西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/11/06(水)

[]レッドカード 21:26 レッドカード - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - レッドカード - 西川純のメモ レッドカード - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ようは何も出来ないということがはっきりしました。高大接続プランで何が出来たか、それは「センター入試」を「大学入学共通テ試験」と名前を変えただけ。

 教育再生実行会議の人はどう思うかな。

 日本の経済発展を支えたのは文部科学省だと思っています。そして、文部科学省に勤めようとする人の志と、能力は変わりません。ただし、これからの社会はどうあるべきか、特に規格化の脱却を組織できない。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51833850V01C19A1CC1000/?fbclid=IwAR3w9lkmDNruD6SVtC_bB5t9HCWsq9I7NTdFwD4LRTNFh5HoQ-Vj2oH6O8k

[]AI時代の語学力 17:47 AI時代の語学力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - AI時代の語学力 - 西川純のメモ AI時代の語学力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々日本人は日本語を流ちょうに使えます。で、みんな社会的に成功できますか?

 今後、AIはもっと発達するでしょう。小型自動翻訳機(例えば、喋るとそれが直ぐに翻訳される)の性能が向上し、実用的に使える時代は来るでしょう。今だって、そこそこなら使えます。

 では、今後、AI時代に必要となる語学力は何でしょうか?

 英語の専門家の中で一致した見解は無いようです。では、どうしたらいいか?子ども達に便利な機械を自由に使わせてみることです。そうすれば分かります。ちなみに『学び合い』研究から予想できる結果はあります。それは、全員が英語の達人になる必要はなく、殆どの人は英語が分からなくても生きられるでしょう。能力の高い人が一部いて、その人に繋がればいい。そこで必要なのは語学ではありません。誰と繋がればいいかを判断でき、繋がりたいと思わせる行動が出来るかです。

 英語の専門家は上記を絶対に認めないでしょう。だって、自分の売りにしているものに価値が無いことを認めなければならないからです。