西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/02(日)

[]口コミのすすめ 11:20 口コミのすすめ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 口コミのすすめ - 西川純のメモ 口コミのすすめ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ライブを参観した九州の学生さんからメールを頂きました。その学生さん以外にも多くの学生さんがライブを参観しました。このメモは『学び合い』ライブを見た学生さんも見ていると思います。その方々へのお願いです。

 是非、自分で見たことを、自分の言葉で周りの人に伝えてください。皆さんの語りは強い力を持ちます。私は日本各地で講演をしています。そして、本を書き、ブログを書いています。しかし、読者・聴衆の方々は、「大学の先生が脳天気なことを言っている~」と思って私の語る言葉を割り引いて理解します。そして、数日後には忘れてしまうかもしれません。しかし、皆さんは私の言っていること、書いていることが本当であり、いや、事実はそれ以上であることを知っています。もし、皆さんが自分の言葉で語っていただければ、私の言葉では伝えられない人に伝えられます。是非、お願いします。でも、おそらく疑うでしょう。しかし、我々は皆さんをサポートします。つまり、疑う人にライブをお見せします。皆さんが伝えきれなかったことを、子どもと教師が伝えてくれます。その強力さはみなさんはおわかりのはずです。まだ、我々の力は十分ではありません。しかし、現状でも一泊する覚悟があれば、日本中の人にライブを見せられるレベルにまで成長しています。そして、すくなから無い地域は日帰りでも可能です。ご安心してください。そして、みなさんが教師となりライブを公開していただければ、もっとも広がります。

 私は西川ゼミの学生・院生さん、また、同志の方々の耳元で語ります。

 「○○さん、助けて~、助けて~、という声が聞こえない?今の教育でどんなに子どもが苦しんでいるのは知っているよね。だって、我々だって苦しんだでしょ。我々は学校教育にフィットしているから大学まで行けた。でも、日本には現状の学校教育にフィットしない子どもは多い。その子も『学び合い』では救われる。もし、あなたが結果を出せば、一人でも多くの教師の心に届くかもしれない。そして、もしかしたら自殺する子どもが自殺しなくなるかもしれない。日本中に、助けて~、助けて~、と声があふれ低るんと思いません?

 いいんだよ~。遊んでも良いんだよ~。手を抜いても良いんだよ~。でも、子どもたち、そして教師の叫び声を耳を澄まして」と語ります。その顔は満面の笑顔で、そして、声は冗談っぽく、でも、目は真っすくと、その人の目を見つめて。

 皆さんにも語ります。皆さんには力がある。皆さんにも今、出来ることがある。皆さんが見た教育を受けられない子どもが日本中にはあふれています。そして、皆さんが見た子どもたちも、来年はそれを受けられない可能性が高いのです。助けを求める子どもの声に耳を澄ませてください。

追伸 上記は全国の同志に向かっての願いでもあります。自分のクラスがいいから、いいやでは自分が腐ります。

とんたんとんたん2008/03/02 16:10連投します。

学び合いの現場最前線から申しますと西川先生と同じような夢を抱きながら授業をしています。

実現に向けて、最も最初に手を加えなければならないのは「教科書」です。あまりに薄すぎます。3倍はあってもよいでしょう。それで値段が高くなるのなら、学校据え置きでもよいです。教科書会社はつぶれちゃうかもしれませんが。
小学校の理科などはニュートン以前の古典科学です。中学校でもせいぜい18世紀までくらいの科学でしょうか。
「アルミは電気が通る」でなくて「通しやすい」が正解です。でもそんなこと、どこにも書いてありませんよね。ガラスだって通ります。「極めて通しにくい」だけです。ネットで調べても言葉の壁がじゃまをします。教科書が駄目なら4年間使える300ページくらいの副読本があるとよいと思っています。それを1000円で売ってくれればかなり高度に学習が進むことでしょうね。

jun24kawajun24kawa2008/03/02 16:40アメリカの教科書は、基本的にとんたんさんのお考えの通りです。厚いですし、カラフルで、実に手の込んだものです。副読本や教材群も膨大です。PSSCやBSCSなどの名著があります。ただ、考え方が日本の教科書とは違います。すなわち、教科書で勉強するというのではなく、教科書を資料集的に使います。そして、基本的に教師の能力をあまり信じていません。だから、厚くなってしまいます。なお、当然、価格はかなり高価です。でも、アメリカの教科書は学校据え置きです。

rion_fujirion_fuji2008/03/02 22:14 よくわかります。今日は幼稚園児のすごさをみて,涙が止まりませんでした。(自分の子ではない子達をみて)小一・中一ギャップという言葉に自分たちが甘えているだけですね。子どもがこちらにあわせていただけですね。開放し,大きな目標を示せば,自然と子どもたちがあるべき姿をみせます。少なくとも理科では,中学の内容は小6でも学べます!しかも,中学生以上に活用可能な知識として身につけます。

jun24kawajun24kawa2008/03/02 22:31幼小連携をやっている地域で幼稚園の先生に、rionさんのコメントと同じようなことを言いました。大きくうなずかれていました。子どもの能力を過小評価しすぎていると思います。教師が用意しすぎると子どもは伸びないことを分かっていただけない、残念です。