西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/04(月)

[]におい 07:27 におい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - におい - 西川純のメモ におい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々な学校に行って、色々な先生と会って、「あ、この人、『学び合い』を直ぐにやるな」と言う人は直ぐに分かります。絞めるところと緩めるところのメリハリが出来る先生です。具体的な授業の様子で言うと、とにかくわいわいと賑やかなんです。その先生がなんか話すと、子どもたちがそれに笑いながら「突っ込み」を入れます。その対話の中で授業が進みます。しかし、その先生が真顔になって話し始めると子どもたちも直ぐに頭を切り換え真顔で対応します。でも、その時間は極わずか。話題は前向きで面白い人が多い。

 逆に、「とりあえずは、やらないだろうな~」という人もいます。典型的なのは、絞めっぱなしの授業をする人です。休み時間はフランクになる人もいますが、とにかく授業は絞めっぱなしなんです。

 両者の違いは、子どもに任せられると子どもを信じられるか否か。そして、子どもに任せてもちゃんとコントロールできると自分を信じられるか否かです。

http://j.mp/eZXe0R

追伸 後者の方も、周りが『学び合い』を実践することによって変わります。ようは、どこを押さえれば、子どもは任せられるかが分からないから、怖いから絞めっぱなしになっているのですから。

ghjalghjal2011/04/04 19:55私はかなり後者の人間です。でも、なんとか、かんとか、『学び合い』の中で、子どもたちを信じる。信じてみようかな。信じるしかないかも。その程度に過ぎないと自戒します。

karakusa01karakusa012011/04/04 23:10そう思います。自分がブレると子どもがブレる。自分がブレるのは子どもを信じていない証拠。不安な予想を想像・想定しすぎること。迷いはあれど、子どもを信じるのみであります。

mana-mama5mana-mama52011/04/04 23:14子ども達もこのにおいを敏感に嗅ぎ分けていましたねえ。なんで?と聞いても説明はできませんでしたが、結果としては当たりでした。

bunbun-hbunbun-h2011/04/05 00:00子どもって嗅覚がすごいんです。
服の忘れ物なんて、服に鼻をつけて臭いでどの子のものか当ててしまいますからね。
あれ、なんか違ったかも・・・。
でも、感覚の鋭敏さとしては関連があるようにも思います。
(mana-mama5 さんのコメントに続いて)

sumi-chansumi-chan2011/04/05 00:07!!それ必ずやる子、うちのクラスにいました。笑>bunbunさん

bunbun-hbunbun-h2011/04/05 00:17女房が学童保育で何度も見て「子どもってねえ・・・」と私に話していたんですが、その後私のクラブでもやってる子を目撃しました。(恐るべし、子ども)
>sumi-chan さん

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/04/05 01:13先生、まさにその通りです。自分に余裕が無いとき締めてしまいます。自分の懐の浅さを隠そうとして…。コントロールする自信、どこを押さえれば任せられるか、その答えが「考え方」にあるのでしょうか。そんな気がします。

scorpion1104scorpion11042011/04/05 04:45におい!
そうそう。昨年の2年生なんて学級を飛び越えて75名のにおいを知っていましたよ。で、服以外にもくんくんやってました。そして、持ち主を見つけ出していました。脱帽ものでした。
で、私も今、職員室で「くんくん」やってます。『学び合い』しそうな人のにおいをきゃっちしようと。昨日、K校長にそのにおいがすることを感じました。もっと、嗅ぎまわってから近づきます。

bunbun-hbunbun-h2011/04/05 07:12「75名のにおいを知っていた」
子どもの能力が、そこまでとは・・・。すごいことです。

koushinsenjinkoushinsenjin2011/04/05 20:44「どこを押さえれば、子どもは任せられるかが分からないから」…で、分かっていないのに『学び合い』をしようとしてもがき中です。よくは分かりませんが、とにかく本気で訴え続けます。

jun24kawajun24kawa2011/04/06 22:31みんなで、良い先生にになりましょうね。