Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2014-02-05

岡山の会。

| 07:29 | 岡山の会。 - 幸福論 を含むブックマーク


2月1日に岡山の会に参加させていただいたことのメモです。


印象深かったのは、「期待」と「信頼」の違いのこと。

FlipperKさんの説明を聞いて、なるほどな~と思いました。


「期待」をすると、どうしてもその「期待」に沿わない結果が突きつけられたときに戸惑ってしまいます。

どうして?

もっとこんなふうにできたのに。

そう思ってしまうこともあるはずです。

でも、「信頼」だと、結果がどうであれ、わたしがそうなることを勝手に信頼しているだけだから、と思うことができます。


説明を十分に理解しきれているか分かりませんが、

わたしの中では、

期待・・・時間に制限有。崩れやすい。

信頼・・・時間に制限無。簡単には崩れない。

というイメージがあって、FlipperKさんの説明に納得できたのかもしれないです。


つまり、結果を求めることも大切だけれど、それは信頼があることを前提としているということだと、思っています。




今回の会には、広島からも先生がいらっしゃっていて、帰りに少し学校がどんな様子かお話を聞くことができました。

とても勢いがあるそうです。

大変なこともあるとは思いますが、やっぱり楽しそう~。

山梨の会。(4)

| 06:46 | 山梨の会。(4) - 幸福論 を含むブックマーク


話すことを選んできたつもりですが、とうとう(4)まで続いてしまいました。

長々とすみません。


swprismさんの発表の後は、急遽決まったというakifune3さんの発表が。

中信ブロックの会に参加出来ず、もう聞くことができないかなあ。残念……と思っていたのに、思わぬ幸運でした。


akifune3さんの発表は、『学び合い』を取り入れた学校での先生方の変容について、でした。

学校の取り組みとして『学び合い』で進めていくと同時に、

先生も『学び合い』で成長しているという構造がおもしろかったです。

事例の一つということで発表されていましたが、

本当に『学び合い』を考え方として取り入れていこうとしている学校では、

この事例と同じように、先生方の間でも『学び合い』で成長していく姿が見られるのではないかな、と感じました。


そして、方法と考えの違いは、理解できても、納得にまで落とし込むことは難しい、と改めて思いました。

自分でも、たまにわからなくなることがあります。

考え方だとどんなに言っていても、今は方法という面を重視して話しているなあ、と思うことだらけ。

考え方が軸にあれば、方法は何でも良い

と聞くことによって楽になれる人もいれば(今回山梨の会に参加されている方の中にも、そうおっしゃっている方がいました)、わたしのように「それが難しいんだよ~」と思う人もいるはずです。


この差って、一体なんなのでしょうか。

うーん。。。

考えがうまくまとまらないので(うまくまとまったこともないのですが)、もう少し時間を置いてまたメモしたいと思います。







それから、会の後のお食事会もとても楽しかったです。

お話ししている中で、わたしは自分で思っているよりも楽観的なのかもしれない、ということが判明しました。


i-Kawa-nakajimaさんにも

「悩んでいるように見えて、実はあんまり悩んでいないでしょ」とか

「悩むのを楽しんでいるのでは?」とか

ずばっと言い当てられてしまいました。


確かに、そうなんです。

学んでいく中での悩みは、どうしよう~なんて言いつつも、

同時に、「なんとかなるだろう」とか「おもしろいかも」とか思ってしまっています。

身体が苦しさから逃れようとして、自然にそう思うようになっているのかもしれません。

ま、おそらく誰にも迷惑はかけていないだろうし、これでいいのかなあ。

FlipperKFlipperK2014/02/05 06:51>学んでいく中での悩みは、どうしよう~なんて言いつつも、
同時に、「なんとかなるだろう」とか「おもしろいかも」とか思ってしまっています。

 健全な証拠です。悩むと言うよりは、あれこれ試行錯誤しているのでは?そういう悩みって楽しみを伴うものですよ。

kanjii4dakanjii4da2014/02/05 19:09こんにちは。初めまして。岡山の会でうちの研修部長に会ったとのことですね。(^_^)
ありがとうございます。本校は、ゆっくりと『学び合い』に向かっています。
研修部長は(暴露しますが(^_^;)本校で最もきちんと子どもたちを座らせて学習させることのできる教員です。的確な指示を子どもたちに与え、活動させています。其の彼女が『学び合い』にはまってきました・・・(^_^;)彼女に信頼を置く(私には置かなくても・・(^_^;)教員は、研修部長がそこまで言うならと、一気に動き始めた感があります。しかし、まだまだ、始まったばかりです。これから結果を出します。(^_^)機会がありましたら、どうぞ本校にもおいでください。

FlipperKFlipperK2014/02/07 22:26 岡山の会の感想、ありがとうございます。細かいことにこだわりすぎているような気もするのですが、やっぱりこだわってしまいます。(昔からしつこいと言われていました)

「期待」って、本来、「信頼」という氷山の一角なのではないかと思うのですね。なので、私が子どもに「期待しているよ」というときには、「あなたなら絶対にできるはず。だから結果を出してね」という思いが底にあるように感じています。でも、思うような結果が出なくても、焦らない。あきらめない。「きっとできるよ」という信頼は持っていたいのです。
 岡山の会でも言いましたけど、私の「~については期待していない」というのは、「当然できるだろう」と、当てにして計画を立てない。ということです。
 私たちの(というか、以前の私の)期待というのは、多くの場合が、信頼に支えられない「甘い見通し」だったのでしょう。

karakusa01karakusa012014/02/07 23:30同僚が岡山の会に参加していました。mei-c5さんに会って、行動力のすごさに感心していましたよ。

mei-c5mei-c52014/02/11 00:49>>FlipperKさん
会では大変お世話になりました。また岡山でお会い出来ることを楽しみにしています。

わたしの悩みは、試行錯誤だったのですかねえ。楽観的すぎ、と見ていましたが…。
そう言えば、兵庫の会のtomkickさんが教師の力として以下のの3つを挙げていました。
①自分もよく失敗するな〜,と相手の失敗に共感し(共感する力)
②授業がうまくいかなかったな〜,と反省し(振り返る力)
③でも,まっいっか〜,と元気に学校に行ける。(リセットする力)
これを見て、③も適度にあっていいんだ、と思いました。
FlipperKさんのように、楽しみもあっていいと考えると気が楽になりますね。

「期待」と「信頼」の関係図が思い浮かびました!すごく分かりやすいです!
大きな氷山(信頼)の少し見えている部分(期待)と考えると、信頼が「甘い見通し」では成り立たないものだとよく分かります。

mei-c5mei-c52014/02/11 00:56>>kanjii4daさん
はじめまして。日記をいつも拝見させていただいております。
研修部長さんにお会いしました!とても素敵な方でした。
おそらく、これまでも授業にクラスに悩んで、悩んで、『学び合い』に出会われたのだろうと思います。
『学び合い』をやっていく上でも、やはり悩みはあるのだと思いますが、会でお話しさせていただいた限りでは、とても明るく楽しそうで、こんな先生についていける子どもたちは幸せだろうなあ、と感じました。
ぜひ、学校にもお邪魔させていただきたいです!
中国の会には参加されるのでしょうか?またお会い出来ると嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

mei-c5mei-c52014/02/11 01:02>>karakusa01さん
karakusa01さんの学校の方だったのですね。その節はお世話になりました。
いえいえ、こうして会に参加出来たのもFlipperKさんが会を開いてくださったおかげです。
karakusa01さんの会(いつか開催されるのですよね?)にも、ぜひ、参加させてください!楽しみにしています。