西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/09/24(火)

[]無理だろうな 21:09 無理だろうな - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無理だろうな - 西川純のメモ 無理だろうな - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のネットワークから複数の情報として給特法の改革がなされることは知っていました。

 ある方が今後の教育に誠実に語られてた。信じたい。でも、無理だろうなと思う。

 工業化社会の仕組みでなんとかしても解決できない。結果として、わかった高校生、大学生が教職を選ばない。

 わかった小中高の子どもが学校教育を選ばない。

 その人たちは我が身を守るために、オルタナティブの選択肢を選びます。

[]切り捨てる 21:39 切り捨てる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 切り捨てる - 西川純のメモ 切り捨てる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一人の教師が三十人の子どもを背負えるわけない。だって、実の我が子どもを何人背負えますか?私は一人息子で十分です。

 だから、教師と子どもという関係だったら、従来型授業も『学び合い』も子どもを見捨てています。ただ、従来型は、しょうがないと諦めるしかありません。まあ、放課後に数人を残しての指導をまれにして免罪符を得ます。でも、その人がわかっていないのは、その数人以外のほとんどは個別最適化されていないと言うことです。

 『学び合い』だってパーフェクトではない。しかし、一人も見捨てないという課題を教師だけが背負わなくていい。子どもたちといっしょにやればいい。そして、子どもたちが老人になったときの社会をリアルに思い浮かべ、今自分のしていることはそれにつながっていると確信し、誇りを持てる。

 減々法、減加法を教えることが算数だと思っている人は、何を誇りにしているのだろう。