こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-08-29

8月ことば会記録

| 22:25

ことば会とは国語科の勉強会ですが、昨年度今年度と『学び合い』を

研究しています。

国語のベテランのすごい先生方の集まりなので、すごく勉強になります。

以下、昨日の8月の会の記録。

8月ことば会記録

①B先生の実践報告(5年国語「ちかい」)

【学習課題】

・学習課題は漠然としていてはいけない。何を学習させるかがはっきりしていることが大切

例えば今回の課題である、「出来事に注意して物語をまとめ、主人公の気持ちの変化を読み取ろう」を出す時には、以下の5点を児童がきちんととらえているかを押さえて置く必要がある。

①「出来事」の意味はわかっているか?

② 出来事に注意してとはどういうことか?

③ 物語の流れとは何なのか?

④ まとめるとは、どのようにすればいいのか?

⑤ 気持ちの変化を読み取るとは、どうやったらできたことになるのか?

【ノート指導】

ノートは考えを整理するために書く。そのためにどう使えばよいのかを指導する必要がある。

・ ノート指導のポイントの1つは、余白を開けさせること。

・ 余白をあけることで、自分の意見や友達の意見を後で書き込むことができる。

・ 1場面1ページなどと、区切って書くのもいい。子どもは場面転換をもっと意識するようになる。

【5年生の目標】

・ 「気持ちの変化」について、中学年までは書かれていることだけからわかればよい。高学年は、情景からも読み取れるようにさせる。

・ 物語のクライマックスを読み取る力も身に付けさせたい。そのためには、前提条件・結末を読み取ることが必要。

②こむさんの学習指導案検討(5年「森林のおくりもの」

【本時の展開について】

・ 本時の課題が達成できたかどうかを判断する基準をしっかりともつことが必要。

・ ①まず、説明するのに絶対に必要なキーワードを確定する。

・ ②それを自分なりにつないで文章を作る。

・ 上手に説明するとは、教科書の文章を小学校5年生語に直して説明できていること。

・ ノートに考えを書くときには、教科書を閉じてから書くようにすると、丸写しじゃなく自分の言葉を書きやすくなる。

・ 「絵に表し、絵を使って説明する」ことが効果的だし、理解も深まる。

・ 読解が苦手な子への支援・・・例えば、接続詞全てに○をさせることで、文章のつながりを意識したり、同じ言葉をマーキングしていくことで、文章のまとまりがわかりやすくなる。

【活用の部分について】

・ 説明文は、述べ方の学習。述べ方を学習し、それを使って説明できるようになる<説得の方法を使えるようになる>ようにさせる。

・ 文章構成図は、学んだ後にそれを使って作文ができるようなものであるべきだ。

・ 説明文を作り、それを4年生に伝えるという学習課題が効果的だ。

2009-11-28

11月ことば会

| 21:57

今日のことば会で、心に残ったキーワード2つ。

「数」・・・とにかく数をこなさせる。やったことの10%しか身につかない子でも、100やれば、10身につく。『学び合い』と言えど、これは同じ。


「めあて」・・・ある先生の4年生のお子さんのお話。「授業のめあてをはっきりと示してくれるから、来年は○○先生に受け持ってほしい。」

めあてって子どもにとって、重要なものなんだと痛感。

2009-08-26

8月ことば会での学び

| 08:44


・ プレゼンのよしあしによって、受け止められ方が違う。

→たとえその人がいいものをもっていたとしても、それを上手にプレゼンしないと伝わらない。

・ 子どもとともに、挑戦する気持ちが大切。

→研究授業を引き受けるときも、「ぼくたちの学びを学校に発信しよう!堺に発信しよう!全国に発信しよう!」と、みんなで取り組む。

・ 後5年たてば、職場の平均年齢がぐっと低くなる。

→いつまでも担任できると思っていたら間違いかもしれない・・・。でも教育委員会には絶対行かない。僕のいきる道は現場だ。(もちろん教育委員会の仕事は大切な仕事だけれど、ぼくの役割はそこではない)

bruce-sbruce-s2009/08/26 22:56 返信の封筒、届きました。ありがとうございました。従来指導型『学び合い』の手引きは、これから、始めるか迷っている人も、始めた人も、どちらにもためになりますよね。
 「たより」のことも、いっぱい評価してもらって、うれしかったです。kogapon7さんから、何事も継続が大切ということを学び、働きかけを続ける勇気をもらいました。

kogapon7kogapon72009/08/27 22:45bruce-sさん、汚い字だったのにお読みいただきありがとうございました。
また、アップしますね。

2009-08-22

8月ことば会資料

| 22:41

せっかく作って持っていったのに、資料を出せない自分・・・。

ああ情けなや。

僕からチャレンジをとったら何も残らないのに・・・。

明日からまた前向きに!



【従来指導的『学び合い』の授業の一般的な流れ】

① 最初の語り (『学び合い』の授業がなぜ大切かを語る)

1. 大人になって一番必要なのは、人と関わる力 それを身につけるのが『学び合い』・人と関わる力は、「困った人を助けるやさしさ」「友達と仲良くする力」「友達に自分の考えを説明する力」・先生が教えるだけの授業では、その力が身につきにくい。

2. 「絶対にみんなで高まること」勉強が得意な子も苦手な子も全員ができるようになることが大切。そのために全力を尽くしてください。

3. 「本気でわかること」なんとなく友達に教えてもらって、なんとなくわかっただけというのが一番困ります。本気でわかったどうか、もう一度問題を解いたり、友達に説明したりして確認してください。

② 今日の課題を提示

・ あいまいな課題ではなく、具体的にはっきり示す(達成したかどうかがわかりやすい方がいい)

・ 「みんなができるようになる」みんなを常に求める

③ 子ども同士で話し合いができる時間をとる。(短くてもよいが、毎日とること)

④ 授業の最後に今日の自分たちを振り返る

・ 全員が達成できたか

・ 全員達成のために自分は全力をつくしたか

2009-06-27

伝えるために大切なこと

| 22:27

本日、ことば会があった。

初参加の方もおられたので『学び合い』について説明することになったのだが、うまく説明できなかった。

一体何をどう伝えればうまくいくんだろう?


授業の様子をビデオで見ていただいた。

なぜか最後に拍手をいただいた。

子どもたちのがんばりを評価していただいたんだろうな。


自分へのメモ。

子どもたちのドラマを見つけ、伝えていくことが、重要。

ybhdv7ybhdv72009/06/28 09:01私もそろそろビデオを撮影しようと思っています。
子どもたちのドラマ…
こがぽんさんのように、目に見えていないところも感じる感性がほしいです。

kogapon7kogapon72009/06/28 21:54こにー、ありがとう。
目に見えていないところも感じる感性、僕にもほしいです。
お互いに磨いていきましょう!