西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/22(土)

[]教育長 15:42 教育長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育長 - 西川純のメモ 教育長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の二つの「事件」を深く思いました。日本のどこかの同志のクラスには、自らのクラスの学びを一段と高い位置で見られる生徒がいます。そして、その生徒は学校外の見ず知らずの人(つまり私)に相談するフットワークがあります。また、我がゼミの同志は私の分からない世界で『学び合い』を広げる試みを始めています。

 私は「子どもを教師に、自分を校長に、クラスを職員室に置き換えて」とよく言います。しかし、今、同志のクラスの中には、それを超える子どもたちを生み出しているのではないか?と真剣に思い始めています。彼らは教師のレベルから校長のレベルに脱皮しようとしているのかもしれません。となると、クラスの中には数十人の校長がいることになります。この『学び合い』グループに子どものブログがたてられることをリアルに考えるべきだと思います。我々は、おちおち「校長」と言ってられないかもしれません。我々は教育長にならなければならないのかもしれません。

 でも、素敵ではないですか?二十代にして、教育長レベルのことが出来るのです。それも、全ての校長が「本当に我が事として」学校の向上を願っているのです。どこかの都道府県の教育長が、羨ましそうにしているかもしれませんよ。あはははははは

tontan2tontan22008/03/23 02:19「学び合い」における教師の役割についてよく聞かれます。「教えないのなら何をするの?」って。私も子どもの声の質に着目します。戸惑っているのか、集中しているのか、それとも飽きてきているのかと。そして、私は積極的に子どもの考えをつないでやろうとしています。子どもには教室すべて状況を把握する能力に乏しいからです。決められた時間で、最大の効率をたたき出そうとするならば、リアルタイムで子どもの動きと状況を把握し、且つそれを繋いでいくことが必要だと考えます。だからとても疲れます。
もちろん、子どもだけでもやり遂げる力はありますが、教師が全く介入(見えない介入です)しない場合と比べると時間は延びます。

katunori-skatunori-s2008/03/23 02:43まさに「うれしい」「楽しいなあ」の話題だと思いました。斜め読みをしていたら「昨日の方」を大人だと思ってしまいましたし、「私」を西川先生だと思い込んでしまいました。西川先生が「先生も学び合いに入れ」と方向転換したとびっくりしてしまいました。
中学生の方はもちろん、おうちの方のお話も力強い!『「読む」「聞く」「話す」の3つがあるのでいい』、なるほど!

今回紹介いただいたメールを拝見し、頼もしい味方を得たように重いました。私も身近にこういう味方がほしい!新年度からは、保護者の方へのアピールの仕方を考えます。

jun24kawajun24kawa2008/03/23 06:14お二人ともコメントありがとうございます。
同志の子どもたちとの繋がりは多くを生み出す予感を感じています。ワクワク

junpei-snufkinsjunpei-snufkins2008/03/24 12:33はじめて投稿します。お騒がせしている生徒は、私の担任している生徒です。(笑)生徒の質問に、丁寧に分かりやすく解答してくださってありがとうございます。また、コメントしてくれている同志の皆様にも感謝しています。正直、かなり驚きました。私もうかうかしてられません!もっともっと学ばなくてはと感じさせられました。私も、ブログ・・・たちあげてみようかなぁ・・・と思ってます。その際は、お仲間に入れてください!!よろしくお願いします。

F-KatagiriF-Katagiri2008/03/24 13:03junpei-snufkinsさん、ぜひぜひ『学び合い』グループに入ってください!

F-KatagiriF-Katagiri2008/03/24 13:03junpei-snufkinsさん、ぜひぜひ『学び合い』グループに入ってください!

jun24kawajun24kawa2008/03/24 19:34ご自身と子どものブログ、期待していますよ。あはははは
あ~、楽しい!