として何かを提供できると思えなかったからかもしれません。

でも、今回の仙南の会に参加して、自分の気持ちの変化に気づきました。


一般的には、何かの会のときに、その会とは違う話題を口にすることって、気が引けるものだと思います。

それは「布教」っぽく見えるからです。

でも、今日の会は、それぞれの人の課題について解決できればいいよね、というスタンス。

学び合い』じゃなきゃ、という縛りは決してありませんでした。

そして、わざわざお休みの日に時間を削って来られた方々です。子どもたち、そして自分たちの幸せのために、となんらかのアクションを起こしているわけなので、大枠としての目的は一致しています。

何かしらの課題を解決するには、これが万能薬だ、というものはありません。

いろんな人が、いろんなアプローチで自らの課題を解決していきます。

だから、『学び合い』以外の話も何の違和感もなく出せるし、あなたにとってはそれが解決に繋がるんだね、と思えます。

わたしの課題解決方法は、必ずしも、あなたの課題解決方法とは一致しない。

あなたの課題が解決されて、少しでも楽になったり幸せになったりできるのなら、その方法はなんでもいいんです。

そんな気持ちで会に臨めました。


これなら、自分で会をするのも特に苦とは思わないなあ。

daitouirukadaitouiruka2015/11/22 09:04会を開くとき、「自分自身もいい実践を報告しなければならない」という思いに縛られているとなかなか開けないけれど、「人と人がつながる場を提供する」ということも、自分自身が何かを生み出すことと同様に尊いものだと思うようになりました。
その場での出会いがなければ生まれなかった「すごいこと」を生み出すための欠かせない要因の一つなのだから。
ちょうど、『学び合い』をするときに
「あっちの人がそのことについて考えてたよ。自分はよく説明できんけど…。」
という「つなぎ役」がとても大切な役割を果たすのと同じような感じでしょうか。

FlipperKFlipperK2015/11/22 10:37始めると、くせになりますよ。(笑)

ogymogym2015/11/22 23:09「集まり」を始める練習中です^^。「人と人がつながる場を提供する」とても参考になりました。

mei-c5mei-c52015/11/23 04:56>>daitouirukaさん
つなぎ役、がいわゆるファシリテーターということですよね。
さらに、何か与えなければならない……なんて思っていましたが、「学ぶ姿勢」に関してはいくつになっても同じとするならば、主催する人だって課題があってそれを解決したいから、という理由で開いていいんだなあ、と。ちょっと会に対しての印象が変わりました。

mei-c5mei-c52015/11/23 04:59>>FlipperKさん
今までは、まったくそんなことないと思っていたのですが、今はそうなりそうな予感がしています。

mei-c5mei-c52015/11/23 05:05>>ogymさん
わたしも、『学び合い』の会ではないのも含め、ですが、何度かチャレンジしたことがあります。
でも、それは自分の課題を無視した「会を開くための会」になってしまっていたような気がします。開くことによって自分の課題が解決されると思うならば、それはそれで良いと思います。が、わたしの場合はそこまで落とし込めていないままだったので、今思うと参加者の方に失礼なことをしたなあ、と……。
ぜひogymさんの会にも参加させていただきたいです。