西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/08/26(水)

[]滋賀県 05:17 滋賀県 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 滋賀県 - 西川純のメモ 滋賀県 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もの心ついてから、私は殆ど滋賀県に止まったことはありません。京都は大好きで中学校時代から一人旅に行きました。しかし、滋賀県は電車で通り抜けるだけの場所です。上越教育大学に勤めてから大阪方面の出張は少なくないですが、サンダーバードが止まる駅は滋賀県にはありません。

 ところが、このたび、講演の関係で滋賀県をじっくり見ました。心が奪われるような気がしました。琵琶湖がこんなに美しいとは知りませんでした。大自然の美しさとも言えません。明らかに河川の生活排水はありますし、ゴミもあります。でも、美しい。また、滋賀県の田畑が素晴らしいものです。灌漑施設が発達していない古代において、これほど水田に適した地域も少ないのではないか、と素人ながら思います。同時に、これほど豊かな地であるにも関わらず、日本史において、日本レベルの活躍をした武将が少ないのが本当に不思議です(佐々木道誉ぐらいではないでしょうか?)。とにかく、人間が住んでいる、と感じさせながら、その自然の美しさを感じます。

 ふと思い出しました。私の父方の祖母は草津の脇本陣の血縁です。もしかしたら、私がこれほど滋賀県に惹かれるのは、血の記憶があるのかもしれません。

bruce-sbruce-s2009/08/26 21:54 本日は、お話を聞かせていただき、大変ありがとうございました。もちろん私も新たに学ばせていただきましたが、初めて、生24kawa先生の講演を聞いた実践者のY先生は、とてもうれしかったみたいで、あの後、帰り道の1時間以上の車中で、学んだことを喋りっぱなしでした。期待どおり「再洗脳」してくださって、ありがとうございます。これを継続するには、ネット、および(もしくは)地元でのネットワークづくりが大切であると痛感しています。
 追伸 滋賀県の自然をほめていただいて、ありがとうございます。また、ご縁もあったのですね。滋賀県は、地味な県ですが、交通の要所で、土地も肥沃で、自然災害も少なく、全般的にすごしやすいです。だから、(全体的な)県民性は堅実で保守的かもしれません。(有名人も少ないです。武将は、個人的には朝倉との義を守った浅井長政が好きです。)『学び合い』は、「爆発的」を目指しながらも、「堅実」に一歩ずつでも前進していくようにがんばります。

katokiti2003katokiti20032009/08/27 00:30滋賀県に祖父母宅があるkatokitiです。
私は琵琶湖東側にしか主に滞在していませんが、結構好きです。
なぜか娘(祖父母からすると曾孫)を連れて行くと、一番のびのびしています。
琵琶湖はもちろん有名ですがほかにも、信楽、長浜、安土城跡、彦根城、能登川の水車(マイナーですが)などなど
24kawa先生は、赤こんにゃくは食べられましたか?

ghjalghjal2009/08/27 00:38同じく滋賀県に祖父母がいました。近江八幡です。代々坊主です。正福寺といいます。浄土宗です。築400年です。今は叔父叔母が住職です。血が騒ぐ。そんなこともあるのかもしれませんね。

jun24kawajun24kawa2009/08/27 06:07bruce-sさんへ
 期待しています。もう少しですよ。
katokiti2003さんへ
 赤こんにゃくは講演の前日の飲み会で出ました。
ghjalさんへ
 あははは。bruce-sさんと縁があったとはビックリです。

池田修池田修2009/08/27 21:25四年前から滋賀県民です。滋賀の人間は、滋賀から出たいとは思っていません。自然が豊かで気候も良い。台風はほとんど滋賀をよけてくれます。京都の食料庫であり、大阪の水源である自負もあります。

私が驚いたのは、日本海、瀬戸内海、太平洋でその日にあがった魚が、昼過ぎにはスーパーに並んでいるんです。私の胃袋の中で三洋が合体するのです。いやあ、なんという贅沢でしょうか。

私が言うのもなんですが、金持ち喧嘩せずのような県民性を感じます。

また、琵琶湖に、くぁwせdrftgyふじこlp
です先生f(^^;。

jun24kawajun24kawa2009/08/27 22:21真っ暗な琵琶湖を一緒に見ましたよね。
でも、昼間見て、はじめて琵琶湖の美しさをしりました。
空の国でしたっけ?
良いところですね。