西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/03/23(土)

[]群馬の会 06:39 群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - 西川純のメモ 群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

3月28日に高崎で『学び合い』の会があります。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/take1_No12/20130322

[]知恵の実 05:53 知恵の実 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 知恵の実 - 西川純のメモ 知恵の実 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 神はエデンの園に知恵の実を置き、そして、それを食べることを禁止しました。でも、禁止するぐらいだったら、知恵の実をエデンの園に置く必要はありません。置いたのは、食べさせるためだったと思います。

 学校で一人だけで『学び合い』をするのは悩みも多い。私のところには毎日のように相談メールが来ます。また、全国の同志のブログやフェイスブックを読めばそれが分かります。その悩みが深ければ、深いほど、罪の意識に苛まれます。

 しかし、現状で『学び合い』で悩まれている人は、『学び合い』を知らなくても悩まれているでしょう。

 かつての私は、自分が救いきれない子どものことが頭から離れず、毎日一升の酒を飲み続けていました。周りの先生方からは可愛がられていました。その先生方は、そのような私に「長生きできないよ」と注意してくれました。おそらく、あのままで行ったならば病気で死ぬか、教師を辞めるかしたでしょう。事実、私は高校教師を辞して、大学に異動しました。気持ちとしては高校教師に未練たっぷりだったのですが、先輩教師からは祝福されました。

 もちろん別な生き方も出来たかも知れません。例えば、見捨てているということを封印してしまうのです。例えば、我々は小学生のある時期に、自分は必ず死ぬ、という現実を知ります。それで苦しみます。しかし、そのうちそれを封印する術を知ります。しかし、封印しきれずに、過度に宗教に入れ込む人もいます。

 また、見捨てているということを合理化するために、全ての時間を授業に費やすのです。かつての私はそうでした。起きている時間の殆どは教材研究に費やしていました。独身の頃はそれでも成り立つかも知れません。しかし、そのままでは家庭を持てないし、持てば、家族に迷惑をかけるでしょう。

 今、『学び合い』で悩んでいる同志は、『学び合い』を知らなくても悩み、かつ、その出口すらも分からない人だと思うのです。

 私が願うのは、そのような人が悩まなくなるようにしたい。それは一つしか方法はありません。勤務校に3人以上、『学び合い』を理解している人がいる状態しかありません。そのために、私が出来ることをやり続けています。

追伸 これを書いている内に、気づきました。最近、私のところに来るメールの中でテクニック的な質問が相対的に減って、その代わりに学校に広げるにはどうしたら良いかという質問が多くなっています。これはスタートブックやステップアップの効果では無いでしょうか?ジャンプアップが広がれば、後者の質問も少なくなるでしょう。そして、今、西川ゼミが取り組んでいる地域コミュニティーの再生に関する質問が来るかも知れません。

o4dao4da2013/03/23 08:28おととしの上越の会であったような地域コミュニティの再生、非常に魅力的でした。またこのブログで地域コミュニティ関連の記事や最新情報も読みたいなーと楽しみにしています。

jun24kawajun24kawa2013/03/24 06:47おまかせあれ!
夢のコミュニティーを生み出します。