★ maya-1のつぶやき ★ このページをアンテナに追加 RSSフィード




め ざ す は、「見捨てられていない」、
「安心して学校生活ができる」、
「安心して授業が受けられる」と
子どたちに感じられる教育の実現



教科の授業の中で行う
ソーシャルスキルトレーニング

それが 『学び合い』

ポイントは、子どもたちにとって、
誰も見捨てられていないと感じられること

教師が、子どもたち(子ども集団)は有能だ(可能性を持っている)と
思うことができるかどうかが鍵

まずめざすべきは、子どもたちが「分からない」、「できない」と
安心していえる雰囲気づくり

『学び合い』は、人間関係づくり

だから、安心して学ぶ雰囲気が醸成されれば

自ずと学力は上がる

だって、真剣に取り組む時間が増えるんだから

子どもたちには、「勉強もチームワークで」と呼びかけます


出前授業等お受け致します

2時間同じクラスで授業させていただくのが原則です。
(交通費、宿泊費不要)




◆maya-1へのmailは ymrf◇hotmail.co.jp
◇を@に変えてください。


◆maya-1のURLはこちら

◆mayaitiのtwitterはこちら



◇西川 純先生の「小規模小学校に於ける
全校教科学習活動」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の導入書」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の手引書」はこちら

r>







 


◆第15回教室『学び合い』フォーラミin長野 兼 第13回『学び合い』セミナー   

期日:令和元年11月2日(土)・3日(日)     
会場:長野市 信州大学教育学部


2015-12-31(木)

[] 2015年の『学び合い』寺子屋等への取り組みを振り返って  2015年の『学び合い』寺子屋等への取り組みを振り返って - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク -  2015年の『学び合い』寺子屋等への取り組みを振り返って - ★ maya-1のつぶやき ★  2015年の『学び合い』寺子屋等への取り組みを振り返って - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

f:id:maya-1:20151231212856j:image



3月一杯で定年退職後5年間の勤務にピリオドを打って、4月からフリーになりました。つまり完全年金生活です。そこで何に取り組んだかというと、前々から先生方や子どもたちが生き生きとやっていける様にお手伝いができればと考えていたんですが、たまたま地元の塩尻市まちづくりチャレンジ事業というものがあることを知りました。この事業は基本的に3年間で若干の補助金をいただけるということもあり、これに採用される如何を問わずに何か継続的にやっていくことにしたわけです。最終的な到達点は塩尻市等の教育を『学び合い』を通して確かなものになってくれればというものですが、そう簡単にはいくわけないですよね。そこでまず、ますます学習に対する自信をなくしてしまったり、自分の力を信じられなくなっている児童生徒が間安心して学べる環境さえ整えれば随分違った世界を感じてくれると信じて、中学3年生を対象にして5月にスタートさせました。幸いチャレンジ事業にもパスすることができました。思ったより受講生の取り組みが起動に乗ったので8月からは小学校5年生以上からと枠を広げました。週2回月・木の夜七時から9時を基本にやって来ましたが、『学び合い』寺子屋は59回を数えるに至りました。出席する受講生も2桁の大台に乗せることができました。

 次年度4月からは、自分の勉強をしながら相談に乗ってくれる卒業生や高校生などの力を借りながら実施できたらと考えています。また月に1度くらいは地域の方をお招きしたりえんぱーくの外に出ての活動も考えてみたいと思っています。教職員を中心とした講座だけでなく、保護者対象の講座も計画できればと思っています。また、地元の小中学校との関わりへの糸口ができたので、こちらも中身のありものにしていければと思います。もちろん全国の仲間との関わりは事情の許し限り続けて行きたいと思っています。

 大勢の人とのつながりがあって今の自分があります。大勢の方とのつながりをいっそう大事にして行きたいと思います。皆さんありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。


816754