西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/05/28(日)

[]一番厳しいのは 20:22 一番厳しいのは - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一番厳しいのは - 西川純のメモ 一番厳しいのは - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これからの人生で一番厳しい未来が待っているのは、平均的な普通科高校のそこそこ成績のよい子で、対人関係能力の低い子です。具体的には、『学び合い』にすっと入れない子です。そのような子がいたとき、『学び合い』を実践するには一手間、二手間が必要です(それは本に書きました)。でも、それをしなかったり、「みんなで取り組む『学び合い』入門」で書いたようなことをせずに対保護者、対同僚での関係を崩してしまい、『学び合い』を断念すれば、楽になるのは教師かもしれませんが、その子の未来は厳しいものになります。

 何故、平均的な普通科高校のそこそこ成績のよい子が一番厳しい未来があるのでしょうか?

 第一に、その子の対人関係能力の低さが自閉症と分類されるレベルだったら、障害者に対するセーフティーネットを利用できます。しかし、平均的な普通科高校のそこそこ成績のよい子は、特別な支援を必要な子とは分類されません。何故ならば、現状の一斉指導においては、学習上の障害にはならないからです。

 第二に、対人関係があまり必要でない仕事は、昔はそれなりにありました。ところが、AIやロボットが発達する未来においては、そのような仕事は人に残されていません。ビックデーデーターでは分からない、個人対個人の中長期の人間関係の中で収集できるデータによるサービスが人に残された仕事ですから。

 そして、普通科高校は即戦力の技術は教えず、就職支援も弱い。結局、とりあえず入りやすくなった大学進学を勧めることになります。でも、その程度の大学を卒業しても、就職は厳しい。

 結局、職に就けないか、非常に条件の悪い仕事しかつけないのです。

 第三に、平均的な普通科高校のそこそこ成績のよい子は、家族からも障害があるとは思われていません。そこそこの成績があれば、そこそこの大学に行けます。ところが、就職できません。となると、なんであなたは仕事に就けないの?と問われます。また、就職してもやめなければなりません。そうなれば、何故?と言われます。つまり、家族からさえも支援を受けられない。もちろん、本人も理解できません。保護者も本人も大学を卒業すれば、そこそこの職について、一生涯安泰だという旧モデルの中にいるのです。

 この2年の取材を通して、そのような子が自らの命を絶つ事例を知ってしまいました。

 高校の『学び合い』実践者の方々に申します。皆さんには、どの子がそうなるかを名前を挙げられますよね。

 義務教育の『学び合い』実践者の方々に申します。義務教育段階で、その子の近くに、その子とつながれる子ども集団を与えたならば、その子は自殺しません。人は、一人だけでも繋がる人がいれば、生きられます。何故なら、本人は生きたいのですから。

 私の焦燥感が分かっていただけましたか?

追伸 高校教師の勧めで、奨学金という500万円の借金を背負っていたら目も当てられない。