西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/11/25(土)

[]昔から 05:58 昔から - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昔から - 西川純のメモ 昔から - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々の『学び合い』というアクティブ・ラーニングは言語という高度のコミュニケーション手段を持った群れる生物が、数百万年の生存競争の中で洗練したものです。意外かもしれませんが、人類の歴史の中で一斉指導が制度化したのは、近代学校制度が成立した200年弱だけです。それ以外の数百万年は『学び合い』で人類は過ごしていました。人類の歴史の中で一斉指導が成立したのも必然がありました。そしてそれが廃れていくのにも必然があると考えています。

 ほ乳類一般は、本能の他に学習によって生きるすべを獲得しています。猿人の時代から、人類はその学習に依存する割合の高い生物です。その学習は組織的なものではなく、血縁者を中心とした小さいコミュニティの中で、仕事に参加する中で学んでいました。それらは中世では徒弟制度と言われました 。ところが近世になるに従って身分制度が崩壊します。それによって農夫の子は農夫になるとは限らず、商人の子は商人の子になるとは限りません。米を作る農夫になるための知識・技能、織物商人なるための知識・技能は限られています。だから徒弟制度にでも伝えられます。しかし、あらゆる職業になるための大人を育てるには、あらゆる職業に必要となる知識・技能を教え、学ばなければなりません。そして、それらの共通の知識・技能を抽出すれば、個々の具体的な仕事・作業から離れていきます。その結果として成立したのは、職場とは別個の組織的な学習の場である学校です。

 当時の本は高価でした。コピー機もありません。学校で教える知識・技能を持っている人は、高学歴の一部の人だけです。つまり、教師からしか知識・技能を得ることはできません。一人の教師を雇うには予算がかかります。義務教育制度を維持することと、予算とのかねあいがあります。一人の教師が数十人の子どもを教えるとしたら、一斉指導しか方法が無かったのです。

板書というのも、書籍が高かったことからの便法なのです。当時の書籍は高価でした。かつて緒方洪庵の適々斎塾では一冊の辞書である「ズーフ・ハルマ」を、「ズーフ部屋」と言われる部屋で3、4人が写して利用していました。当時は、それしか方法が無かった。しかし、数十人の子どもに一斉に授業する形態では、そのような写本は出来ません。そのため、教師がそれを持ち、板書します。子どもはそれを手で写すのです。簡単に言えば、写経、写本のようなものです。板書は高邁な教育理論や理念によって成立した教育法では無く、一人の教師が多数の子どもを教えるという一斉指導は当時の時代の必然です。現在、板書に語られる意義は、成立の経緯を忘れた人の後付けの理屈だと思います。

 つまり、教師の発問や板書が中心となる現在の授業は、明治当初の異常な状態に対応するための、異常な教育なのです。それは人類の数百万年を超える歴史の中で二百年弱しか無かったものです。そして、現在においても学校以外の教育の場(例えば職場)では『学び合い』で行われています。そして、学校においても部活指導は『学び合い』で行われています。少なくとも、安易にメンバーを切り捨てない職場や部活で、一定以上の成績を上げている職場や部活は『学び合い』で行われています。

 だから、私は経営学の本を読みます。例えば、ドラッカー、センゲ、コリンズなどは、まさに『学び合い』というアクティブ・ラーニングです。私が一番参考にするのは、実証的データを大事にするリッカートです。

 それ故、アンテナの高い経営者や経営団体から講演を頼まれます。

17/11/24(金)

[]続ける 21:31 続ける - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 続ける - 西川純のメモ 続ける - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はこの二十年間弱、一貫して情報発信しています。なぜなら、その情報発信が絶対に必要であると確信しているからです。何故、続けられるか?仲間の発信を発信してるからです。これだった、誰でも続けられます。

 子どものため、自分のため。

17/11/21(火)

[]毎日 21:25 毎日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 毎日 - 西川純のメモ 毎日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日も講演です。語る願いは同じです。伝われ、と念じます。大多数の人は伝わりません。でも、伝わる人はいます。誰かは分かりません。だから、繰りえします。

17/11/20(月)

[]願い 21:25 願い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 願い - 西川純のメモ 願い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員養成系大学の教員として、私は良い授業させたいのではありません。子ども全員を一生涯不幸にさせない授業をさせたい。ま、分かる人に伝えます。

 みんなを喜ばす手法は分かっています。それを使えば、眠る人はいない。でも、上記の願いが強くなれば強くなるほど、馬鹿馬鹿しくなる。難儀です。

17/11/19(日)

[]脱工業化社会 21:09 脱工業化社会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱工業化社会 - 西川純のメモ 脱工業化社会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネット動画の授業の未来は、カオスです。工業化社会の論理ではカオスなのです。が、動的平衡こそ、次の世代の論理です。これから大量退職の時代です。退職者の一部はユーチューブが分かります。あはははは。おもしろいな。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/374414/

 つまり、一斉指導を守りたい人が、一斉指導の破壊者になる。本人の意図とは別に。それが起こるのが時代の変化なのです。

[]超進学フリースクール 16:22 超進学フリースクール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 超進学フリースクール - 西川純のメモ 超進学フリースクール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 トップ大学に合格するにはアクティブ・ラーニングによる授業を高校で受ける必要があります。しかし、公立高校は対応しません。というのも、トップ大学に進学する高校はほんの一握りで、高校教師はその中を異動しているのです。トップ大学に進学する高校の教師も、8年ぐらいで異動します。だから、いまさら変わることの動機付けがないのです。結果として、私立学校の一人勝ちになるでしょう。

 さて、そうなったらどうなるでしょうか?地方にはトップ大学に進学を見込める私立高校はないところはあります。そんな地域の子どもや保護者はどうすると思いますか?

 高校を見捨てるのです。フリースクールに集まって、子ども達はネット動画に基づき受験勉強をするのです。そして大学入学資格試験を受けて、大学入試を受けるのです。学習指導要領の縛りの縛りから離れ、受験勉強に集中します。かなりの結果が期待出来ます。

 さて、これの成功例がマスコミに紹介されたら、どうなると思いますか?保護者も子どもも、高校を大学入試のためと思っている人は少なくありません。そうならったら・・・

 ありえる未来です。

 実は、今、息子は私の仕事をしている脇で勉強をしています。非常に効率がいい。だから、思いつくのです。もし、これに『学び合い』の関係性があれば・・・。『学び合い』の塾をつくりたいと思う人がいます。もう一歩、進んでもいいのではないかと思います。学校教育の補完ではなく、学校教育の代わりになる。私が思っていることです。

toukonyukitoukonyuki2017/11/21 17:12「学校教育の補完ではなく、代わりになる塾」
やってみたいかも…。「『学び合い』で勉強できる塾」までは想像したことありましたが、「代わりになる塾」までは想像できませんでした。