西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/12/22(月)

[]同僚 22:20 同僚 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同僚 - 西川純のメモ 同僚 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、久しぶりに職場で厳しい議論をしました。正直言って、私は納得していませんし、怒っています。しかし、そうであっても同僚に対する尊敬と「好きだ」という気持ちは微動だにも揺るぎません。こんな同僚ならば、何度でも厳しい議論を出来ます。

 『学び合い』を提唱している私が改めて気づくのも馬鹿馬鹿しいですが、話し合いは自分の意見を通すことが目的ではなく、自分が思いもつかない素晴らしい考えを生み出すことが出来ます。そのために、ゴチャゴチャと議論するんですよね。それを感じられる同僚と仕事が出来ることが幸せです。

[]サンダル 22:20 サンダル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - サンダル - 西川純のメモ サンダル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 冬になると静電気で悩まされます。ネットで探すと、静電対策のサンダルを見つけました。もともとは看護婦さん用のサンダルです。六千円弱と高いですが、奮発して買いました。

[]人を安く使わない 06:47 人を安く使わない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人を安く使わない - 西川純のメモ 人を安く使わない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方に、あることを質問されたのでメモります(あははは、何のことか分かりませんよね)

 私は人を安く使いません。安く使えば、影でどんなことを言われるかを、自分の学生時代の経験で知っているからです。だから、人を使う場合は、ありとあらゆる知恵を使って金を引っ張ってきます。もちろん金という形ばかりではありません。金がない場合は、その他のところで補います。その経験から言えば、「誠意があれば形で表す」は正しいと思います。これって常識的にも正しいですよね。だって、誠意があれば、その人のために最善のことを成すために自分の頭と体を使っているはずですから、なんらかの形があるはずです。自分の頭と体を使っているのに、たいしたことはない、ということは常識的にはあり得ないことです。

 論理学的には、ある命題の対偶(「AならばB」に対する「BでないならAでない」という命題。)は元の命題と同値です。即ち、元の命題が正しいならば、対偶は正しいのです。「誠意があれば形で表す」の対偶は「形で表さなければ誠意がない」なのです。この正しさを二十数年間で本当に実感します。私の経験上、「○○の理由から・・・・しか出来ないのですが、熱意はあります」は嘘です。この経験則に基づいて、見知らぬ人の仕事を受けるか、受けないかを決めます。

追伸 と書くと、「あ、このメモは自分のことを書いているのではないか・・・」と不安になられる方がいると思うので、追伸します。あはははは。現在、このメモをお読みなっている方の場合は、そのような方はおられないと思います。なお、「誠意がなければ形で表さない」、「形で表せば誠意がある」は「誠意があれば形で表す」とは論理的に同値ではありません。ただし、その仕事は、ちゃんと「お代」を頂いているのですから、芸人としての仕事であると「ありがたく」割り切れば良いだけのことですから。