西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/28(月)

[]文部科学省 20:38 文部科学省 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 文部科学省 - 西川純のメモ 文部科学省 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の大学院の指導教官は文部省の教科調査官でした。大好きでしたし、心から尊敬する方です。その方から、文部省の本省の方々の日常を教えてもらえました。身を削って日本の教育を守ろうとしています。それは今もです。特に、財政の厳しい今、必死に守ってくれます。

 が、今回の給特法の改定で「?」と思いました。結局、財務省と同じ次元にいたのですね。お金計算だけ。実態を無視して、数字だけの計算をしている。

 もちろん、そうでない方が少なくないことを知っています。しかし、「文部科学省」という組織は、財務省と同じ次元にいる。本当だったら、現場の実態はこれこれと語り、政治家と折衝してくれる組織であってほしい。担ぐ政治家が、現場の実態から離れ、財務省と同じ次元にいるとは・・・・。

追伸 文部科学省関係者に読んでほしいな。財務省と同じ次元で財務省に勝てますか?

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=__C8UTDaosY&fbclid=IwAR2g2cP2baQz3kWiQlV7wX7DW1CrVhnjFx_d90ensJxJTh3kYVp4IyjvIdI&app=desktop

19/10/12(土)

[]人事 07:00 人事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人事 - 西川純のメモ 人事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員のイジメ問題より、校長の人事権を制限する方針だそうです(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000014-kobenext-soci&fbclid=IwAR0NzL8g1BXKIPfv0Dx5ny0YYT1UD7sMI4W4OU0QGGO4hSTeHQYSUxw7BF4)。しかし私は、校長から人事権を取り上げる決定には反対です。もちろん、教諭の希望が尊重されることが前提ですが。今回の問題は、人事制度の問題とは思いません。司法が関わることを嫌がる文化の問題だと思います。保護者との関係も同じですが、司法で黒白を定める文化に移行すべきです。なんで、傷害事件が「いじめ」に矮小化するのか?ニュースでも「いじめ」ではなく傷害とすべきだと思います。

 私は校長に大幅な権限を与えるべきと考えます。そして、それに見合った評価を受けるのです。今から8年前に書いたことです。(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20111230/1325229840

 なんども書きましたが、「個性化」「総合化」「非同時化」「分散化」「適正規模化」「地方分権化」が脱工業化社会のコードであり、工業化社会のコードは「規格化」「分業化」「同時化」「集中化」「極大化」「中央集権化」なのです。地方分権化に移行すべきです。

追伸 工業化社会の人は、上記を書くと「質保証」と言い出します。公的な広域通信制を設ければいいだけのことです。子どもと保護者に選択権を与えるのです。

19/09/24(火)

[]無理だろうな 21:09 無理だろうな - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無理だろうな - 西川純のメモ 無理だろうな - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のネットワークから複数の情報として給特法の改革がなされることは知っていました。

 ある方が今後の教育に誠実に語られてた。信じたい。でも、無理だろうなと思う。

 工業化社会の仕組みでなんとかしても解決できない。結果として、わかった高校生、大学生が教職を選ばない。

 わかった小中高の子どもが学校教育を選ばない。

 その人たちは我が身を守るために、オルタナティブの選択肢を選びます。

19/09/05(木)

[]困ったな 08:49 困ったな - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 困ったな - 西川純のメモ 困ったな - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員採用者の奨学金免除は教員養成系大学の教員としては喜ばしい。しかし、思う存分に時間外労働が可能となる年単位の調整とミットだったら、プラマイ、マイナスだな。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190904/k10012063121000.html?fbclid=IwAR2794dW1QCyq8-dEbiodzqFEDw5OWtOzCZHHxa2mp80Uh-k9ZiuusuP2Vw

 年単位の調整が可能になれば、「夏休みにまとまって休めるから、その分、それ以外は部活指導は勤務時間内だよ」となります。でも、部活の顧問を断れない今の環境の中で、夏休みにまとまった休みを取れるわけありません。さらに言えば、2ヶ月は休みだから、10ヶ月は過労死レベルの勤務もOKで、過労死にならないと思っているのでしょうか?

 姑息だな。そんな仕組み、高校生、大学生は見破りますよ。

19/08/22(木)

[]ドタバタ 16:50 ドタバタ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ドタバタ - 西川純のメモ ドタバタ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、ドタバタしました。本当は新幹線で会場の大宮に行く予定が、大雨のため新幹線が運休。急遽、自動車で移動。1時間前に滑り込む。

 講演では映像が使えず、急遽別な話にしました。

 が、心を込めて語りました。