西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/08/12(日)

[]主催23:05 主催者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 主催者 - 西川純のメモ 主催者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新潟でのフォーラム終わってから1日経った。あまりにも多くの人と出会い、多くのことを学び、多くのことを感じ、それを整理できない。でも、ぽつり、ぽつりと頭に思いつく。

 あのフォーラムは「子どもに学ぶ教師の会」の主催である。そして、私はその代表である。その代表として私がやったことは以下の通りです。

1)同意

 準備をしている人から、「○○で、いいですよね」と聞かれることが「たまに」ある。その場合は、何も考えず「いいんじゃない」、もしくは、「何で私に聞くの?」と応えました。まあ、いつもそのような対応するので、殆ど聞かれませんが・・・

2)愚かな心配

 一度だけ、「予算は大丈夫?」と準備の人にメールをしました。

 その返信は『先生、お疲れですか?お疲れの時は、なんでも心配になります。それとも、会計を担当されますか(笑)?』である。直ちに、降伏した。

3)宣伝

 宣伝をこのメモでやりました。

 以上が準備段階にやったこと。

 当日、「主催者」としてやったこと。

1)挨拶

 会の初めと、懇親会の初めに1分少々の挨拶をしました。それ以外の挨拶は、全て会の運営の方々がやっていただきました。例えば、講演会の講師である中村さんの対応は私がやっていません。求められずに何かすると、きっと「お疲れですか?」と言われそうなので、しませんでした。

2)受付の留守番

 フォーラムでの殆どの時間は、私は受付にいました。おそらく受付にいた時間は、私が一番長いはずです。といっても、おそらく誰も来ないだろうな~という時間と、途中で帰る人から名札を受け取る時間です。なんとなく私が出来ることは、「いいよ、僕が座っているから。それより、勉強してきな」と学生さんを受け付けから追い出すことのように感じました。これって、良いのか悪いのか、ちょっと分からないけど、直感は私のすべき仕事のように感じます。嬉しかったのは、私がそういうと、学生さんがニコニコしながら会場に行くことです。勉強になる会だということを分かっている証拠です。

3)評価

 会がいい会であると私が評価していることを、メモで書きました。でも、そんなこと書かなくても、会場における私は全身で喜びを発していたと思います。

 ということです。従って、一般的に主催者がやるべきことを、私はやっていません。が、これが正しいと思います。あ、一つ忘れた!

 目標の設定です。来年は参観者は千人で、参観者の感激の涙で会場は海になり、『学び合い』を会得し、夏休み以降に『学び合い』を実践する人が日本にあふれかえる。

 関係者の力量から考えれば、チョロい、と本気に信じられる。それが私の強みです。あはははは。

 あ、聞こえる。0.2秒で「はい」という声が・・・

MizuochiMizuochi2007/08/13 23:15上越におかえりなさいませ。
ホントにハードなスケジュールですね。お体を大切にしてください。
さて、フォーラムでは受付係、ありがとうございました。
会の顔(代表)である先生が、
もっとも多くの参加者に出会える場所(受付)を
自発的に担当してくださったこと、
大いに自慢させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2007/08/14 08:08来年度はお化粧して、可愛い受付係を目指します。
なんちゃって