西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/10/19(木)

[]長野の会 06:28 長野の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の会 - 西川純のメモ 長野の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今週末、長野で講演をします。http://bit.ly/2hOPoTA

17/10/18(水)

[]怒る 07:12 怒る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒る - 西川純のメモ 怒る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ゼミ生から「先生は何故怒らないのですか?」と聞かれました。そりゃそうでしょ。私は怒りません。三十年以上の教師人生で、拡大解釈しても生徒・学生を怒ったことは10回以下です。大抵は「呆れる」で、ごく希に「諭す」ぐらいです。

 私は常にニコニコしており、頭のいい中学生レベルのギャグを連発します(オヤジギャグではありません)。なにしろ、いつもニコニコしているので、ニコニコしていないと「怖い」と言われます。

 質問したゼミ生に言いました。

 「人が怒るとき、その理由の大部分は自分の利害に反するからだ。自分の利害に悪影響を与えるから、感情的になってしまう。私は君たちが何をしても、何をしなくても、私の利害に無関係になるようにしている。だから、ナチュラルにいられるんだよ。多くの先生も冷静に自己分析すれば、子どもの言動と自分の利害は無関係であることが分かる。そして、関係しているところも、ちょっと生活パターンを変えれば、ちょっと政治的布石をすれば無関係になれる。教師は仕事。誇り高い、子どもの人生に大きな影響を与える仕事だけど、仕事は仕事。冷静に分析し、立ち位置を定めなければね。」

17/10/17(火)

[]講義 16:55 講義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講義 - 西川純のメモ 講義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は200人相手の講義をしました。

 大人数の講義は、実は楽です。集団として扱えますから。例えば、ちょっとしたギャクも、大人数なら一定数かならずウケてくれます。そうすれば、そのウケを全体に広がらせればいいのです。ところが、集団が少ないと、全員にウケないということもあります。つまり、大人数の方が当たり外れが少なく、思ったように話せます。

 ということで1時間半、笑いあり、涙ありのエンターテーメント性の高い授業をやりました。

 最後に「ご清聴感謝」と言うと、拍手が起こります。「俺の一斉指導のテクニックもまだまだ行けるな」と思いました。

 エンターテーメント性は高いですが、その中に潜ませたメッセージは本気です。一人でも多くの学生さんに伝わってほしいと願いながら、心を込めて語ったので、終わった後はしばらく虚脱状態でした。

17/10/16(月)

[]ツボどころ 19:35 ツボどころ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツボどころ - 西川純のメモ ツボどころ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は地元の学校で講演をしました。

 講演中、先生方の表情を見ています。だんだん分かってもらえているのが分かります。そして、「子どもを不幸にしたくない」という部分での眼の光が見えます。「分かってください。一緒にやりましょう」と念じます。

17/10/15(日)

[]本 21:42 本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本 - 西川純のメモ 本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は本を読んでください、と、連呼しています。

 私は毎日、多くの人からお悩み相談を受けています。その積み重ねが本なのです。

 『学び合い』はシンプルです。だから、お悩みが典型的になります。だから本にまとめました。

 が、お悩み相談を今でも受けます。理由は読んでないからです。

 ま、分かります。私が高校教師だった頃、忙しくて本を読んでいませんでした。が、読みもしなくて成功するなんて無理。でも、一人も見捨てたくないから、毎日、お悩み相談を受けています。

[]次 21:28 次 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次 - 西川純のメモ 次 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を実践するならば本を読むことです。本を読めば、必ず、今以上になります。

 が、読みません。1冊か2冊程度で実践します。

 私は様々な本を書きますが、その殆どは初心者用です。2000円以下の値段設定をするならば、ページ数は限られています。その中で完結するとなれば、今までにも書いたものも書かねばなりません。

 つまり、『学び合い』の全貌をとらえようとすれば、かなりの本を読まなければなりません。もちろん、そうでなくても分かるような本を書いていますが、実践を始める人が「その」本を読むとは限りません。

 じゃ、どうするか?

 色々な本を読み、実践し、失敗することによって、私の本の短いフレーズの重要性を理解する。そして、それを周りの人に伝える。しかありません。

 そのためにも、本を読む人を増やさねば。

[]仕事 21:07 仕事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事 - 西川純のメモ 仕事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は毎日仕事をしています。

 平成31年度に免許法が変わります。そのため、教員養成系学部・大学院はその申請で大わらわです。事務の人は分厚い事務手続きの説明冊子を読んでいます。おそらく、教員の中でそれを読む人は殆どないと思います。自分でも変だと思うのですが、私はその手の書類を読むのが「好き」です。何故、好きなのかといえば、それを分かっているか、いないかで我々教員がしなければならない作業量、そして、その後の展開が天と地ほどの差が生じるからです。

 だから感覚的には推理小説を読んでいるように読みます。さりげない1行にポイントがあることを見いだすとワクワクします。

 私が所属する組織の人は苦労を最小限にするにはどうするかが分かります。

 でも、その他の組織はどうなるのだろう、と思います。もしかしたら膨大な書類を書くはめになるのかなと思います。ま、比較する対象がなければ「しょうがない」と思うのでしょうね。ふと思います。学校現場のブラックは、単に関係する公文書を読んでいないからではないでしょうか?管理職はもちろん、教諭も読むべきです。

追伸 ということを、7つのルール(学陽書房)に書きました。知らない人が多いから、私の勝率は高いのです。