こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2011-08-12

教員免許更新講習

| 21:54

今年がその対象で、本日5日間の講習が終わった。

やっと終わった~って感じだった。

学ぶことも多かったし、楽しい講座もあった。

けれども、はっきりと言って、無意味な制度だと思う。(言いすぎかな)

こんな5日間の講習を受けるだけで、一体何が変わるのだろう?

教師として必要な力がついたって思う人はいないだろう。

そして自腹で3万円。高いな~。


さらに、教職10年目の僕には、10年目研修が待っている。

年間20回の校内研修に、15回の校外研修を受けることになっている。

こちらの方が、より実地で学べるので、いい研修だと思う。


というか、どちらかにしてほしい・・・

愚痴っぽい日記でごめんなさい!

tomkicktomkick2011/08/12 22:22おわ!大変ですね。
僕は、10年研は来年です。
でも,来年は研究発表。勘弁してほしいです(^^ゞ

ima-kiyima-kiy2011/08/12 22:34自腹ですもんねぇ。自分のせいで失効した免許を再取得するならともかく、普通にやってて自腹はないだろと思います。
フォーラムでお会いできて嬉しかったです。

kogapon7kogapon72011/08/14 00:00きっきょんさん、
研究発表、大変だと思いますが、
僕はメッチャ楽しみです!
できるだけ参加します!

いまきよさん、そうなんです。
家計が厳しい我が家なんて大変ですよ!

CarlosCarlos2012/10/28 02:02Thanks alot - your ansewr solved all my problems after several days struggling

dwfrdbdwfrdb2012/10/28 15:07gqg0pU <a href="http://uhjhmkuhlsvj.com/">uhjhmkuhlsvj</a>

igbvtvigbvtv2012/10/29 09:27WtpqxJ , [url=http://ihyokkejqwns.com/]ihyokkejqwns[/url], [link=http://mdycmjslywkl.com/]mdycmjslywkl[/link], http://uwldjgutrukd.com/

cfzzkncfzzkn2012/10/30 21:53PbzazK , [url=http://vanffxmsjujn.com/]vanffxmsjujn[/url], [link=http://frrydmymztiz.com/]frrydmymztiz[/link], http://xelyxzatsqnp.com/

2011-05-11

初研

| 22:59

国語の研究部会に入っている。

今日の指導主事の先生のお話から、絶対やりたいこと。

1.毎月1回は作文や詩を書く。 ⇒ ライティングワークショップしたいな。

2.読書をする力をつける ⇒ 文学サークルするぞ。

3.とにかく、何でも1年間徹底してやると力がつくが、その場限りだと力はつかない。

⇒ 最近国語の授業のはじめ10分間は視写の時間をとっている。10分で書ききれるかどうか。子どもは自分の成長を実感できる。続けていこう。


4.読書のポイントは記録。読書ノートをつくろう

ながい@sakaiながい@sakai2011/05/14 18:18初研、私も今年初めて、職場が特別支援部会の会場だったので参加しました。研修はママッピー大阪のムーブメントだったのですが、2,3ヶ月前の自分だったら、恥ずかしくてほとんど活動できなかったと思うのですが、人は変われるもので積極的に参加している自分に自分自身が驚きました。

 こむさんの教え子さんは中1のE本くんですね。私は中3の担当なので、まだ関わりが全然ないのですが、中学部全体の行事も少ないので、絡むこともあるかもしれません。

職場も近くなったことなので、ぜひお会いしたいものです。

kogapon7kogapon72011/05/15 22:13永井先生、かわいいE本くんをよろしくお願いします!
職場、確かに近くなりましたね!
チャリで10分ほどの距離ですね。
近いうちにぜひお会いしましょう!

2011-04-10

TOSSデー

| 21:10

TOSSデーは、気軽に学べる場の一つだ。

学んだら、「こんなことを子どもたちとやりたい」って、

明日からのモチベーションが上がる。

学ばなければ、マンネリになる。

教師は学び続けなければならないなと思う。


TOSSデー 理科と図工セミナー

教えていただいたことのメモ

①理科

・ カセットコンロのブタンガスで実験

・ シャープペンの芯(木炭)でエジソンの電球作り

・ 水の入ったお皿の上でろうそくを燃やす

・ ネオジウム磁石でアルミを動かす

・ 実験方法をノートにまとめるときは、教科書を丸写しさせない。ポイントを図で表す。字はキーワードのみ。

・ つりあいとてこ、パイプ片方を曲げるとつりあう?

・ にんじんのつりあった部分を切ると重さは?

・ 色のついた水と別のいろのついたお湯をまぜると?

②図工

・ かたつむりの線はほんとうにゆっくりだ

・ 教師が事前に書いてみることが絶対条件

・ 教師がお手本をかいてやると子どもは安心する。

・ ごんぎつねをぜひやってみたい

・ 集中力を途切れさせないために8つ切でもいい

・ 佐藤式工作「コトコトコロコロリン」

・ 紙トンボ

TOSSランドに多数あるらしい

③松藤先生の授業

・ はやぶさ

・ 東日本大震災

⇒今回の参観でやりたい

2010-08-21

若手教師エンパワメントワークスの記録②

| 12:34

【8月12日】

9:30~  【内容】オープニング(本合宿の流れ・目的・目標を達成するために必要なことの紹介)

【学んだこと】問題解決までの流れを教えていただいたのが、わかりやすかった。

①現状把握②視点導入③問題解決・・・昔大学時代にやったディベートの案件作成と同じだと感じた。①問題把握②害(問題を放置することで起こる悪いこと)③原因(その問題の原因)④解決策⑤問題解決までの道筋。論点を整理するときに積極的に使おうと思った。

9:45~【内容】参加者インタビュー(「教職生活でうまくいったこと・教員生活の悪夢・この合宿に期待すること・これから身に付けたい力」について簡単にまとめた後、どれか1項目を選んで参加者にインタビューして回る。その後、同じ項目をインタビューした人同士が集まって情報交換をする、というもの)

【学んだこと】研修方法。インタビューすることで自分も話せる。知らない人とも仲良くなれる。自分の興味ある実践が蓄積される。

10:30~  【内容】野口克海先生のご講演(教育の原点を忘れていないか?原点は、子どもと遊ぶこと、話すこと、一緒に泣き、笑うこと。野口先生の若いころの話。学校一の不良と山小屋で70日間すごした話。山小屋での話を題材に道徳教育を展開し、荒れた学校を立ち直らせた話。教師のチームワークの大切さ。教職員が本気で取り組むと学校が変わる話。)

【学んだこと】自分はまだまだ甘いと痛感できた。苦労は買ってでもしないといけない。それが自分の成長につながる。

13:10~  【内容】グループワーク お土産シートの交流(各自が自分のおすすめの実践を持ち寄り紹介し合う。自分のお土産シートは別紙に記入。

【学んだこと】ある先生の実践が心に残った。「生活つづり方」で生活を通して子ども同士がつながることは、理想と思いつつ踏み出したことがない。3ヶ月に1回は文集を出しているそうだ。やってみたい。

15:00~  【内容】園田雅春先生のご講演(キーワードは納豆学級・エピソードをもって語る・集団的自尊感情・リフレーミング・ダイヤモンド型授業)

【学んだこと】教師の語り方を鍛える必要を教えていただいた。特に、エピソードを交えて語ること。この訓練をしていこう。集団的自尊感情というのが面白い。自分のクラスや学年や学校を誇りに思えるよう教師は働きかける必要がある。「オレらって、けっこうイケてる」と思わせよう。

17:10~  南中ソーラン(めちゃハッピー 黒田弘章さん)

【学んだこと】踊るって楽しい。だれもが自然と笑顔になる。教育にもっと取り入れることができると実感した。

21:00~  7×7 【内容】まず自分の課題について画用紙に記す(自分の背景・達成目標)。参加者の中から誰か一人を探して、7分間で自分の課題について画用紙を見せながら話し合う。7分経つと別の人と交代。それを7回するから7×7.

【学んだこと】 時間が限られているので息もつかせぬほど集中して対話できるこの研修方法がいいと感じた。自分の実践している『学び合い』を、全く知らない人に短い時間で説明するのがトレーニングになった。また、ベテランの先生方から意見をいただいた。ある方からは聞くことの大切さを教えていただいた。聞くことはどのようをどのようなステップを踏んで育てていくのか、きちんと考えを持つ必要を感じた。23:30~  交流会(3時まで続いた)

【学んだこと】いろんな方と仲良くなれた。仲間になれたことが今回の一番の財産だと思う。


【8月13日】  アクションプラン作り  ⇒  プレゼンテーション

9:00~  私の課題に集まって【内容】自分が最後にプレゼンするテーマをアピールし、興味のある人に集まってもらい、意見をもらう時間。

11:00~  アクションプラン作り【内容】グループを決め、内容を考えていく。

15:30~  アクションプランの発表

【学んだこと】

私は「学校のチーム力をどうすれば高められるか」を考え、発表した。

職員集団が団結すると、子どもは大きく育つと考えたからだ。

いろいろな方々に相談することで学んだことを以下に箇条書きで記す。

・ 問題意識をみなで共有すること(私は学力が保証できてないことが問題だと考えている。その子どもたちが中学で荒れてしまう。)何とかするために、「まとまらなあかん。」という意識を職員で共有できればいい。

・ 仲間を一人、二人、三人と増やしていくことが大切

・ 普段の職員室の人間関係が大事。そのために自分から心を開く

・ 校内の研究授業などで「この授業で全員の学力を保証できるのか」を問題にする。校内研究テーマに、「全員の学力を保証する授業づくり」というようなものを入れてもらう

・ 成果を数値化すると反発する人が出るのでしない方がいい。

・ ケース会議などで、勉強のしんどい子の実態、そしてこうやったらよくなったという指導法を交流するとよい。

・ 2-6-2の原則。ある集団では、先進的な前向きな人が2割。後ろ向きな人が2割。その間が6割。だからまず先進的な2割が団結して真ん中の6割を引き寄せるという発想をする。

・ 飲み会をする。

・ 中学校区との連携もすすめる。

・ 地域・保護者ともつながる。

・ 授業を見合ったり、教材研究を一緒にしたりする。共に作り上げる経験がチーム力を高める。

・ 強い個人あって、強い組織あり。協力なリーダーシップをとる人が改革には必要。

・ 「1人の100歩より100人の1歩」はつまらない。それよりも「100人の100歩」というくらい強い気持ちが大切。

2010-08-17

二瓶弘行先生のご講演

| 22:33

昨日、わが市の国語の研究会で、筑波大学付属小学校の二瓶先生のお話を聞く機会があった。


感動的な講演で、示唆に富んだものだった。

詩の模擬授業は圧巻だった。

子どもに力をつける授業とは、こういうものなのかと思った。

・習得の部分で新たなことを学習し、それを活用の授業で自分のものとしていく。

・音読にすら挙手をためらう子どもに育ててはならない。

・6年生の最後には、教師からの発問なしでも自分で学習できるように育てていきたい。

・自分たちは”夢の集団”になりたい、という夢を子ども達に抱かせる。

など、いろいろあるが、一番ぐっときたのが、子ども達による”語り”。

演劇を大学時代にやっていた僕には、重要性が身にしみてわかる。


がんじがらめに凝り固まった自我を、ほぐしてくれたのが演劇だった。

人前で出せなかった自分というものを、出せるようになったのも、演劇を通してだった。

自らの感情をさらけ出すことが演技の基本だ。

その感情を周りのみなが受け入れてくれる。

自分は自分でいいんだと思える。

その空間が自分にとって居心地のいい、すてきな場所になる。

そして、押さえていた自分を解放し、本来持っている力を発揮しはじめる。


語りも同じだ。

語りによって、自分の感情を開放するのだ。

それを受け入れあうことで、揺るぎない信頼関係が生まれる。


語り、挑戦してみたいなあ。

ghjalghjal2010/08/17 23:34なんだか演劇畑の人が多いですね。『学び合い』には。かくいう私もちょびっとかじったことがあります。演劇と語りを結び付けて考えたことがありませんでしたが、ちょっと結び付けて取り組んでみようかな?そう思いました。

kogapon7kogapon72010/08/18 08:36ジーンさん、コメントありがとうございます。
二瓶先生の講演で子どもたちの語りの様子をビデオで見せてもらいました。
全身全霊の演技って感じで、心を打ちました。
ただ、中途半端な気持ちでは、苦痛な実践になることも容易に想像できました。

そういう難しさを含めて、チャレンジしてみたいなと思いました。

ima-kiyima-kiy2010/08/20 21:47へい、演劇畑です。
「語りによって自分の感情を解放する」
うん、わかります。

kogapon7kogapon72010/08/22 21:14いまきよさんも演劇畑ですよね~。
先日は大阪まで来ていただいたようで、ありがとうございます!