西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/08/16(木)

[]専門職 17:59 専門職 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 専門職 - 西川純のメモ 専門職 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かなり前のメモ「教師にむいている・むいていない」を書く際、調べて驚いたことがあります。その当時の統計によれば、小学校先生の数が41万人、中学校先生の数が26万人で、高校先生の数が28万人、4年制大学先生の数は29万人です。そして医師の数は24万人ぐらいです。数から言えば、小中高の先生は、大学教師そして医師と同じ人数です。

 有能な教師の方から、専門職になろうともがいていたことを聞きました。私から見て、その人は専門職です。だって、素人には達成できないレベルの授業が出来ますから。ところが、そのような方が、自分の専門性に不安を持っています。ところが大学教師の中で、自分の専門性に不安を持っている人がどれほどいるでしょうか?不遜ながら言います。わたしが大学院生だったときの学問業績に達していない、大学教師は日本中に山ほどいます。そして、その実体を一般人は知りません。本日、ふと、何故だろう~、と思いました。色々考えましたが、開放性免許制度のためのように思えます。

 戦前の教員養成の反省から、あらゆる大学で、一定の免許科目をとれば教員免許が取れるようにしたのが開放性免許制度です(ここでは、その是非を議論しません。)。その結果として、実際の教師の人数の十倍以上の免許取得者がいます。ところが、医師免許は開放性ではありません。医師の数と医師免許取得者の数は、限りなく同じです。つまり、24万人しかいません。大学教師の多くは博士課程に入学した人です(必ずしも修了しているわけではありませんが)。博士課程に入学する人は、やはり、ごくごく一部です。

 博士課程や医学部は多くの人にとって未知の世界です。ところが、教員免許の取得は広く知られており、実際に取得している人も多く未知ではありません。小中高の教師の専門性が、広く認められていない理由は、おそらく、そんなところが原因のように思います。う~ん