西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/03/13(水)

jun24kawa20130313

[]ボス 13:53 ボス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ボス - 西川純のメモ ボス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 27年間、お仕えした私のボスの退職祝賀会です。一度にやると人数が多すぎるので、これはOBだけの会です。教諭、教頭、校長、教育次長や准教授、教授などがウジャウジャです。

 27年間、一度たりとも陰口を言わなかった自慢の上司です。私ほど上司運に恵まれている人も少ないと思います。

[]仕事のルール 08:54 仕事のルール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事のルール - 西川純のメモ 仕事のルール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私と一緒の仕事をした人だったら、私の仕事の速さはご存じだと思います。一年間の新聞や雑誌の連載は1週間以内に全部書き上げてまとめて送ります。単発だったら2時間以内に送ります。

 1冊の本の自分なりの最初の版は1週間程度で書き上げます(そのあと数ヶ月かけて編集の人と加筆修正はします)。

 私の過去のブログをお読みになれば分かると思いますが、私は信頼を裏切られたことを愚痴ることはありますが、忙しさを愚痴ったことは無いと思います。

 この二十年間で一つのコースと、一つの専攻を立ち上げました。そのために文部科学省に提出しなければならない書類は、打ち出しで腰ぐらいまであります。それを数年間の交渉の間に書きました。

 博士論文を書き学位を得ました。

 29冊の本を書き、そのうち16冊は単著・編集です。

 135編の査読付き学会誌論文(いわゆるA論文)を書きました。

 百数十人のゼミ生の個人指導を行いました。

 3つの会員数千人規模の学会の大会事務局長をつとめました。

 会員数千人規模の学会誌編集委員会の事務局長を4年間務め、編集 委員長を5年間務めました。そして臨床教科教育学会の会長です。

 教職大学院のコース長を5年勤め、学長補佐も3年務めました。

 全国各地での講演の数は数えきれません。

 もちろん大学教師として講義演習を担当しています。

 でも、この二十年間、忙しいことを愚痴ったことはありません。ゼミ生は「先生は特別だから」と言います。違います。私は仕事のやり方を知っているからです。詳しくは「なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール」の第2章をお読み下さい。と、宣伝する。

簡単に言えば、「やりつづけること」、「仕事を見切ること」、「人とのつながり」の3つがポイントです。

[]業 06:33 業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 業 - 西川純のメモ 業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の教え子が、学校現場で一人の子の人生を大きく改善できる可能性を実感しているようです。教員養成系大学の教師としてこれほどの嬉しいことはありません。同時に、「知ってしまったんだな」という悲しみも感じます。

 私が高校教師だったとき、教え子を救いきれない自分が嫌でした。クラス全員を分かったような気にさせることは出来たとしても、本当に分からせられない子がいることを知っていました。エンターテーメント性を高めれば授業中は楽しく出来ます。しかし、子どもが背負っている苦しみを救うことは出来ないことを知っていました。だから、毎日、毎日、一升以上の酒を飲まないと眠れなかった。

 でも、その頃は「しょうがない、私は全力を尽くした」と思っていました。でも、『学び合い』を理解すれば、私がテレビドラマ的な教師であったことの罪が分かります。そして、解決する道が見えれば、焦ります。私がもっと何かをすれば、地獄の苦しみから救われる子どものことを思えば焦ります。だから、それを解決するための良い「悪巧みを考え」、本の原稿を書きます。だから、私は常にコンピュータの前で仕事をしています。常に尻を叩かれているようなものです。

 願わくば、自分が思うほどうまくいかなかったとき、自分を責めないようにして欲しい。自分が願うほどうまくいきはしないけれど、自分が恐れるほどうまくいかないこともありません。やり続ければ、少しずつは進みます。そして、物事は一人で解決するものでは無く、みんなで解決すれば良い。そのために、より多様な人とネットワークを組んで欲しい、と願います。

 どれほどやるべきかを定める基準は、家族に迷惑をかけない程度です。例えば、私は毎日、家族と朝食と夕食を食べます。家でコンピュータで仕事をしても、家族から話しかけられたらどんなときもコンピュータの手を止めて、顔を見て話します。そうすれば健康を保てる。だから、一人暮らしは避けて家族と一緒の生活をすることを勧めています。

 知恵の実を食べたアダムとイブはエデンの園を追放されたと書かれています。しかし、私はそうではないと思うのです。アダムとイブ、そしてその子孫たる我々は、エデンの園に居続けています。ただ知恵の実を食べたことによって、エデンの園は楽園でなくなったのです。神は知恵の実を食べるなと言ったのは、アダムとイブを楽園で生活させたかったからだと思います。でも、いつかは食べて欲しかった。だから、楽園に知恵の実をおいたのだと思います。

[]お詫び 05:38 お詫び - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お詫び - 西川純のメモ お詫び - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日のメモで誤解を生じてしまいました。

 この手のことを書く場合は、私のメモを読まない人と確信できる場合です。そして、その人が仮に読んでも、自分のことだと分からないように書きます。しかし、私が繋がっている人は多く、多様ですので、関係ない人が自分では無いかと誤解してしまいます。すみません。

 メモを読むような人に問題があれば、直にその旨を連絡するか、関係を考えるかのいずれかです。いずれにせよ、「あなた」に対してではありません。

 でも、仕事をしていると、怒り狂いたい人と出会うものです。ま、おりあい、つまり、距離を置けば良いことですが。