西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/11/30(土)

[]働き方改革 18:07 働き方改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 働き方改革 - 西川純のメモ 働き方改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教師がブラック残業から賢く身を守る方法(https://amzn.to/2Y8urb6)に書きましたが、ようは早く帰ればいいのです。法的には何ら問題はないし、誰も強いられないのです。繰り返しますが、ようは早く帰ればいいだけのことです。https://note.com/kawahii/n/n25757b9672b8?fbclid=IwAR2xrlYhb0C-Z1RA6nPTT9asnSF_EjzpVffEeKcszR6vI34G4Bg5XmxcTWg

[]越後『学び合い』の会 08:48 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2011年に3つの観を整理して(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20110403/1301787725)、2012年に『学び合い』を新たに再定義しました(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20120202)。その中で授業観の重要性は私の中で低下しています。2014年以降は授業観に関して発信していません。

 授業観とは「教師の仕事は、目標の設定、評価、環境の整備で、教授(子どもから見れば学習)は子どもに任せるべきだ」というものです。今の私は目標の設定も、評価も、環境の整備も子どもが出来ると思っています。だから、発信していません。

 何故、そう思っているかと言えば、西川ゼミではそれが成り立っており、その姿を日々楽しんでいるからです。

 本日の午後、越後『学び合い』の会が上越教育大学で開かれます。ただし、私は講演をしますが主催者ではありません。主催者はゼミ生です。私はギャラを出すことを求めましたが、拒否されました。あはははは

 私はゼミの目標を「自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する」と定めました。ま、簡単に言えば、「日本を変えろ」という漠然としたものです。ゼミ生は一人一人が様々な目標を定め、評価し、環境の整備をしています。ゼミとしては様々な活動をしていますが、その一つが越後『学び合い』の会の開催です。ゼミで具体的な目標を設定し、ゼミで評価し、ゼミで環境の整備をしています。その途中過程に私は一切関わらないし、知りません。

 そもそも教育は子どもを大人にすることです。大人にするには、大人として扱うべきです。大人が自ら目標設定し、評価し、環境の整備をするべきなのですから、西川ゼミの姿は当然の帰結です。

 是非、『学び合い』の最先端の姿を、自慢のゼミ生の姿を通してご覧下さい。

追伸 教師としてすべきことの最終的に残ることは、学校観、子ども観、願いに一致する生きざまを見せることだと思います。つまり、言っていることとやっていることが一致していることを見せることです。そして、相談事があったとき、年長者として耳を傾けることだと思います。なんて、シンプルなんだろう。

19/11/29(金)

[]愛知・名古屋の会 15:05 愛知・名古屋の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛知・名古屋の会 - 西川純のメモ 愛知・名古屋の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月14日に名古屋で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/585950/?fbclid=IwAR0__wXQYTCEeRzqptHwQ6z35o_Ki0qNZCemHxpDsWg2TewsRi2s04IvNo8

[]アンクル・トムの小屋 07:00 アンクル・トムの小屋 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アンクル・トムの小屋 - 西川純のメモ アンクル・トムの小屋 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「アンクル・トムの小屋」は奴隷解放の意識を高めた本だと知られています。昨日、ゼミ生と現状を打破する本を書こうということで一致しました。言い過ぎかもしれませんが、革命の書です。出来るかどうか分かりませんが、とりあえず書き始めます。

[]崩壊の過程 06:50 崩壊の過程 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 崩壊の過程 - 西川純のメモ 崩壊の過程 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 生態系的な崩壊は一瞬では起こりません。長い時間をかけて起こります。そして、絶滅することはなく、形を変えて残ります。

 恐竜の絶滅だって、一瞬に起こったわけではありません。気候変動があり、植物相の変化があり、そして動物相の変化が起こります。地球には極北から熱帯の広がりがあります。気候変動の影響も様々です。数百万年のスパンで絶滅しました。そして、その末裔は鳥類として残っています。その過程で細々と生きていた小型の哺乳類が食物連鎖の頂点に登ったのです。

 日本人の給与が上がり価格競争で日本が勝てなくなるという気候変動があり、非正規雇用と離職の増加という植物相の変化があり、保護者・子どもが求める学校が変化するという動物相の変化が起こっています。もう、その過程は30年以上前から起こっていることなのです。そしてこれから数十年かけて進行するでしょう。

 ただし、潮目はあります。それは多くの人がそれを意識する、言語化する時期です。ムーアはそれをキャズムと表現しています。

 既に従来型教育の補完的な存在でない広域通信制という次世代の哺乳類がいます。公教育の主流にいる教師や行政は歯牙にもかけないでしょう。でも、最近、ちょっと怖くなったみたいです。だから、規制をかけようとしています。ま、いいです。

 物事を決めるのは当事者ではなく大多数の人なのです。つまり、子どもと保護者です。

 ちょっと考えてみてください。

 今の普通科高校が、子どもたちの就業を保証できますか?

 年単位の変形労働時間制を持ち出している行政に働き方改革が出来ると思いますか?結果として教員志望者の低下が収まると思いますか?あと一人、途中退職者が出たら勤務校はどうなりますか?

 公立学校から私立学校に優秀な教師が異動しませんか?

広域通信制高校が大量に教員採用をして、それに応募する現職教員は身近にいませんか?

 子どもが少なくなり、地元の学校が閉鎖されたら、子どもが通学できる学校はありますか?

 枚挙していたらきりがない。

 教師の方にお伺いします。上記を踏まえて、皆さんが退職するまで、今の状態を維持できますか?

 クリステンセンの述べているように、巨大組織は改良は出来ても改革は出来ないのです。5年後には文鎮化するにきまっている一人一台のコンピュータ導入ぐらいしか考えられないのです。まあ、電子黒板に比べれば5年後の処分は楽だろうと思いますが。結局、規格化という工業化社会のコードから逃れられないのです。

 さて、これからの過程はどれぐらいで進むと思いますか?来年に完結するとは思いませんよね。でも、皆さんの退職まで逃げ切れるとは思いませんよね。つまり、1年から40年のどこかなのです。そして、それ以降もラガート用に現在の公教育の亜種は残るでしょう。

 さて、何年後だと思いますか?

19/11/28(木)

[]公立校 21:22 公立校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公立校 - 西川純のメモ 公立校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 公立高校の定員割れが報道された。ま、そうだね。ようは、どうするか?分かっていますが、変えません。クリステンセンの言っているように。早く、崩壊させたら、ある線を越えたら日本の優秀な官僚が解決してくれる。

 『学び合い』の実践者の皆さん、今、何もしなくてもいいです。崩壊したら。頼るのは、皆さんです。

追申 ネットで情報を収集すると瓦解の音ははっきり聞こえます。

19/11/27(水)

[]凡夫の生き残り策 09:14 凡夫の生き残り策 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 凡夫の生き残り策 - 西川純のメモ 凡夫の生き残り策 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 星新一は数多くのショートショートを創りました。その一つ一つが斬新な発想です。彼がどのようにしてその発想をえたかは知られています。箱の中に話題となっているキーワードを数多く入れます。その中から3つを選び出し、それを含んだ話しを創り上げるのです。一つ一つのキーワードはよく知られていますが、異質なものと組み合わせるとき、斬新な切り口が見えるのです。

 この手法は落語に古くからあります。三題噺です。客席から「人の名前」「品物」「場所」のお題を出してもらい、それを組み合わせた噺を即興で創り上げるのです。名作の芝浜、鰍沢が有名です。

 人件費の十分に上がった同一規格の製品、サービスを安価に大量に生産するという工業化社会から、高価でオリジナルなサービス・製品を少数生産する脱工業化社会に移行します。移行できない人は、AIやロボットを利用するほどの旨味のないサービス、製品の生産に携わります。結果として低賃金になります。そして、AIやロボットが安価になるに従って、賃金は安くなります。

 高価でオリジナルなサービス・製品を少数生産するには、自身がオンリーワンの存在にならなければならないのです。その際重要なのは、自身も持っている能力の高さではなく、希少性です。例えば、フィールズ賞を狙える超天才であったとしても、ヒルベルト問題などの問題を解決しようとするなら超天才達と闘わなければならないのです。そして勝者はたった一人です。最悪、ヒルベルト問題に生涯を費やしたが、他者に解決された場合、その超天才の能力は価値0になってしまうのです。簡単に言えば、芸能界みたいなものです。

 超天才でも厳しいのですから、凡夫が足を突っ込んでは絶対にダメなところです。

 では、凡夫はどうやってオンリーワンになるか?それは自身の業界では使われていない何かを組み合わせることによってです。

 私は150を超える査読付き学会誌論文の業績があります。教育学系の研究者の平均の10倍ぐらいの業績だと思います。しかし、私は天才ではありません。どうやったかといえば組み合わせです。

 私が研究の世界に入った頃の教育学研究の世界は、教育史、比較教育のように人文系の研究が主流でした。結果としてコンピュータの強い人は殆どいません。一方、私は学部で生物物理学を専攻していたのでコンピュータに対する親和性は高かった。そこで、大型コンピュータ、パソコンをフルに活用し論文を書きまくりました。なにしろ、その当時は統計分析している研究が殆ど無かった時代です。その中で私は林の数量化理論第4類を駆使しました。おそらく、学会誌の査読者の中でそれを理解出来た人はいなかったと思いますが、統計分析が必要であることは理解していたのでアクセプトされました。

 その後、私は認知心理学と組み合わせた研究で業績を積み上げました。当時の教育学ではせいぜい1950年代のピアジェレベルの心理学しか参照していなかったのですから、1970年代以降に勃興した認知心理学は斬新でした。

 その後、統制実験のくびきを離れることによって、『学び合い』研究にシフトしました。現在は経営学を参照しています。

 私は「異質なものを組み合わせれば凡夫でもオンリーワンになれる」証拠だと、不遜ながら思います。

 だから、規格化し、同時化している今の教育で非正規雇用者が量産され、量産され続けていること危機感を持っています。学習指導要領で規格化している教育ではSociety5.0を生き抜ける日本人を育てられません。生き残るためには人と違ったことを組み合わせることです。それも本人がその能力を持っていなくてもいいのです。異質な業界の人と繋がっていればいいのです。https://amzn.to/2KWrcxP

19/11/26(火)

[]幸不幸 22:05 幸不幸 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸不幸 - 西川純のメモ 幸不幸 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前、聞いたことです。

 収入が1で支出は1.1は不幸、0.9は幸福。

 つまり、収入で幸不幸が決まるのではなく、己が望んでいることと、実態との関係だと言うことです。

 還暦を迎え、収支を考えます。

 これまでは多くを望み、そのためにもがきました。でも、ソフトランディングして、フェードアウトすることを考えなければ。ただし、フェードアウトした後でも「家族仲良く健康で」をなりたつようにする準備をしなければ。

追申 若い方は意味不明ですね。でも、数十年後に分かりますよ。ふぉふぉふぉ

[]国際化 21:32 国際化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 国際化 - 西川純のメモ 国際化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 英語教育重視の流れに対して私は懐疑的です。その理由を説明します。

 これは2013年に書いたことの一部です(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20130414)。

 

『プラトン研究の第一人者である田中美知太郎が、ある人からプラトンを学ぶためにはギリシャ語を学ぶべきか?と問われました。ギリシャ語、それも古いギリシャ語まで堪能な田中はそれを勧めませんでした。彼は、一つの言葉を学ぶには一生かかることだから、それ自体が主目的でない限り、それはすべきではないと言ったのです。当然のことです。人間に与えられた時間も能力も有限です。あることに費やせば、その他のものがおろそかになります。全ての人が英会話が堪能な人になるためには、商品開発がおろそかになります。もちろん、そもそも商品開発はせずに、他国から商品を扱うだけの会社だったら大丈夫でしょう。でも、その商品を日本で売りさばくとしたら、相手は日本人です。だったら、英語に堪能な人より、津軽弁や茨城弁に堪能な人の方が良いのかも知れません。

 

 そもそも、英会話が盛んな国は以下のような国です。

 

1) もともと文字の言葉を持たないか、また、部族語との言語が乱立しているかで、英語以外の統一の言語を持てなかった国。

 

2) 国内の学術・技術が未成熟で、海外の文献しか学べない国。

 

3) 国内経済が脆弱で、国民の殆どが海外との取引を直接行わなければならない国。具体的に言えば、外国人相手に路上でものを売る人があふれているような国です。

 

 幸い、現在の日本はいずれでもないと思います。』

 

 何度も書きましたが、工場をモデルとしている工業化社会のコードは分業化です。一方、脱工業化社会のコードは総合化です。これから言えば、英語も出来る人が有利だと思います。が、それは個人を単位に考えればです。能力を集団のレベルに考えれば違います。一人一人がとんがって、英語に堪能の人とつながればいいのです。

 もう一つあります。

 私は日本中の教師とつながっています。私の業績のかなりの部分はその方々の協力によって成り立っています。しかし、私からその方々につながろうとしたことはありません。例えば、フェイスブックに関して、私から友達申請をしたのは、私の記憶の中で一人だけです。その方に関しては、私のゼミOBから強く求められたのでしたのです。基本的に、私は申請があった人とつながっています。その他の関係も、すべて同じです。私から求めたことはありません。でも、私は最も多くの現場教師とつながっている大学教師だと思っています。ようは、多くの人から価値あるものと思われるものを発信するならば、私に合わせてコミュニケーションをしてくれます。

追申 AIが発達する今後の社会において、海外の人との繋がりで大事なのは語学とは思いません。人として信頼されることだと思います。結局、日本人同士と同じなのです。

追申2 日本の企業、大学が地盤沈下する中、海外に活路を見いだす人材にとって英語は必須アイテムであると思います。ただし、私の思考は常に「一人も見捨てず」です。私の思考の対象は大多数の日本人です。

19/11/25(月)

[]幸せ 21:18 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教師になってから、ずっと子どもの幸せを願った。でも、私の心は正しくないのかもしれない。伝えるべき子どもに伝わらないならば、それは私が悪い。私の心を何度も問い直す。でも、見えない。ま、5年後は家内の心にどう映るかを考えればいいのだから。

19/11/24(日)

[]スマホ 19:51 スマホ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スマホ - 西川純のメモ スマホ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、電子決済系のアプリを使い始めました。ラインを使い始めました。そして、本日、メルカリデビューです。ゼミ生につきっきりになってもらい2時間ほどで設定が出来ました。

 最近、感じるのは、これからの一般人にとってスマホが基本でコンピュータの位置はとても低いということです。同じサービスがあるとき、スマホとコンピュータを比べると、前者が本流で、後者が亜流であることが明らかにです。

 プログラム学習をコンピュータでやるべきなのだろうか?と思います。

19/11/22(金)

[]奥義 22:33 奥義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奥義 - 西川純のメモ 奥義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 なんとなく分かりました、『学び合い』の奥義とは、自分の生き様を子どもにさらけ出すこと。それが『学び合い』の学校観、子供観、願いに一致しているならばリードする子どもは動く。

[]次の一手 22:18 次の一手 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次の一手 - 西川純のメモ 次の一手 - 西川純のメモ のブックマークコメント

お伺いします。想定する予算でビジネスモデルが成り立つと思ったのですか?

ベネッセさんはアウトで無いところで収益を保証するために色々考えたと思います。グレーもアウトと言うならば、それだけの予算をつけるしかありません。それだけの予算をつけたらグレーはしないはずです。

なんかクレーマーの保護者の言い分に近いなと思います。それをすればクレームを言う側を、そういう人だと思います。大臣は数年で替わります。が、文部科学省の役人は替わりません。その人たちは、どうやってこの問題を乗り越えるのだろう。

すみません。これだけ、地雷を踏み続けると、この先が興味深い。

出口は各大学の自主性しかないですね。

しかし、一連の流れの中で、文部科学省は何も改革は出来ないということが明らかになりました。

ということは分かります。私が分からないのは教育再生実行会議の人たちが納得する次の一手です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000071-asahi-soci&fbclid=IwAR3ghIA5eI6edafSoKgtjkIXS99M0HvoeYi_aSYBPupZHoqyCPcq8y1Cl-E

[]願うこと 21:58 願うこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 願うこと - 西川純のメモ 願うこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 若かりし頃、学術研究に燃えました。その頃は、卒業研究が一流の学会誌に掲載されました。しかし、簡単です。学術研究のノウハウを分かった私が、道筋をつけてチェックすればそりゃ出来ます。私は学術論文の書き方を熟知していますから。

 しかしゼミ生は研究者になりたいわけではありません。だから、徐々に彼らの問題解決のテーマを、そのゼミ生の望むことにしたいと思いました。だから、「何をやりたいの?」とずっと問いかけます。これってきついかもしれません。でも、学術研究の成果をしあげることより大事だと思います。

 学術研究の業績を上げたいと願えば、それを達成させたい。本を書きたいと言えば、それを達成させたい。私はありとあらゆる方面で業績があります。ノウハウがあります。が、私が願うのは、ゼミ生の幸せです。だから、私の生き様を「おっさん」レベルで伝えます。それが、一番大事だと思います。

[]幸せ 21:32 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 帰り際、ゼミ生とばったり会いました。ゼミ生から「一緒に夕飯食べましょう」と言われたが、「馬鹿野郎、かあちゃんと一緒に食べる」と満面の笑顔で応えました。

 本日はボージョレーヌーボーの解禁の一日後です。昨日は飲み会だったので我慢してくれた家内と飲みました。それに合わせての料理。どう考えても、家呑みがいい。

追申 私の姿を通して、伝えたいものがあります。

19/11/20(水)

[]処世術 22:17 処世術 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 処世術 - 西川純のメモ 処世術 - 西川純のメモ のブックマークコメント

私はいままでの生涯において、関わった人の否定はしません。否定すべき人も、しません。それが我が身を守る術だと知っています。

補足します。

個人特定できる否定はしません。

個人特定される可能性がある場合は、人格否定をしません。

[]信義 22:14 信義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信義 - 西川純のメモ 信義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

ベネッセの人の気持ちを思います。

無理難題を言われ、最善を尽くし。文句を言われる。

信義の問題です。

今を生き残ろうとして、中長期のつながりを切る。

長く生きようとすれば、守るべきは守る。

少なくとも、押しつけてはだめ。

だって、少し考えれば無理なことは分かってたでしょ。

無理じゃなかったら、外注しないから。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000071-asahi-soci&fbclid=IwAR2WhyKaqNkWAvfhCjHzQE027yqyEdiRd70AEyGe9wrXDChBh182CPCkpRw

[]幸せ 21:25 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内と結婚し、子どもを授かったとき、幸せは「家族仲良く健康で」であることを確信しまた。それから二十年以上たった今、思います。幸せは、家内と食事して、晩酌して、寝ることです。なんと単純だ。でも、これって分からない人が多いですね。分かっている私は幸せです。

[]普通の人のイノベーション 15:46 普通の人のイノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通の人のイノベーション - 西川純のメモ 普通の人のイノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

教育改革には目新しい技術革新は不要です。コモディティ化した技術で完結している点が強みです。だから、普通の教師がイノベーションを起こせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00068190-gendaibiz-bus_all&fbclid=IwAR2HFo3EmliL6pSPtdKbcJQrF4awPVW6fmmN7aKRP7DtdNFr_caRALdq2Xc

19/11/19(火)

[]デビュー 13:16 デビュー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - デビュー - 西川純のメモ デビュー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、二つのことにデビューしました。

 昨日はLINEデビューです。長らく、多くの人からLINEを使うように求められたのですが、拒否していました。ところが、昨日、ゼミでの学生とのやりとりの中で、何となく登録してしまったのです。使い始めると、なんで今まで使わなかったんだろうと思いました。

 本日はふるさと納税にデビューしました。もの凄く大変な手続きがいるのだろうと思っていましたが、何もありません。専用サイト(https://furunavi.jp/)に入れば、もの凄く簡単です。ちょちょっとやることで、かなりの金額の商品がもらえます。なんで今までやらなかったんだろう、と思いました。

[]行政 13:08 行政 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 行政 - 西川純のメモ 行政 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ある教育行政に関わる行政職のかたと話しました。その方に「行政と学校の違いはどこにあるのですか?」と質問しました。その方からの回答は「学校は融通が利かない(正確な表現は忘れましたが、趣旨はそのような内容でした)」とのことです。私は耳を疑いました。だって行政の方は法を厳格に守りますから。そこでそのあたりを聞きましたが、分かりました。行政の方は法をしっかり読んでいます。それを厳格に守り、教員に対してそれを求めます。しかし、法をしっかり読めば、教師はかなりの裁量権があることが分かります。だから、行政の人は法に定められていないことに関しては、自由だ判断するのです。ところが、学校には法に定められていない慣習があります。その慣習が法であるかのように思い込んでいる。結果として、学校の方が融通が利かないのです。

 例えば、部活指導のために定常的に勤務時間外の勤務をするのは脱法なのです。ところが学校ではそれがまかり通っている。たしかに行政より融通が利かない。

19/11/18(月)

[]長野 21:51 長野 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野 - 西川純のメモ 長野 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は長野教育センターの方と語り合えました。私も学ぶことが多かった。

19/11/17(日)

[]次2 21:29 次2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次2 - 西川純のメモ 次2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 工業化社会の論理で動いている社会を横目で見ながら思います。例えばテレホンカードです。

 テレホンカードが導入されたときはテレホンカードは十分最先端でした。でも、いままでの延長上です。でも、家電からスマホへの以降は流れです。

 今やっている工業化社会の多くの試みはテレホンカードと同じだと思います。

[]次 21:29 次 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次 - 西川純のメモ 次 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は多くの本を書きました。で、次に書きたい本は何かを考えました。それは「子どもと教師のための個別最適化した学校、広域通信制という選択肢」ですね。

 現状の教育に未来が見いだせない子ども・保護者、これから教師を続けていくべきかを迷っているブラック現場の教師のための本です。

[]大地の会 18:06 大地の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大地の会 - 西川純のメモ 大地の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月22日に大阪で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/583281/?fbclid=IwAR1ll2fcLvUeeYnznbEug3kYXYQSbVpRH6i2yCPZ1B0Zsk7GLzaRD-Ou5LQ

[]変形労働時間制 07:10 変形労働時間制 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変形労働時間制 - 西川純のメモ 変形労働時間制 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 妥当な攻め方だと思います。厚生労働省の幹部の答弁を使って変形労働時間制の前提を明らかにする。文部科学大臣の答弁を聞きながら、「国会では通るけど、労働条件の不利益変更で司法に訴えられたとき、耐えられると思っているのかな?」と思います。司法で黒白を明らかにすればいいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=n1bSSwiSnYE&feature=share&fbclid=IwAR0b61asJMVDitHXqfjJFb-dwPO474JOB4KFwI5DzX4cMW39sermoRiY7eQ

19/11/16(土)

[]好評 21:32 好評 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 好評 - 西川純のメモ 好評 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「人生100年時代を生き抜く子を育てる! 個別最適化の教育」(https://amzn.to/2KtwrF3)が好評です。出版してから、今も衰えずニーズがある。何故だろう、と考えました。

 応えは出版意図通りに教員以外の人に読まれているからだと思います。

 出版社の方から、採用数年の人向けに書くことを求められます。つまり、それ以上の教員の多くは学ぼうとしません。ただし、『学び合い』のユーザーは、「とりあえず授業できればいいや」ではありません。

 私はやがて消えます。

 私は伝えます。が、みんなでやりましょう。

[]市場価値 19:27 市場価値 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 市場価値 - 西川純のメモ 市場価値 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「役に立たない資格」でググれば、いっぱい見つかります。もし、その資格をとるための学費が半額になったら、期間が半分になったら、あなたはその資格を取ろうとしますか?おそらく多くの人は、役に立たないことを理解してしまえば、学費や期間に関係なく取ろうとしません。

 この記事(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00000039-sasahi-life&p=1&fbclid=IwAR0wpN_gUBiqvtjUB0RzBfjqX_ji9k-p1rEip96UvKGzUH8JTaUjRyCsmuk)を読んで、それを思いました。

 私が高校教師の時、中学校3年間の出席日数が数日の子が入学しました。出席日数が数日であっても「中学校課程を修了した」という卒業証書はもらえます。もちろん、工業化社会の多くの高校はそのような子を受け入れないでしょう。でも、高卒の資格にどれほどの価値があるでしょうか?その子が個別最適化した能力を持っているならば、それを受け入れる広域通信制高校はあるでしょう。いや、高校卒業しなくても、高校卒業程度認定試験を受ければいいのです。

 工業化社会の学校の変化は遅いでしょう。でも、工業化社会で生き残れないことを知っている経済・産業界は学校教育制度を捨てて、別の選択肢を選ぶでしょう。すでにGAFAはそうなっています。

 『「役立つ資格」を検索したら出るような資格を複数持っており、実務経験がある小中高をフリースクールで過ごした人』と、資格や実務経験が無く、枕草子を専攻した大学生と企業はどちらを取るでしょうか?

 今回の一連のことで経済・産業界は文部科学省を見切ったと思います。教育再生実行会議において文部科学省の扱いに変化があると予想しています。

makine45makine452019/11/17 06:30都内の某有名書店に行ったら、教育書のコーナーの一番良い場所に平積みになっていました。「注目の書籍」を実感しました。

jun24kawajun24kawa2019/11/20 19:30ありがたい!

19/11/15(金)

[]不思議 19:40 不思議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不思議 - 西川純のメモ 不思議 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 頭のいい人たちが決めたのですから、ちゃんとした理由があるのでしょう。でも素人の私には分からないのです。教えていただければありがたいです。

 タブレット一人一台を用意しても一過性の経済効果しかありません。

 私はスマートフォンを学校で解禁すればいいのにと思います。慌てて補足しますが、今回の英語民間試験のように一律に強いるのではなく、必要と思い、保護者が子どもの使用の責任をとれるならば、禁止しないというスタンスです。

 ま、今の高校生のスマホの所持率を考えれば、数年のうちに小中でも広がるでしょう。これは一過性の需要ではありません。それに小中高の子どもたちがスマホを使いこなせば、新たなビジネスチャンスがあるように思います。

 それにスマホを国民が使いこなせば波及効果は大きいと思います。

 と思うのに、何故だろう・・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172881000.html?fbclid=IwAR3WhHAG-a_shd19a9xgr-ZT03d3zP03ZM-TspbYi5T82YRuJko2_dtX93Y

追申 上記が経済効果を考えていないという人がいたら、私は笑います。世の中、お金ですから。

[]医療費 19:40 医療費 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 医療費 - 西川純のメモ 医療費 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今後の社会のことを考えれば医療費が拡大するのは避けられないことです。これを避けるためには医師一人が担当できる人数が増やせばいいと思います。例えば、一人の医師が担当する人数を3倍になれば、医師一人への予算が1.5倍になっても医療費を大幅にカットできます。

 病院に来る患者の半数以上はリピーター(つまり、同じ薬を処方してもらう人)です。医師と合う時間は短いものです。簡単な検査をします。ところが待ち時間は長い。これがもったいない。

 例えば、初診でない場合、事前に病院に対してスマホで問診に答え、地域の医療センターで採血、血圧検査を受け、そのデータを送ります(大病院の採血センターを想像してください)。(献血センターと合体してもいい)人工知能がチェックをして、大まかな判断をします。それを医師がチェックします。そして、必要だと思う患者に対して病院に来ることを求めるのです。おそらく、リピーターの患者の大多数は病院に行く必要ないでしょう。そして、医師からの処方(実態は人工知能の処方)は患者が指定する薬局が郵送するのです。

 医師の養成を計画的に減少します。いわゆる町医者の要請を減らし、専門医の要請に主軸を置くのです。

 と妄想します。

[]最先端 09:30 最先端 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最先端 - 西川純のメモ 最先端 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ゼミ生に「先生は何故、色々な新しい情報を知っているのですか?」と聞かれました。私は「新しい情報を知っている人と繋がっているから。その人達は最先端の情報をキャッチし、吟味し、本物だと思うものを私に教えてくれる。それが強みだよ。」と言いました。ゼミ生からは「どうしたらそうなれるのですか?」と聞かれたので、「君が本物の情報を発信しつづければ、自ずと本物の情報を持っている人から繋がりを求めてくる。簡単だよ。例えば、君は私と繋がっている。私から得られた情報の中で君が納得した情報をコピペして発信すればいい。」と申しました。

 本日、広域通信制のインフィニティ国際学院の大谷真樹学院長からFBでメッセージが来ました。内容はflier(https://www.flierinc.com/)というサービスの紹介です。ビジネスパーソンが読むような良書をプロが要約した文章を読めるというサービスです。「生徒への圧倒的な「全方位興味」の初期インプットの仕掛けとしてFlierを導入しています。数分から10分もあれば要約を読めますし、関連した書籍などへ興味が連鎖し、与えられる課題ではなく自ら興味を求める理想的な読書への絶妙な仕掛けとなっています。」とのことでした。

 読んで笑いました。いいな~っと思います。広域通信制の学校がネット上のサービスを学校の図書館にしたのです。生徒はアマゾンキンドルで必要な本を読めば良い。また、ビジネスパーソンが読むような本のサービスにしている点が、海外に目を向けているインフィニティ国際学院らしいと思います。ここで紹介されているような本を読めば、日本の大学に進学することが馬鹿馬鹿しく思う子どもも生まれるでしょう。

 さっそく会員登録して、私の既に読んだ本の要約を読み直しましたが、よくまとまっています。お誘いします。

 大谷さん、ありがとうございます。

追伸 このような人のふんどしで、私の価値を高めています。

19/11/14(木)

[]ゼミ生 21:20 ゼミ生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ生 - 西川純のメモ ゼミ生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教師になって35年間たちます。

 本日、一人一人の教え子の顔を思い出します。

 高校時代の教え子に関しては、思い出したくなくても、思いだし。寝汗でうなされるレベルです。申し訳ない。その気持ちを忘れません。

 大学に異動してからしばらくは学部指導はなく、現職院生の指導だけです。私より、遙かに人生経験のある方々とのつながりです。気楽です。

 やがて学部指導をはじめ、現職院生さんも私より若い人を相手にするようになりました。

 もちろん教師として最善を尽くしました。が、そのころは研究指導レベルです。学生さんがレベルの高い研究成果を出せるか否かで考えていました。その頃は、A論文レベルの成果を学生さんは出していました。ま、私が詳細に教えれば素人でも、そのレベルに達します。

 やがて『学び合い』の理論が確立するレベルです。こうなると、ゼミ集団の力学をコントロールするようになります。私なりに最善を尽くしました。

 でも、一人一人を思えば、こうなって欲しかったという思いはあります。なによりも、卒業・修了後に幸せになってくれているかを思います。

 本日、修了・卒業した人たちの名前を読み直し、教師としてどうあるべきかを考えました。

[]特別支援 08:46 特別支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援 - 西川純のメモ 特別支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の実践が紹介されています。16日土曜日の午後0時半から午後0時55分に再放送されます。https://www4.nhk.or.jp/hogosya/x/2019-11-09/31/33459/1729621/

19/11/13(水)

[]個別最適化 22:09 個別最適化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 個別最適化 - 西川純のメモ 個別最適化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のメモをフォローしている方には耳たこだと思いますが。

 今回の入試改革のごたごた。細かいことを読むたびに笑うし、哀れです。対症療法を出すたびに、あれこれ言われます。今後も対症療法を出し続けますが、否定され、撤回します。その様子を経済・産業界はじっと見ています。

 簡単なのに。

 「民間資格の利用は各大学のアドミッションポリシーに基づいて判断してほしい。利用に関しては、予算的サポートをします」と言えばいいのに。

 記述式に関しては「各大学の試験での活用を促す」とすればいいのに。

 文部科学大臣はかわいそうだなと、と、思います。だって何を言っても出口は無いのに。今回の改革は脱工業化社会の論理です。が、否定する理由は工業化社会の論理です。だから、絶対に納得しない。

[]大事な能力 21:54 大事な能力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事な能力 - 西川純のメモ 大事な能力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

これからの時代。何が大事だろう。

今の時代の正解を知っている人は掃いて捨てる人ほどいます。ようは延長上ですから。

次の時代の正解を知っている人はいます。私は知っていると思っています。

が、大事なのは、次の時代の正解を広げられる人です。私はそうありたいと思っています。

19/11/12(火)

[]個別最適化 21:37 個別最適化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 個別最適化 - 西川純のメモ 個別最適化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 つらつら考えると、かなり以前から西川ゼミは徹底的な個別最適化をやっていますね。

 在学生、卒業・修了生の諸君、私は何かをしろではなく、「何したい?」でしたよね?君たちが「どうしたらいいのですか?」と言われれば「どうしたいの?」と聞きます。

 若い頃は、こう育てたいという思いがありました。だから、学部学生の卒業研究が学会誌論文に掲載されました。でも、その多くは私が指示したものです。もちろん、博士課程に進み、研究者になりたいという人には、論文の書き方のノウハウを教えます。だから、私が学位を与えた人は研究者として生き残っている。

 今は、その学生さんの望みを叶えたいと思います。もちろん、学術論文を書きたい人には、そのノウハウを。書籍を書きたい人は、そのノウハウを。社会的活動をしたい人には、私の人的ネットワークを。

 学生さんが、自らの欲望を実現する姿をニヤニヤして見ているのが私の喜びです。

 ということで、我がゼミは究極の個別最適化です。

19/11/11(月)

[]文化 20:56 文化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化 - 西川純のメモ 文化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、卒業研究の中間発表のゼミ生の発表を聞きました。心の中で笑いました。よくぞ、このレベルに達したと。ま、西川ゼミの文化の中に浸れば、みんながみんなを支える集団なので、ちゃんと帳尻あわせをします。が、ここまでとは思いませんでした。

19/11/10(日)

[]幸せ 21:45 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 出張から帰って、家内と晩酌して、家内が食器を洗って、その横で私が拭いて。もうすぐ、家内は風呂に行き。二人で寝ます。

 他人をうらやむことなく、自身の幸せを思います。

 これは若い人は分からないと思います。だから、ゼミ生には耳たこで言います。

 ホモサピエンスの幸せは本来全員が動機付けされるようにプログラミングされています。

 私がゼミ生に誇るのは、収入でもなく、論文の数でもなく、学会賞の数でもなく、本の数でもなく、家内との普通の生活です。

[]電子マネー 21:45 電子マネー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 電子マネー - 西川純のメモ 電子マネー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 電子マネーに無縁でしたが、短期間にpaypay、楽天pay、d払いを登録して、使っています。楽しいですね。使うたびにレシートの還元ポイントを読みながら、ニヤニヤしています。所詮、数十円レベルです。が、楽しい。感覚としては山菜採りです。

19/11/09(土)

[]妄想 19:24 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は出張で、ホテルにいます。ということでじっくりと妄想できます。

 私が上越教育大学のような地方大学で立て直しをしようとしたら、以下のようなことを考えます。

 第一に、広域通信制大学を狙います。アメリカではそれで成功した事例があります。

 第二に、保護者が教師である受験生を優遇します。(批判あるでしょうが)

 第三に、その保護者が「あの先生の講義を我が子に聴かせて教師にしたい」と思うような現役教師、退職教師を広域通信制担当教師とします。

 非常に言いにくいことをはっきり言いますが、何にも知らない受験生は、大学の教育の内容の質を吟味して志望校を選びません。偏差値と自宅との距離で選びます。だから、教育の内容で吟味できる人と繋がっている受験生を優先するのです。

 さらに、広域通信制高校を併設します。そこでは教師向けの授業を高校生に配信します。簡単です。大学生向けのコンテンツを高校生に公開し、履修した単位を大学でも利用できるようにするのです。さらに連携する学校現場を開拓し、長期のインターンシップを実現するのです。

 あ~あ、なんでこんなことを考える人になってしまったんだろう。とほほ

[]大学の個別最適化 18:56 大学の個別最適化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学の個別最適化 - 西川純のメモ 大学の個別最適化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 個別最適化の本当の意味を書いた本(https://amzn.to/34IY1G8)幸いにも好評です。ありがとうございます。私としては、工業化社会人の個別最適化に疑問を持ち、それを伝えたかったのです。所詮、工業化社会人の考える個別最適化の主語は子どもではなく、学校であり、教師なのです。

 しかし、あまりにもラディカルなので書かなかったのですが、学校はもっと個別最適化をすべきだと思います。それが子どもの個別最適化を促します。

 みなさん、以下をどう思いますか?

1. その学校のOBOGの師弟を優先的に合格させる。

2. 特定の国の学生を優先に合格させる。

いかがですか?おそらく、多くの人にとって、それが差別であり、公平でないと思うでしょう。安心してください。日本の大学入試ではあり得ないし、あったら指弾されます。が、アメリカの大学では当然なのです。特に、アイビーリーグのようなトップ大学ではごく普通に行われているのです。

1に関してはレジェンド枠と言われます。その大学に対して、家族レベルでひとかたならない思い入れがあると思う人を優先的に入学させます。寄付が大学の大きな収益である大学としては当然です。寄付が多いから入学させるのではなく、大学に寄付するような家族の師弟を入学させるのは、大学にとって財政的のみならず、その他諸々の側面でありがたいのです。みなさん、出身大学に寄付したことありますか?それが日本の大学と卒業生との関係なのです。

 2は国際的な人的関係能力育成するために、一定の海外の人材を入れることは自国学生にとって有益だし、海外の人脈を持つことは大学にとって有益なのです。日本だと太平洋立命館大学がそれに近いことを狙っています。

 つまり、各大学のアドミッションポリシーは、その大学の利益を優先して決められることなのです。ところが、これが日本の大学ではあり得ない。もし、各大学が生き残りをかけて、さまざまなアドミッションポリシーを掲げたら、とくに、弱小大学がニッチ市場を開拓するアドミッションポリシーを掲げたら。当然、子どもたちは個別最適化する様々な道を探せます。

 さて、どう思われますか?私はこのレベルで最適化を考えています。

 だから、「公平」の罠に捕らわれて、出口のない説明を繰り返すしかない行政をかわいそうに思います。クリステンセンの言うように巨大組織はそれ以外の道がないのです。

19/11/08(金)

[]SNS 20:41 SNS - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - SNS - 西川純のメモ SNS - 西川純のメモ のブックマークコメント

 FBでも赤の他人とつながれます。結果として、直のつながりだったら絶対に言わないこと、書かないことを書いてしまいます。愚かです。が、気持ちは分かります。その人が校長や教諭だったら、保護者に言わない一言を言ってしますのです。その一言を多くの人が吟味します。

 SNSの中には匿名性が高いものがあります。が、やがてわかります。SNSで大人げない発言を繰り返した人がいました。しかし、過去の履歴を調べれば、誰かは分かります。それを明らかにしたら、沈黙しました。「へたれ」と思いました。何故、自身の正当性に自信があることを持つならば、発言すべきです。もし、自分の発言による反発を恐れるならば、大人の話法を守らなかった。つまり、「だめだ」ではなく「だめだと思う」と表現を変えればいい。特定の人を攻撃するのではなく、その人の主張を攻撃すればいい。

 多種多様なとんがった主張はあっていい。私を攻撃するものであっても。でも、大人の話法を守ってほしい、と願います。

[]静岡の会 05:42 静岡の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 静岡の会 - 西川純のメモ 静岡の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月21日に静岡市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/584736/

19/11/06(水)

[]レッドカード 21:26 レッドカード - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - レッドカード - 西川純のメモ レッドカード - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ようは何も出来ないということがはっきりしました。高大接続プランで何が出来たか、それは「センター入試」を「大学入学共通テ試験」と名前を変えただけ。

 教育再生実行会議の人はどう思うかな。

 日本の経済発展を支えたのは文部科学省だと思っています。そして、文部科学省に勤めようとする人の志と、能力は変わりません。ただし、これからの社会はどうあるべきか、特に規格化の脱却を組織できない。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51833850V01C19A1CC1000/?fbclid=IwAR3w9lkmDNruD6SVtC_bB5t9HCWsq9I7NTdFwD4LRTNFh5HoQ-Vj2oH6O8k

[]AI時代の語学力 17:47 AI時代の語学力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - AI時代の語学力 - 西川純のメモ AI時代の語学力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々日本人は日本語を流ちょうに使えます。で、みんな社会的に成功できますか?

 今後、AIはもっと発達するでしょう。小型自動翻訳機(例えば、喋るとそれが直ぐに翻訳される)の性能が向上し、実用的に使える時代は来るでしょう。今だって、そこそこなら使えます。

 では、今後、AI時代に必要となる語学力は何でしょうか?

 英語の専門家の中で一致した見解は無いようです。では、どうしたらいいか?子ども達に便利な機械を自由に使わせてみることです。そうすれば分かります。ちなみに『学び合い』研究から予想できる結果はあります。それは、全員が英語の達人になる必要はなく、殆どの人は英語が分からなくても生きられるでしょう。能力の高い人が一部いて、その人に繋がればいい。そこで必要なのは語学ではありません。誰と繋がればいいかを判断でき、繋がりたいと思わせる行動が出来るかです。

 英語の専門家は上記を絶対に認めないでしょう。だって、自分の売りにしているものに価値が無いことを認めなければならないからです。

19/11/05(火)

[]残るもの 21:11 残るもの - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 残るもの - 西川純のメモ 残るもの - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教育工学の専門家として上越教育大学に採用されました。びっくりしますか?その頃はチップを使ってコンピュータを作りました。アセンブラ、機械語を使ってプログラミングをしました。

 ところがすべてはコモディティ化します。私の知っているレベルのハードの知識を上回るボートが生まれ、それ以上の製品が普通になりました。アセンブラ、機械語を使わなくても、大抵のことは大丈夫です。ただし、慌てて補足しますが、そのレベルのことを知っていると有利なことはあります、が、それは素人ではなく玄人レベルなのです。

 結果として、数十年たった私はハード、ソフトの多くの知識・技能を使わず、忘れてしまっています。

 何を言いたいか、今、ICTや英語がもてはやされています。が、その寿命は短い。早晩、コモディティ化します。その中でも生き残る人はいますが、ごく一部なのです。だから、あおられて乗せられてはいけません。

 わかりやすい例をいいましょう。みなさん、スマホを使っていますよね。では、その機能の中でどれほど使っていますか?もちろん、多くを駆使する人がいます。例えば、スマホのショップの方。みなさん、その人並みになりたいと思いますか?

追伸 これからの時代に残るのは、真、善、美なのです。もちろん、一人一人は違う。でも、あなたにフィットするものはあります。それはコモディティ化しません。だって、巨大市場にならないから。

19/11/03(日)

「お誘い」千葉の会 22:24 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月30日に千葉で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/578173/

19/11/02(土)

[]官僚 22:41 官僚 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 官僚 - 西川純のメモ 官僚 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の書き込みを読んでいる文部科学省の官僚はいると思います。多くは無いけど。きっと苦々しく思っている人はフォローしない。でも、一部は「そうだよな」と思う人はいる。それが大事。その人たちは、今は発言力は無いかもしれない。でも、崩壊後は、その人たちがことを動かす。

 見物は、学校教育が人材養成に意味あると教育産業界に納得してもらえるか、です。別な言い方で言えば、非正規雇用が少なくなることです。

 文部科学省の当事者、苦々しく思っている人もいますが、それは健全です。ようは、崩壊後に、うまくフォローできる体制を夢想してください。

追伸 夢想できず、今の枠組みで動く人も必要です。が、私は関わらなくていい人です。

[]Know-Why 09:04 Know-Why - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Know-Why - 西川純のメモ Know-Why - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在の入試改革は平成26年12月の中央教育審議会答申「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」に端を発しています。現在の迷走を見ていると、文部科学省がこの答申を理解していなかった、いや、理解したくなかったことが明らかです。

 答申を是非お読み下さい。(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

 そこには大学入試を含む評価において公平から公正にシフトすべきであることを何度も、何度も強調しています。その中で『グローバル化の進展の中で、言語や文化が異なる人々と主体的に協働していくためには、国際共通語である英語の能力を、真に使える形で身に付けることが必要であり、単に受け身で「読むこと」「聞くこと」ができるというだけではなく、積極的に英語の技能を活用し、主体的に考えを表現することができるよう、「書くこと」「話すこと」も含めた四技能を総合的に育成・評価することが重要である。』と書かれています。

 現在のセンター入試と民間検定のどちらの方が4技能を公正に評価できますか?これは自明です。おそらく100年たっても海外の大学はセンター入試の英語の試験の点数を入学資格に取り入れることはないでしょう。

 今回、民間検定試験の利用を反対する人達の議論は、全て「公平」を基にしています。一つもセンター入試の方が民間検定試験より公正に4技能を測定できるという意見はありませんでした。

 では答申では公平を無視していいと書いてあるかと言えば、もちろん、そんなことはありません。公正を書いてあるところには常に「多様」を対にしています。求められる能力に多様性を認めれば、一律の公平はあり得ないのです。

例えばラーメンには好みがあります。醤油味、味噌味、塩味、魚介系、豚骨系、鶏ガラ系、あっさり系、こってり系・・・・、では、美味しいラーメンを公平に評価する方法があると思いますか?仮に、鶏ガラ、醤油味、あっさり系が好きな人が一番多いから、それが一番でしょうか?私はそう思いません。

つまり、現在のセンター入試形式の試験も「あり」、民間の様々な検定も「あり」、また、英語を課さない入試も「あり」であるべきなのです。それが先の答申のKnow-Whyを理解した素直な解釈だと私は思います。

 公平のクレームに対して、文部科学省が押し切られたのは答申のKnow-Whyを理解していなかった。理由は工業化社会の組織は規格化を捨てられなかったのです。だから、私が文部科学省の担当者だったら、「各大学がどのような試験の点数を利用するかは、各大学のアドミッションポリシーに基づいて判断するかです。受験生は各大学のアドミッションポリシー、それに基づく試験に基づいて、どの大学を受験するかを判断して欲しいと思います。」と言えば良かった。これだったら「身の丈に合った」というような発言のような陳謝は必要なかったと思います。

 そして、文部科学省の一室で各大学の管理職に対して、「4技能を適格に測れる多様な方法を提案するように」と求め、センター入試だけを使う大学に対して、「それでは今までと同じですね」と言って突っ返せば、民間検定試験を使うようになります。

 ところが、1年間で公平を求める受験生・教師が安心できる方法を考えると文部科学省は表明しました。1年間で何が出来ますか?つまり、答申を反故にしてセンター入試に回帰するか(ま、髪の毛3本ぐらい増やすかもしれませんが)、働き方改革に反して教員の仕事を増やすか、いずれかしか出来ません。

19/11/01(金)

[]涙 21:11 涙 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 涙 - 西川純のメモ 涙 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日の大学院のゼミで、学部からのゼミ生が「『学び合い』をして、西川先生が子どもたちのことを話しているうちに泣くのが分かりました。子どもたちの姿で今日、泣きました。」とゼミで言いました。その瞬間、すべての血液が目に集まりました。でも、泣かないように踏ん張りました。泣けば、ゼミ生が一斉にからかうのは分かるから。でも、嬉しかった。教師の醍醐味をゼミ生が知ったから。でも、それは知恵の実を食べたアダムとイブと同じく、背負うものが大きいのです。知ってしまった。

[]幸せ 21:11 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は上越教育大学に教職大学院が生まれたときより、十数年、一貫してコース長です。結果としてコースの飲み会の乾杯の挨拶を担当しています。本日もしました。そして十数年、いつも挨拶をして、飲み会会場を出て、家に帰ります。そして、家内との晩酌です。

 私のゼミ以外の学生は意味不明でしょう。でも、私のゼミの学生には何が幸せかを語っているし、一貫した行動をしています。だから、西川先生だったら、そうだよね、という理解があります。願わくば、ゼミ生も、結婚後に何が幸せが大事かを知ってほしい。

[]理解不能 19:27 理解不能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理解不能 - 西川純のメモ 理解不能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 何故、英語民間試験の導入を文部科学大臣が決めるのか、分からない。4技能を測定するならば、現状のセンター入試形式より英語民間試験の方が優れているのは自明のように思います。だから、大学が英語民間試験を利用するか否かを判断すればいいのに。

 工業化社会のコードである中央集権化が、そうできると文部科学大臣が思ったのだろう。この中で英語民間試験を利用する、と表明するような大学は無いかな?

[]だいこんの会 08:02 だいこんの会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - だいこんの会 - 西川純のメモ だいこんの会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月23日に東京都練馬区で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/583995/?fbclid=IwAR0VrPvM0T2qHc-Q0VzDnvYn-_D1K69NlhoZ_ncCL6SVxxiwlg7Yu_FI7gk