西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/04/17(日)

[]良い言葉 08:22 良い言葉 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 良い言葉 - 西川純のメモ 良い言葉 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「心の教科指導」(東洋館出版社) の第1章に「教科指導のできない教師に生徒指導はできない」、「生徒指導のできない教師に教科指導はできない」という一般に言われる言葉の問題点を書きました。しかし、ここの部分を表現するもっと良い表現があるような気が、書いた当時から感じました。本日、ふと思いつきました。「教科指導の伴わない生徒指導では生徒指導はできない」、「生徒指導の伴わない教科指導では教科指導はできない」の方が良いように思います。「教科指導のできない教師に生徒指導はできない」では、教科指導は教科の時間、生徒指導はホームルームのように時間・空間が別です。ところが、「教科指導の伴わない生徒指導では生徒指導はできない」、「生徒指導の伴わない教科指導では教科指導はできない」では時間・空間が同じです。このことがとてつもな重要ですが、このことが言葉遊びではないことをどう伝えたら良いんだろう・・・。このことが伝えられたら、学力と心を分けて考えることのバカバカしさが分かります。そして、教師の仕事のほとんどを占めている教科指導の意味を分かってもらえます。でも、難しいのだと思います。「心の教科指導」は西川研究室の本の中で、一つだけ売れ方が寂しい本です。でも執筆した当初は、私としては一番売れる本だと思って企画しました。このギャップは何故なんだろう・・・・?と思います。う~む・・・

[]幸せ 08:22 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 人間の欲望は、その根源には3つのレベルがあります。第一のレベルはDNAのレベルです。このレベルは変わるとしたら何十世代がかかり、数万年のレベルの時間がかかります。個人のレベルでは不可能ですし、いや、その時代の全ての人間の力でも無理でしょう。第二のレベルは社会のレベルです。一定の集団の中の規範に根ざしたものです。このレベルが変わるとしたら数世代、百年以上の時間がかかります。でも、日本の明治維新の時代のように数十年のレベルで変わります。第三のレベルは個人のレベルです。これは数年、いや、数日で変わります。第三の個人のレベルの欲望が多くの人に共有されたならば、第二のレベルの社会に記憶される欲望のレベルになります。その社会のレベルの欲望が、より多くの集団に、かつ、長い時間維持されるとき、適者生存の原理に基づいてDNAに記憶されます。私が何を書きたいかと言えば、多くの人の欲望は、多くの人に共通する欲望であり、その追求の結果が現在の欲望を規定するということです。

 最近、息子はそれなりに一貫した理屈を言うようになりました。それを聞いていると、息子は天才ではないか?と思いたくなります。そうなると、リーマン予想を解決したりガンの特効薬を開発し、フィールズ賞・ノーベル賞をとったらいいな~と、一瞬思いました。でも、すぐに、そんなことより孫を与えてほしいと思いました。そして、そのためにも、健康で長生きしてほしいと願い、なによりも、わたしより、健康で長生きしてほしいと願いました。フィールズ賞・ノーベル賞の息子をもてる人は世界中に何人いるでしょうか?かなり少ないことは確かです。それよりも孫を与えてくれる息子の数は桁6桁から7桁は多くなるはずです。そして、親より健康で長生きする息子は、さらに多くなるはずです。フィールズ賞・ノーベル賞が望ましいと思うのは、個人の欲望のレベルであり、せいぜい社会のレベルの欲望です。それに比べて、私より健康で長生きしてほしいという方が、よりDNAのレベルに近いように思います。

 我々の本当の欲望は、多くの人が共通に持ち、そして、多くの人が達成できるものだと思います。と考えると神(仏)を感謝する気持ちと願う気持ちがわきます。

[]本日 08:22 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日はOさんがT大学附属小学校のS先生と、T県の大校長先生と連れだって大学に来られました。要件は初等理科研究会という全国レベルの教員研修団体の雑誌のインタビューです。私と話すために上越に来ていただき恐縮します。3時間半も話し合ってしまいました。楽しかった。Oさんは相変わらずのOさんです。本日はインタビューの記録係という役割のため控えめでした。でも、現場に戻ってさらにパワーアップしているようです。我々が共有していることを、自分の学校の先生に広めているようです。かなりの手応えを感じているようで、うれしく思います。明らかに、私なんぞには想像もできないレベルに達しています。