西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/07/18(水)

[]うどん 22:26 うどん - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - うどん - 西川純のメモ うどん - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は「うどん」が大好きですが、世の中には「うどん」が大嫌いな人がいます。もし、その人が香川県に本社がある「うどん会社に勤めたとします。おそらく、「うどん」を色々な機会で食べなければならないでしょう。それはきついです。嫌いと言うほどではなくとも、毎回毎回となれば、嫌いになってしまいます。そこでです、長野支社に2年間出張になったとします。長野はそばどころです。美味しいそばが一杯です。うどんを食べなくてもいいと思います。でも、2年後には香川県に戻ります。さて、どうしたらいいでしょうか?5年に一回、長野県支社への2年間の派遣があれば、それはそれで骨休めでしょう。でも、生涯に1度しか長野支社への出張が出来ないとしたら、どうしたらいいでしょうか?私だったら、「うどん」と「そば」を食べ比べながら、「うどん」の美味しさを探りたい。決して「うどん」断ちをしないでしょうね。そんなに、つらいんだったら、その会社を辞めればいい。

 大学で先輩大学人から諭されたことがあります。「西川さん、本学に派遣される先生には、せめて2年間、子どもから解放されたいと思っている人がいるんですよ。だから、文献や教科内容をやりたい人がいるんですよ。」と諭されました。でも、私はニコニコ承っていましたが、心の中で、そんなに嫌ならやめればいいのに、と思っていました。だって、自分の仕事から逃げても、その後の長い教師人生があるんですから。

 今日の「学卒院生」のメモを書きながら、上記を思い出しました。

[]尻に火がついてきた 16:23 尻に火がついてきた - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 尻に火がついてきた - 西川純のメモ 尻に火がついてきた - 西川純のメモ のブックマークコメント

 来週から、怒濤の出張が始まります。一応、電車切符は買い求めました。が、講演や集中講義の最終チェックはまだです。まあ、口先三寸でなんとでも出来ますが、最終チェクをしないと不安で不安で・・・。が、明日は大事な会議がある。ふ~

[]学卒院生 16:26 学卒院生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学卒院生 - 西川純のメモ 学卒院生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日修士1年の学卒院生ゼミをしました。おそらく他の研究室の学卒院生だったら、目の玉が飛び出るようなノルマと思えることを自分に課していきます。私としては当然だという顔で話しますが、心の中では「なかなかやるな」と思っています。彼らは週何回も「呪文シリーズ」の学校に入っています。その学校で観察していることを議論すると、さすが我がゼミと思います。子どもの見取りが確かです。と、全国的に自慢します。

追申 要は、子どもたちを徹底的に観察し、分析することを「特権」と思えるか、「義務、ノルマ」と捉えるかの違いだと思います。当然、我がゼミは特権と考える人が所属します。ただし、子どもを見ることを、義務、ノルマと思うような人が、何故、教師をやっていたり、教師になりたいと思うのだろうか、私には謎です。