makine45の日記 このページをアンテナに追加

HPは http://makine50manabiai.jimdo.com/ です。 合わせて、ご覧ください。

2019-11-08「個別に対応する」を考えました このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

「学びの共同体」の指導による国語の授業を参観しました。

とてもいい授業でした。

子供たちは、友達と関わり合いながら課題に向けて一所懸命学習を進めていました。

参観者の感想も好意的な発言が続きました。


例えば、作文を書くとします。

教科書には、作文を書く手順のようなものが掲載されています。

その手順は、全員に有効なのでしょうか。

全員が、その手順で書くことを求めるのが、授業なのでしょうか。


例えば、指導案を書きます。

私は、全体の目次のようなものを書き出して、次に本時の目標を入れます。

次は、展開を書きます。

あとは、上に行ったり、下に行ったりして、ほぼ同時進行で全体を書き上げます。A4、2枚程度の手慣れた教科の指導案なら、2時間もあれば書き上げられます。

この書き方は、万人に向いているのでしょうか。

以前、

「A4、2毎程度なら、30分あれば大体できあがる」

と職員室で言っていたら

「じゃここで、書いてみてください」

と言われて、実際に書いてみたことがあります。


作文を書くという行為は極めて個人的な作業です。

全体のレベルを確保しつつ、個人的な取り組みを認めていくとしたら、やはり『学び合い』の考え方しかないだろうと私は感じていました。

好意的な発言が続く中で、私はやや冷めた感想を持っていました。

個人的な作業だから、みんなの力を借りた方がいいのです。

でも、やはり、最後は個人に返されるとしたら、個人的な手順の自由さが私は必要であると感じています。

久しぶりに、更新しました。