五蘊皆空 このページをアンテナに追加 RSSフィード

群馬県の小学校教員のkuro106raです。mailはgan.son.desu☆gmail.com(☆を@に)にお願いします。

2018-09-16

【教師として、人として。これからの生き方に想いを馳せる一日】

04:49 | 【教師として、人として。これからの生き方に想いを馳せる一日】 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

今年度、人生において大きな決断をいくつもすることになりました。

子育てのこと、家族のこれからのこと、自分の仕事のこと。来るときゃいっぺんにくるもんだ、と我ながら驚いています。

普段、私たちは生活している世界の『外』を見ないようにしています。でも、ひとたび『外』に目を向ければ、実は働き方、生き方は無限に存在します。そこでは、私は何某かの身分に守られた者などではなく、ただの人でしかありません。でも、だからこそ自らの生き方を自分自身で決め、言い訳をすることなく生きていけるのだと、体感することができます。

田中光夫先生(以下、みっちゃん)は、14年務めた公立小学校の先生を辞め、フリーランスティーチャーという道を選びました。いくつもの授業不成立クラスを立て直し、海外に学び舎を作る。みっちゃんの働き方、生き方は実に自由です。

自分の生活の『外』に想いを馳せる。それはあたかも海辺から水平線を眺めるが如きことです。船を用意し、漕ぎ出した先人と一緒に、ワクワクの大海原を体感する一日。一緒に楽しい時間を過ごしに来ませんか。

お申し込みはこくちーずから

↓↓↓

https://kokucheese.com/s/event/index/537222/

2018-09-15

学校って

00:05 | 学校って - 五蘊皆空 を含むブックマーク

妻から、最近こんな人を紹介されました。

小中高校を、自分の意思で行かないと決め、自分でフリースクールを立ち上げた娘。18歳で大学に行くと決め、2ヶ月半で小学校〜高校の学習を全て行い、見事高卒認定、大学入試に合格。

娘とともにフリースクールを立ち上げ、世界各国を飛び回る母。

緩やかな衝撃が脳内を駆け巡ります。時代の最先端のその先。でも、感覚は至って普通。

https://ai-am.net/about

↑↑↑

上記のサイトから、その概要を読むことができます。

みなさん、ご一読下さい。義務教育とは一体何なのか。もう一度見直してみませんか。

2018-09-06

10/27は田中光夫先生

19:00 | 10/27は田中光夫先生 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

【10/27、埼玉県本庄市に田中光夫先生登場!】

10/27(土)の『学び合い』ぐんたまの会は、ぐんたまスペシャル!

ゲストに、今を生きるフリーランスティーチャー田中光夫先生をお呼びして、講座を開きます!!

フリーランスティーチャーという仕事をしながら、田中先生はどんな生き方をしているのか?今から興味津々です!

詳細は後日告知します☺️✨皆さま10/27(土)は埼玉県本庄市でお会いしましょう(*^ω^*)

2018-08-24

不思議

16:50 | 不思議 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

ぼくは特別支援に関しては、素人に毛が生えた程度の知識しか持ち合わせていません。でも、通常学級の担任をしていたときからのことですが、年度が終わる頃になるとなぜか特別支援の子、そしてその親御さんからとても信頼していただくことが多いのです。

なんでだろう?と思います。ぼくは彼らのために『特別な手立て』をしたことはほとんどありません。

そうして、今特別支援学級を担任し、特別支援関係の色々なお話をいただくようになっている。不思議なものです。

ぐんたまの会

16:31 | ぐんたまの会 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

次回のぐんたまの会のお知らせです。

第33回『学び合い』ぐんたまの会

日時:2018年10月27日(土)15時〜

場所:はにぽんプラザ 和室(本庄市市民活動交流センター)

住所:埼玉県本庄市銀座1-1-1

お茶菓子代、施設使用費として、300円を頂戴しております。

学び合い』や日々の教育実践、悩み事相談など、お気軽に話しにいらしてください。

2018-08-21

多動という才能

14:46 | 多動という才能 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

教育の世界で「多動」というと、なんだか落ち着かない子、話が聞けない子、というマイナスのイメージが付きまといます。

でも、多動というのは「一度にたくさんのことができる」という素晴らしい才能でもあるのです。

堀江貴文さんの著書「多動力」では、次のような事例が紹介されています。

アメリカの実業家イーロン・マスクは、服が着替えられないといいます。着替えている間に新しいアイデアが次々に生まれてきて、着替えるのを忘れてしまうというのです。それでも彼は世界的投資家、実業家であり続けています。なぜでしょう。

彼らは「自分が何をやらないか」をはっきりとさせています。自分にできないことはやらず、自分でなくてもできることはやらないと決めているのです。

そして、自分だけができることにのみ、全神経を集中させています。そうして自分の人生を確立してきたのです。

自分らしく生きるということは、他人から何を言われようが自分の人生を生きると決めるところから始まります。そして、「そんなことできるはずがない」という雑音を気にせず、自分ができると思ったことを信じぬく力でもあります。

でも、僕にはもう一つ大切にしていることがあります。

それは、僕が信頼している人が「あなたならできる」と言ってくれたことを、100%信じ切ることです。それが、僕を今日まで僕を突き動かしてきてくれたエネルギーになっています。

もし、そういう人が見つからないとしたら、どうしたらよいか?

まずは、目の前にいる人に親切にしてみてください。困っていそうな人がいたら「手伝いましょうか?」と言ってみてください。そして、その仕事を人がびっくりするほど精一杯やりきってください。それをやって怒られてしまったら、もうその人にやるのはやめて、ほかの人にやりましょう。

しばらくすると、周りの人の自分に対する目線が変わっていることに気が付くはずです。

一度に多くのことができるのが「多動」の真骨頂です。どうぞ我慢せずに、やりたいことはすべてやりきってください。体が悲鳴をあげるようなら調整をしましょう。でも、世間体や見栄を気にして、やりたいのにやれないのはもったいない。

楽しそうにやれば、そこに人が集まります。気が付けば、周りが勝手にあなたを神輿にあげているでしょう。

もう一度申します。多動は決してネガティブなものではありません。限りない可能性を秘めた才能なのです。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)