西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/18(火)

[]終業式 21:41 終業式 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 終業式 - 西川純のメモ 終業式 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は息子の終業式です。1年生をちゃんと勉めました!今日は、それで乾杯しました。

[]楽しい 17:24 楽しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽しい - 西川純のメモ 楽しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今度の入試の準備で専門職大学院メンバーの一部が集まりました。そこで、来年度の共通科目の運営に関して議論が出ました。話し始めると、みんななから意見は出るわ出るわ、どんどん意見が出ます。新しいコースの立ち上げなので夢を語っています。でも、本当に波長のあう人たちばかりです。一言で言うと「良い先生」なんです。専門職大学院メンバー学者です。でも、小中高で現職経験のある学者です。

 普通大学教員が講義を議論すると、「理念は?」とか「シラバスは?」とかが議論の中心となります。ところが専門職メンバーは、「どんな能力を育てたい」とか「こんなふうにしたいな~」という話が中心になります。いくら話しても、話は尽きませんが、一応お開きらきにしました。それからしばらくして、トイレメンバーの一人の先生とばったり会いました。私は前置き無しで「楽しいね~」と言ったら、その先生も直ぐに分かって「楽しいね~」と応えてくれました。本当に良い大学院が出来ます!組織は人ですから。

[]評価 17:08 評価 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価 - 西川純のメモ 評価 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が研究室ゼミに参加するのは年に2回だけです。最初の1回目に、西川研究室がどのようなことを目指しているかをかたります。最後の回に、この1年間でどのような成果を上げたか、そして、来年度はどのようなことを狙っているかを語ります。本日は、最後の回です。卒業・修了する方に最大の賛辞を送りました。素晴らしいの一言です。

 Nさんが、「西川研究室の今後五年の目標は何ですか?」と質問しました。私は、0.2秒の躊躇いもなく、「日本を変えること」と応えました。そして、各人がすべき事を語りました。なお、これ以上長居をすると、大泣きしそうなので、語るべき事を語って退散しました。