こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2011-06-14

『学び合い』フォーラム参加します!

| 21:48

8月6日7日に東京である『学び合い』フォーラムの申し込みをしました。

西川先生のご講演も久しぶりに聴けるし、いろんな方の『学び合い』実践が聞けると思うと、今からとても楽しみです。

参加される方々、よろしくお願いします!!

jun24kawajun24kawa2011/06/14 22:08お待ちしています。あははは

kogapon7kogapon72011/06/15 22:07西川先生、ありがとうございます!

sumi-chansumi-chan2011/06/15 22:44まなびあイヌを貼ってくれてありがと〜!^^
こがぽんさんとお会いできるの、ほんと久しぶり。
楽しみにしてまーす☆

kogapon7kogapon72011/06/17 22:08sumichanさん、まなびあイヌめっちゃいいですね!気に入っています!夏にお会いしましょう!

2010-02-28

堺『学び合い』の会が終わりました!

| 22:21

来ていただいた皆様、ありがとうございました!


たくさん運営上の不手際があり、申し訳ございませんでした。

この反省を次回に活かします!


【学びメモ】

西川先生の講演より

・課題をシンプルにすると、自分に合ったオーダーメイドの学びができる。

・教師の仕事は、『なぜ学校に来て学ぶのか』『全員80点とることの意味』や『一人も見捨てないクラスの意義』を語ること

・算数と体育は全員達成が難しい。

・社会科は簡単。

国語科は、教師が涙を流すような子どもの姿が見られる、可能性のある教科。

国語科は子ども同士の意見がつながってない。言いっぱなしの『無関心ケース』が6割。理科は2割。

 経験に基づく会話は、理科の100分の1.

・言葉の獲得の順序は

 あふれるほど聞く ⇒ あふれるほど話す ⇒ あふれるほど読む 

 ⇒ あふれるほど話す

疑問

・『学び合い』に必要な教師の力量とは?

 教師としてどのように自己を磨いていけばいいのだろうか?


さて、明日からまた学校が始まります。

一歩一歩、進んでいきたいと思います。

「一人も見捨てない」ことを本気で追求します。

jun24kawajun24kawa2010/02/28 22:28宿題です。
学校を変えるためには、あと二人必要です。一人は、いましたよね。あと一人です。期待しています。

kogapon7kogapon72010/03/01 22:26西川先生、昨日は本当にありがとうございました!
宿題、僕にとってはなかなかのものですが、
学校全体というものを視野に入れてやっていきます!

2010-02-27

明日は堺市で『学び合い』の会です!

| 22:06

今は郡山におられる西川先生が、

明日は堺市に来られます。


僕も実践発表させていただきます。

拙い発表ですが、パワーポイントを本日作り上げました。

明日の朝に発表のシュミレーションをして、本番に臨みたいと思います。


定員は30名の会場ですが、いっぱいになりました。

明日来られる方がた、お待ちしています!



日時 2010年2月28日(日)  午後1:30~5:00



会場 堺市立東文化会館 講義室1

   (南海高野線北野田駅西隣「アミナス北野田」3F)



講師 上越教育大学教授  西川純 先生 



定員 30名



日程

13:00~受付

13:30~あいさつ

13:30~『学び合い』の概要説明 西川先生

14:00~実践報告1 岩崎先生

            「5年 国語 注文の多い料理店」

      実践報告2 古賀先生

            「5年 社会 私たちの生活と森林」

      

14:50~休憩

15:00~実践評価と講演 西川先生

16:30~16:50 質疑

16:50~16:55 お礼の言葉

17:00 終了




参加費 500円



その後、5時半~7時半まで西川先生を囲んで懇親会も行います。

(会費  5000円)

ぜひともご参加お待ちしています!

2010-02-20

大阪府堺市で『学び合い』研究会

| 00:31

来週の日曜日に西川純教授をお招きして、大阪府の堺市で『学び合い』の研究会を行います。

興味のある方は気軽に問い合わせてください!

先生方だけでなく、保護者の方や学生さん、一般の方も大歓迎です!




日時 2010年2月28日(日)  午後1:30~5:00


会場 堺市立東文化会館 講義室1

   (南海高野線北野田駅西隣「アミナス北野田」3F)


講師 上越教育大学教授  西川純 先生 


定員 30名


日程

13:00~受付

13:30~あいさつ

13:30~『学び合い』の概要説明 西川先生

14:00~実践報告1 岩崎先生

            「5年 国語 注文の多い料理店」

      実践報告2 古賀先生

            「5年 社会 私たちの生活と森林」

      

14:50~休憩

15:00~実践評価と講演 西川先生

16:30~16:50 質疑

16:50~16:55 お礼の言葉

17:00 終了


参加費 500円


その後、5時半~7時半まで西川先生を囲んで懇親会も行います。

(会費  5000円)

ぜひともご参加お待ちしています!

hideki55hideki552010/02/21 00:37はじめまして。いのっちです。次の内容の実践報告に興味があります。
実践報告1 岩崎先生
当日のレポートなど拝見することなど可能でしたら、お願いします。

kogapon7kogapon72010/02/21 21:41いのっちさん、はじめまして。
国語の『学び合い』は課題設定が難しいですよね。
まだ岩崎先生と連絡とっていないので、許可を得たらアップしたいと思います。

hideki55hideki552010/02/22 21:59kogapon7さん、こんばんは。いのっちです。
ぜひ、岩崎先生の許可がとれましたら、レポートを読ませてください。
ところで、岩崎先生も学び合いのブログをお持ちですか。もしお持ちでしたら、そちらでもお願いしたいと思っています。

kogapon7kogapon72010/02/23 23:23いのっちさんこんばんは。
岩崎先生はブログは持ってません。
最近『学び合い』に取り組み始めたという感じの方です。

2010-01-29

西宮浜小学校参観での学びメモ

| 22:06

・きっきょんさんクラスはぼくのあこがれ。

(ほとんど予習・学ぶことが楽しい子ども達・漢字テスト全員100点でみんなで喜ぶ姿に感動)

・ 学びは子どもたちがすること。教師がお膳立てしてわかりやすく教えることで、受け身になる子が増える。

・ 学びとは子ども達の内側からわき出るもの。

・ 本来学ぶことは楽しい。

・ 教師と子どものつながりがどんな実践でも大前提。

・ 教師がぶれない強さをもつこと。

・ みんなができることだけを求める。とことん求める。

・ 常に「みんなができること」を意識しているか?苦手な子にいつかかわるの?どこでかかわるの?あなたの助けを必要としている人がいるかもしれないよ。

・ 『学び合い』は自然。いたって自然。

・ 作文は、情報交換が大事。友達と話し合っているうちに、書きたいことができてくる。

・ 子どもの言葉「みんなで関わって勉強できるのは学校だけ。」

・ 学校は、「みんなが協力してできるようになるところ」(学校観)

・ 子どもたちは、有能である(子ども観)

・ 教師の仕事は環境整備と課題設定

・控えめな質疑応答の基本(質問に共感し、悩みを伝え・実践の意図をつたえる)

・ 全員本当にできたかを確認するために、くじびきを引いてランダムに当てて見るのも手。

・ 正解ばかりを求める授業には弊害がある。根拠に裏打ちされた多様な意見を認める重要性。

・ とにかく対話。何でも対話。ぼくがとにかく対話しよう。

・ 西川先生の講義は自分でもびっくりするくらい納得した。

・ 社会が嫌いな子が多い。理由:言葉の意味がわからない。

・ 調査で、子ども達の調査の半数以上は言葉の躓き。その中の7割が社会科用語じゃない。

・ 社会科の課題はずばり!

教科書○ページ~○ページの書いてあることをクラス全員でわかるようにする。 

+業者ドリルの活用   

・ 課題をひねればひねるほど、分らない子がでてくる ⇒ 実感!

学び合いで最も大切なことはずばり!

学び合い』は一人も見捨てない教育

そのために、シンプルな課題を出し、一人も絶対に見捨てない覚悟を持つこと

・ 2年前に『学び合い』に出会い、実践していく中で、どんどんひねりを入れて何がなんだかわからなくなり、最近ようやくセオリー通りに進めること・シンプルであることの大切が自分の腑に落ちてきた。2年か。長かった。自分の能力不足を嘆いても仕方ない。今日からまた、再スタートだ。

・ 子どもを信じる!子ども達を信じる!

・ 課題設定のところで評価の基準を子どもに明確に伝えること。これを忘れてはうまく学べない←これも実感!!

tomkicktomkick2010/01/31 23:00コガポンさん
先日は本当にありがとうございました。
みなさんが来て下さったことで,子どもたちはまた次のステージに行きそうな予感がしてきました。もっともっとを求めながら頑張りたいと思います。子どもたちが(笑)
また,いろいろと情報交流しながら進んでいきましょうね。次は,古賀さんの学校が『学び合い』研究をするのを待ってますよ~。

kogapon7kogapon72010/02/01 22:19きっきょんさん、こちらこそありがとうございました。
関西初の学校での『学び合い』研究会。
新たなスタートへの第一歩ですね。
うちの学校が『学び合い』研究ですか~。
今はなりゆきを見守ります!