こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2011-11-15

算数「計算のしかたを工夫しよう」成果と課題

| 23:21

先ほどは期待が大きすぎた分落ち込んだけど、あらためて考えてみよう。


成果

教科書に書かれている指導書の本単元の目標は、

「小数、分数、整数、の交じった加減乗除の計算ができる」ことのようだ。

業者テストも、計算問題しか出ていない。

こと、計算ができるようになる、という部分では、一人がまだ心配だが、

それ以外全員やり方をわかっている。(習熟しないと忘れてしまいそうな子もいるが)。

これは、はっきりとした成果だろう。


課題

計算問題だけだと簡単すぎると思い、自作のテストには文章題も入れた。

教科書に出てきた問題の数値を変えた(ミニテストもそう)だけだから、いけるだろうと思ったのが甘かった。

①加減を求める文章題、速さの問題、割合を使った問題を出した。児童は文章題から読み取らなければならない。

そのトレーニングをしてこなかった。

思えばミニテストは、その時間にやった学習を真似するだけでできるので、読み取れなくても合格できるのだ。

②文章題を読み取るために何ができるか、

 図などを書きながら考えるなど、こっちが課題を足してやる方が、もれなく学べたと思う。

③積み上げがない。

 割合の学習・速さの学習で躓いているから、ここでも躓く。定着させないままここまできているから今がしんどい。


思うこと

全員80点以上という目標は、難しい。

(もっと簡単だと思っていた・・・。)

考えてみると、ある子に定着させようと先生がいくらがんばっても厳しいのだ。

それを子どもにさせようとしているんだから、厳しいのは当たり前。

できたら本当にすごいことなんだな。


よ~し、次、がんばるぞ!

撃沈(T_T)

| 18:21

算数「計算の仕方を考えよう」の単元。

毎時間復習テストをし、できなかった人は再テストをして、

全員ができるようにさせて臨んだテストだった。


結果は、撃沈。

3分の2が合格、残りは不合格。


これだけできないかと、びっくりした。

問題も、数値をかえただけなのに、

それでもできないことに、本当に

驚いた。

できない子は、そこまでできないんだと、

新しい発見があった。

それが収穫。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kogapon7/20111115