西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/12/10(火)

[]今 21:11 今 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今 - 西川純のメモ 今 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教師ではないのかな。ぶっ飛びすぎて。

19/12/09(月)

[]嬉しい 21:24 嬉しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しい - 西川純のメモ 嬉しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内の誕生日だから、二人でお祝い。感謝。

19/12/08(日)

[]深い学び 22:17 深い学び - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 深い学び - 西川純のメモ 深い学び - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育にはみんなが使っているけど、無定義の言葉があります。例えば、「分かる」、「出来る」などもそうです。その最たるものは「深い学び」です。この言葉を使う人は、それがはっきりしていると思い込んでいますが、「では、それが深いか深くないかを第三者が判断する具体的方法を示してください」というと言えません。仮に言えたとしても、それはその人の趣味以上のものではありません。研究者の一人として断言します。たった一つの学会に限っても結構です。その学会の会員の大多数が一致する「深い学び」の操作的定義はありません。

 「深い学び」という言葉を見るたびに「言葉が踊っているな~」と思います。学習指導要領にも「深い学び」という言葉がありますが、あれは意味の無い言葉の遊びだと理解すべきです。つまり、学習指導要領の内容的な縛り以外は、教師を縛るためにあるのではなく、一人一人の教師の積極的な発想を促す言葉だと私は理解しています。だって、縛ろうにもだれも実態が分からないのですから、縛れないのは当然です。それでもその言葉があるとしたら、上記の理由だと思うのです。

 それ故、『学び合い』の授業に対して「深い学び」云々を言う人がいると苦笑します。おそらく、クラスの中の4、5人だけが理解し、発言し、その言葉がその業界の教師が好きな言葉であるとき「深い学び」と判断しているのだと思います。

[]浜松の会 19:46 浜松の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 浜松の会 - 西川純のメモ 浜松の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1月11日に浜松で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://ogym1.hamazo.tv/e8624652.html?fbclid=IwAR31soHvhlPRS-8k_cD6v6Zs9dK9FzVZUbn-q0cdd8oNdVzHYScd81pDJPY

[]久留米の会 15:02 久留米の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 久留米の会 - 西川純のメモ 久留米の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月21日に福岡県久留米市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/587222/

19/12/07(土)

[]広域通信制 21:58 広域通信制 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広域通信制 - 西川純のメモ 広域通信制 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内が取ってくれたNHK特集『NHKスペシャル 「ボクの自学ノート~7年間の小さな大冒険~」 20191204』を夕食を食べながら視聴しました。素晴らしい子どもです。同時に、本人と親御さんのお気持ちを察すると苦しい。心の中で「君は何も悪くない。今の教育にフィットしていないだけだよ」と叫びました。そして個別最適化できる広域通信制高校に進学したら、どれほど幸せになるだろうかと思いました。

 今書いている本には意義があり、急がねばならないと確信しました。

[]英語本 21:47 英語本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語本 - 西川純のメモ 英語本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 福坂昂大さん、Peter Underwoodさん、窪田麻記さん、高瀬浩之さんのご協力によって本日、『学び合い』ステップアップの英語版(https://amzn.to/2LxJJAT)の電子書籍がアマゾンにアップされました。1月以内にオンデマンド本もアップできると思います。現在、「週一で出来るアクティブ・ラーニングの始め方」(https://amzn.to/2RuiGdN)、「言葉がけ入門」(https://amzn.to/38dF0hy)の英語版がアップされています。そして、現在、「『学び合い』を成功させる教師の言葉がけ」、「『学び合い』の手引き ルーツ&考え方編」、「『学び合い』で「気になる子」のいるクラスがうまくいく!」が英訳進行中です。出来れば、「学力向上テクニック入門」、「見取り入門」、「課題作り入門」、「アクティブ・ラーニングの評価がわかる!」の英訳をご協力いただける方がおられたら連絡ください。

 英語本によって『学び合い』が世界に広がり、その外圧が日本を変えることを妄想します。少なくともALTの方に『学び合い』を理解してもらえると思います。そして、その方からも海外に広がって欲しい。

[]代案 06:09 代案 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 代案 - 西川純のメモ 代案 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 否定は簡単です。どんな提案にも弱いところがあります。だから、誰でも否定は出来ます。否定するならば、必ず代案を出すべきだと思います。そしてどちらがいいかを検討すべきです。代案無き否定は悪口に過ぎません。と思っています。

 ですので、一人一台のコンピュータ導入、構内LANの構築に対する私の代案。

1)スマホの利用を可能とする。ただし、可能とするのであって、強いない。使う、使わないは子ども・保護者の判断で、自己責任が原則。

2)上記を補完するため、クラスあたり1台のコンピュータ(カラープリンター、スキャナーにつながっている、ワード、一太郎、エクセル、パワーポイント付き)、デジカメ2台、タブレット型4台。おそらく、タブレットは4台も使わないでしょう。

3)携帯会社と低所得者家庭に関して安価に携帯契約を出来るような補助制度を設ける。

4)校内に強力な無線ルーターを設置する。こうすれば校内における無線利用料金が無料になる。

5)学校単位のウイルス対策ソフトの契約を結ぶ。

なお、授業は一斉指導型ではなく、『学び合い』のように主体的・対話的な授業であることが基本です。

以上です。おそらく、現行案より遙かに低予算で実現できる。

[]代案2 06:19 代案2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 代案2 - 西川純のメモ 代案2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 年単位の変形労働時間制の代案は地方公務員法の第58条の4を廃止する。こうすれば、地方公務員は人事委員会ではなく、労働基準局の監督下になります。そうすれば直ぐに変わります。ちなみに独立法人化した国立大学法人の附属学校は査察が入った後、直ぐにブラック軽減に変わりました。だって、超過勤務手当をとても払えないから。

 年単位の変形労働時間制と同様で国庫支出は不要です。そして、こっちの方が強力です。

追申 ただし、地方公務員法は改定しないでしょう。だって、地方公務員法は国家公務員法と対応しています。もし、該当部分を改定するならば国家公務員法16条を改訂しなければならない。そんなことはしないでしょう。だから、より可能性があるとしたら、教育委員会および公立学校職員を独立行政法人にすることです。現業を分離することは今の流れですから。

19/12/06(金)

[]何を書いているのか分からない 22:10 何を書いているのか分からない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何を書いているのか分からない - 西川純のメモ 何を書いているのか分からない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 妹尾さんが今回の給特法の改訂に関して詳細に説明されています。非常に正確な記載だと思います。が、全体を読んで「だから何?」と思います。(ごめんなさい)ものすごく短くまとめれば、「文部科学省が何を決めても、結局は決めるのは都道府県教育委員会です。そして変わらないでしょう。」と言いたいのだろうか?と思ってしまいます。分かる方、短く、教えてください。

 もし、ガイドラインを文部科学省が出すことによって都道府県教育委員会が影響されるならば、もう一回、「超勤4項目を守ってください」と通達すればいいだけのことで事足りるのに。

https://news.yahoo.co.jp/byline/senoomasatoshi/20191205-00153727/?fbclid=IwAR3Y89JkVx4jVVchXtzHLyE2LNZw7myD6uzAD_M-G9GWm8KR0EFUMbwzDHQ

追申 妹尾さんが誠実にこの問題に向き合っているし、人柄自体も誠実な方だと分かっているだけに、こんな個人特定される記事を書くことが心苦しい。ここで書いているのは、この記事に関してであって、妹尾さんに対して出ないことを明記します。

[]無用の長物 21:54 無用の長物 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無用の長物 - 西川純のメモ 無用の長物 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 なんか行政の方が苦労して実現したことに関して、いちいちダメ出ししている自分がなんとなく情けなくなるのですが、書きます。

 一人一台のコンピュータ導入の他に、有線・無線の構内情報通信網(LAN)の整備も進めるそうです。しかし、「構内」なのです。

 はたして構内専用のLANを整備して何をするのでしょうか?

 わかりやすく表現します。職員室内限定のLANを構築して、なんかいいことありますか?簡単な連絡だったら席を立って、相談すればいいだけのことです。ファイルのやりとりだって、月に何回必要ですか?それだけだったらUSBで十分じゃありませんか?

 構内LANで子どもや教師をつなごうとするならば、学校専用のソフトのお世話になることになります。それにお金をかけなければなりません。そして、その操作方法を学んでも汎用性はない。もし、インターネットにつなげたならば、高機能で汎用性のあるサービスを無料で使えるのに。

 そんなものに5000億円をかける価値があるのでしょうか?もう、ここまでいくと何で財務省がOKしたのか好奇心がわきます。

 もう一度書きます。職員室限定のLANを使います?その操作方法は、そのLAN専用なんですよ。

 だれか教えてください。 

[]痛々しい 06:48 痛々しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 痛々しい - 西川純のメモ 痛々しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ニュースでの萩生田文部科学大臣の姿を見ていると痛々しく感じます。私だったら、「それを承知で制度設計したのに、背中から弾が来るなんて」と思っていると思います。そして文部科学省の官僚に「どうなっているんだ!」と思っているのでしょう。

 何度も書きますが、「公平より公正」という今回の入試改革は「多様性」と一対なのです。ところが、工業化社会の文部科学省は脱工業化社会のコードである多様性を受け入れられなかった。

 大学ごとの個別最適化が進んでいるアメリカの入試方法が参考になります。

 日本におけるセンター入試に対応するSATACTは大学入試センターとは違い、それ専業の非営利法人が運営しています。つまり、営利として成り立つシステムを外部からゴチャゴチャ言われないのです。

 逆に言えば、記述式部分の公平性・妥当性は非営利法人が責任を持ちます。それらを利用するしないは各大学が判断します。つまり、公平性・妥当性を行政は問われないのです。

 もう一つの違いがあります。

 アメリカの大学の場合、共通テストは足きり程度の意味しかありません。むしろ大学ごとがアドミッションポリシーにもとづき徹底的に、その大学にとっての公正な入試を行います。

 一方、日本の多くの大学は共通テストの比重が高い。

 本当は公正な入試を実現しようとするならば、各大学ごとに個性的で多様な入試方法を実現すべきなのです。ところが、文部科学省はそれを認められない。ここでも公正であるより、公平であることを各大学に求めます。

 ようは丸抱えするという考えを捨てるべきなのです。ま、出来ないでしょうね。

[]安心して受験できる 06:48 安心して受験できる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 安心して受験できる - 西川純のメモ 安心して受験できる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ニュースを見ていると、みんなが「受験生が安心して受験できる公平な入試」という言葉を発します。気持ちはわかりますが、苦笑します。

 例えば、トヨタの入社試験の受験生が「受験生が安心して受験できる公平な入試」を求めたらどう思いますか?さらに、それに対して行政が口出ししたらどう思いますか?噴飯物ですよね。

 どこが違うか、大学入試は受験生の都合で考えているのです。企業の採用試験は当然、その企業の都合なのです。

 アメリカの大学の入試では、企業と同じに、自分たちにとって都合の良い人を採用するのです。

 この考え方が日本とアメリカとの大きな違いです。公正な入試を実現しようとするならば、この意識改革が大事なのです。公正な大学入試においては「安心」は無縁です。大学の求めるものにどこまでもついていくのです。いやだったら、自分を求める大学を受験すればいいのです。当然、大学の序列も多次元になります。