西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/05/27(土)

[]教師とは 19:53 教師とは - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師とは - 西川純のメモ 教師とは - 西川純のメモ のブックマークコメント

玉川大学の小酒井さんは切れのいい言葉を使うので私が好きな方の一人です。その方のメモです。

『今繋がった。

この前聞いた、『勉強できなくて、勉強を教えてくれる先生のようになりたくて教師になった人は、その教え子を賢くさせない』って話がようやく理解できた。

そうか。

賢い人に育てたくないから、『優しく教える』って愚行をとるわけか。主体的に学ぶ人になったら、自分と同じような体験をしてもらえなくなるもんね。口をパクパク開けて『餌ちょうだい』ってやってる人になってもらわないと楽しくなんだねー。

、、、なんじゃ、そらー!

そんなつまんないもんのために教師になるな!』

 

 人は、自分をモデルに、つまり「自分だったら・・」ということで行動します。それ自体は悪くは無いと思います。でも、教師だったら「教育とは何か?」を考えてください。それは「子どもを大人にすること」です。その事を真剣に考えて欲しい。そうすれば、今の教育は子どもを子どものままに押さえつけている。失敗をしないようにしているのは優しいようで、実は無責任。本当は自分が非難されたくないからではないでしょうか?本当に子どものことを考えるならば、自分の管理下でいっぱい失敗させて、乗り越えさせなければならない。どれだけの失敗を容認できるかで、その教師の職能が分かります。

[]楽 18:05 楽 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽 - 西川純のメモ 楽 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は一人の方(100km以上離れた自宅からこれらました)と面談をして、3人の方の相談を電話で受け、十四人の方のお悩みメールに返信しました。(今のところ)

 ホッとして気づいたのですが、以前に比べると格段に楽になっています。理由は多種多様な本を出版し、色々な地域での『学び合い』の会があるから。だから、色々と説明したり、書いたりした後、「詳しくはこれこれの本を読んで下さい」で終わることが出来ます。また、「これこれの会があるから、参加して下さい」と言えます。

 十年以上前までは、全部説明したり、書いたりしていました。今考えると、よくやっていたな~っと。思います。そして、ありがたいな~っと思います。