西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/17(日)

[]一人も見捨てない 05:36 一人も見捨てない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てない - 西川純のメモ 一人も見捨てない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前書いたことを、昨日、私に質問した孫弟子のために再び書きます。

 長文です。『学び合い』の上級者向けの話ですが、出来るだけ分かりやすく書きます。もしかしたら、初心者に誤解を受けるかもしれませんが、書きます。

 『学び合い』はもの凄くシンプルです。学校観も子ども観も短い文章で表せます。そして、「一人も見捨てず」はたった7文字です。が、これらの言葉がどれほどの深みを持つかは、ギリギリの状態に追い込まれない限り分からないものです。

 例えば「一人も見捨てず」は、愛であり、暖かい言葉です。まあ、殆どの場合はそのレベルでOKです。しかし、ギリギリの場合でも「一人も見捨てず」を徹し、『学び合い』のセオリー通りに行動するには、「一人も見捨てず」は愛ではなく損得であり、暖かさではなく冷静な計算に基づくものであることを理解しなければなりません。それを理解していないならば、子どもにちゃんと語れません。

 大抵のクラスの場合、クラスのみんなが「一人も見捨てず」を願い、それなりの行動をすれば問題は解決できます。知的な障害がある子の場合、その子なりの課題を与えればOKです。毎日学ぶものを絶対的なものとは考えず、三十年後、四十年後の幸せを考えれば学校観で考えられます。

 それで乗り越えられない子も、希にですが、確かにいます。

 我々は一斉指導において集団が崩壊する過程を分析しました。崩壊の過程を簡単に記述すれば、以下の通りです。

 集団の中にいる相対的に能力の低い子のために、集団自体のパフォーマンスが下がります。最初のうちは、相対的に能力の高い子がサポートします。しかし、やがて、やってられなくなるのです。最初は遠回しな嫌みからはじまり、直接的な嫌みになり、やがて能力の低い子を作業に関わらせなくします。こうなると能力の低い子はいたたまれなくなり、その班から出ます。そうなれば能力の低い子どもいなくなるのですから、残った子どもはハッピーになります。しかし、そうなりません。能力の高い子以外の子ども「も」他の班に行きます。つまり、その班は能力の高い子どもだけになるのです。

 何故でしょう。実は中間層の子どもは成績上位層の子どもの行動をじっと見ているのです。そして、成績下位層の子どもがいなくなると、次は「自分」に矛先が行くのではないかと思うので逃げるのです。

 ところが、最後までハッピーに終わる班もいます。どこが違うかと言えば、能力の高い子が能力の低い子を最後までサポートします。だから、ひずみが生まれないのです。

 さて、ここまでを読むと能力の高い子の違いのようです。

 違います。その子ども達をよく知っている人が行った調査です。みんな「いい子」なのです。違いは、中間層の子どもです。最後まで上位層の子どもがサポートしている班は、中間層の子ども「も」サポートしているのです。ところが、排斥する班は、上位層の子ども「だけが」サポートしているのです。違いは、みんなが支えているか、一部のメンバーが支えているかなのです。

 このあたりは「理科だから出来る言語活動」(東洋館)をご覧下さい。

 この事実が分かって、それが大事だということがゼミ文化として根付いた頃です。ある学生が我がゼミに入りました。詳しくは書きません。ただ、私が高校教師として暴走族、オール1の子ども達を教えましたが、それに比べると異次元に大変な学生です。「良い/悪い」が分からない学生です。

 その学生も見捨てたくないとゼミ生集団は必死になりました。私がそこまでやる必要は無いと言いましたが、「西川ゼミは一人も見捨てないゼミです」とゼミ生は言い張るのです。私も、仲間を排斥する集団がどうなるかを先の研究で知っていたので、それを受け入れました。しかし、ゼミ生がどんどん自分たちを追い詰めていることが分かります。そこで、「見捨てたくない」というゼミ生の意見を拒否し、「私の判断で決める」と伝家の宝刀を抜きました。私が大学教員になってから、というより、教師になってから唯一の事例ですが、私の意志で私の管理下からその学生を排除しました。具体的にはそのゼミ生が嫌がっているのですが、強制的に、そのゼミ生を受け入れてくれる別教員のゼミに異動しました。

 次の年度です。私は我がゼミが崩壊することを覚悟しました。

 ところが、崩壊しませんでした。

 分かってみれば当然です。問題の学生を支えるために、ゼミ生がみんなで支えたからです。だから、ゼミ生はゼミ生集団を「安易に切り捨てない集団である」ことを確信したのです。

 つまり、「一人も見捨てない」より大事なのは「一人も見捨てないを諦めない」であり、ギリギリのことろでは「一人も見捨てないを安易に諦めない」なのです。

 では、諦めない程度はどの程度なのでしょうか?

 それは私には分かるわけありません。

 それは自らの心に恥じない程度です。それも、聖人君主ではなく、凡人として許せる程度なのです。これは管理者である教師には判断出来ません。

 さて、以上は学生の立ち位置の話です。では、教師の立ち位置はどうしたらいいでしょうか?

 一番大事なのは、知らないことです。知れば、管理者としての立場が守れません。子どもと同じ立ち位置に立ってしまいます。そうなれば、子どもと同じように迷います。しかし、子どもにとって必要なのは、自分たちと同じように迷う大人ではありません。自分たちが迷ってもぶれない大人が必要なのです。しかし、教師も人の子です。知ればぶれる。だから、知らない方がいいのです。

 では、知らんぷりなのでしょうか?

 違います。

 キリスト教の聖書に、百匹の羊を持つ羊飼いの例があります。神は一匹の羊が見つからなくなると九十九匹の羊を野原に残して探すそうです。しかし、これは神だから出来ることです。我々がそうすれば、野原に残した九十九匹がオオカミに食べられてしまいます。では、一人も見捨てずとは何か、それは個に拘らず、個に拘る集団づくりに拘るということです。

 私は一人一人のゼミ生を愛しています。色々と言われるであろう西川を選んでくれた。それだけで愛するに値します。しかし、私は私の限界を知っています。それを知らなかった高校教師時代、結局何も出来ず、我が身をさいなみ続けていたことを忘れません。

 だから、短期で解決できることであれば、ありとあらゆることをします。しかし、それが中長期に関わることであるならば、集団の問題であると考えます。そして、その集団を守ることに専念します。

 ウエットな気持ちは忘れません。しかし、それに溺れても何も生み出せず、より多くの子どもを奈落に突き落とすことを忘れません。熱き思いと、冷静な頭。そのバランスは辛いものです。

 以上が「一人も見捨てず」の本当の意味です。

 多くの実践者が、この事を分からず、愛と暖かさだけで「一人も見捨てず」を感じられるような社会を生み出したいと、私はもがいています。無様に。

 このレベルのことを、「『学び合い』の手引き・ルーツ&考え方編」、「『学び合い』の手引き・アクティブな授業づくり改革編」、「汎用的能力をつけるアクティブ・ラーニング入門」に書きました。

rx178gmk2rx178gmk22017/12/17 09:13ありがとうございます。

17/12/16(土)

[]奥義 20:07 奥義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奥義 - 西川純のメモ 奥義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 夕方、私にとっては孫弟子が『学び合い』に関する質問をしました。この学生、平均的な西川ゼミの学生より私の本を読んでいます。最初の質問は「ネームプレートは必須ではないか?」という質問です。私の説明に対する返答から、ちゃんと本を読んでいることが分かります。どんどん説明すると、「必ずしも全員達成に拘らなくてもいい」とか、「見捨てても良いことが、一人も見捨てないに繋がる」というレベルの説明をすると頭を抱えてしまいます。

 そりゃ、そうです。入門段階の私の本で書いていることと真逆なことを言い出すのですから。しかし、一見、真逆なことのようで、それらは矛盾しないのです。

 空海は最澄への『理趣釈教』貸与を断りました。『理趣釈教』は、真言密教の極意を示すと言われる根本経典・理趣経の注釈書です。何故、断ったかと言えば、浅い理解で読めば誤解するからだと空海は最澄に言ったそうです。両大師に比すのはおこがましいですが、『学び合い』も似ています。初期の段階で理解できるものと、その先にあるものは一見矛盾しているようですが、考える空間・時間を広げるとそれらは矛盾しません。でも、クラスの中に限定され、子ども達を有機的な集合体と理解できないと分かりません。

 このレベルのことは入門書に書くと混乱するので書きません。でも、『理趣釈教』と違って、オープンにしています。それは「『学び合い』の手引き・ルーツ&考え方編」、「『学び合い』の手引き・アクティブな授業づくり改革編」、「汎用的能力をつけるアクティブ・ラーニング入門」に書いてあります。このレベルの本を読んで理解できる人が広がることが、『学び合い』が次の段階にシフトすることに必要だと思っています。彼がその一人になってくれるだろうと期待しています。

追伸 ある子を見捨てても良いと考えることが、一人も見捨てないことを実現するためには必要だ、なんて意味不明でしょうね。浅い理解だと、「なんてひどいことを言うんだ」としか理解できない。私は一人も見捨てたくないから、別次元で考えるようになったのです。

[]国民の育成 18:02 国民の育成 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 国民の育成 - 西川純のメモ 国民の育成 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育基本法の第一条は「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」とあります。つまり「国民を育成する」ことを目的としていると書かれているのです。日本国憲法にいおいて国民の義務は3つだけ書かれています。それは「保護する子女に普通教育を受けさせる義務」(第26条)、「勤労の義務」(第27条)、「納税の義務」(第30条)です。

 つまり、教育とは「働き、稼ぎ、子女に教育を与え、納税出来る国民の育成」だと思います。それ以外もありますが、根幹はそこです。

 さて、「主体的・対話的な深い学び」を打ち出した「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)」において「就職」、「就業」の言葉は一言もありません。あるのは、その前段階のキャリア教育のみです。さて、そのような教育を受けた人が「保護する子女に普通教育を受けさせる義務」(第26条)、「勤労の義務」(第27条)、「納税の義務」(第30条)を果たせるのでしょうか?

 それらを学校は放棄し、企業教育に丸投げしていたのです。でも、終身雇用が崩れている企業はそれを拒否しています。結果として、誰も責任を負わない。その罪は、その責任を負うべき学校が受けるべきだと思っています。

 「大学は職業予備校でない!」というのは正論のようです。しかし、昔から大学は研究者という職業の予備校です。同様に、高校も、中学校も、小学校も、そのミニ版です。だから、多様な職業の予備校になるべきだと思います。

追伸 アクティブ・ラーニングを打ち出した、高大接続システム改革会議「最終報告」(平成28年3月)では「就職」、「就業」という言葉が使われています。見据えているヴィジョンの広さと、具体性の違いです。

[]昨日 17:37 昨日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日 - 西川純のメモ 昨日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は朝早く大学を出発し、白鴎大学での大学院説明会です。ゼミ生が大活躍しました。白鴎大学の担当の先生からお褒めの言葉をいただき、教師バカの私としてはルンルン気分です。終わり次第、直ぐに大学に戻ります。夕方に到着し、直ぐにゼミを開きました。終わり次第、ゼミ生がお世話になっている高校の先生方との飲み会です。

 大いに夢を語り、笑い、呑みました。昨年度まで副校長で、現在校長先生の方から呑み会に電話がかかりました。昨年度からその高校に入っているゼミ生が教員採用試験に合格したので、お祝いの言葉をいただきました。ゼミ生とその先生の話している電話機から離れていても、相変わらずの大笑いの声が聞こえます。

 ということで呑みすぎて、昨日はブログを書けませんでした。

 あ~、楽しかった。

17/12/14(木)

[]高校が熱い 21:43 高校が熱い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校が熱い - 西川純のメモ 高校が熱い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 アクティブ・ラーニングが出始めた頃は、「アクティブ・ラーニングって何?」という高校の先生によくありました。ところが、今、『学び合い』の授業公開をすると、それとは別種の人が多くなったと思います。本当にアクティブにしたいし、その先に何かを生み出したいと思う人です。これって総合学習が変質した過程にはなかったことです。

 何故だろうと思います。

 単純ですが、ネーミングの違いです。

 総合学習の根幹は学習指導要領を読めば明かです。「自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育てること」が本体です。でも、総合学習という言葉によって「総合」であれば、クロスカリキュラムであれば総合学習になってしまった。つまり、子どもの姿ではなく、教材の姿にすり替わってしまった。

 一方、アクティブ・ラーニングは子どもの姿です。が、「深い学び」を付けてしまった。ま、ソフトランディングしたい人がそう考えたのですよ。でも、そのとたんに、総合学習のように変質する。

 高校の先生方が縛られるのは大学入試です。そこは「主体的・対話的な深い学び」ではなく「アクティブ・ラーニング」が支配しています。

 大学入試を支配しているのは、採用試験です。採用試験において「主体的・対話的な深い学び」という甘い言葉が入る余地はない。

 ま、その甘い言葉に逃げる人が大部分ですが、そうでない人がいる。だから、高校の先生方の取り組みの方がシビアと感じます。

[]文系・理系 21:43 文系・理系 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 文系・理系 - 西川純のメモ 文系・理系 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 文系・理系のいずれかを選ぶかは、受験科目の選択で決まります。ようは国語・社会と数学・理科のどちらが得意かということです。でも、文系は分かりませんが、理学部に進学した私は高校の数学と理科は、ありゃ本当の数学と理科と縁もゆかりもないと思っています。

 高木貞治の解析学概論、ファイマン物理を読んだときのゾクゾク感は高校の授業で全く感じたことがありません。それらを学ぶために高校の教育が必要であるとは思いません。もっと凄いのは、大学で学んだ生物学(私の専門)において高校の生物学を学ぶ必要性を感じません。それが証拠に、生物学を専門にする大学の学部が生物学を試験科目の必修にしません。

 これは、文系も同じだと思います。

 本日、家内と話したとき、なるほどと思いました。

 理系の特徴は、情報があったとき「ようは何?」と考えます。ゴチャゴチャ感が嫌なのです。もちろん、ゴチャゴチャの理屈が分かると安心しますが、ゴチャゴチャがそのままであることが嫌なのです。

 ところが文系は、それほど単純に割り切れないと思います。例えば、「点は位置があるけど面積がない(本当だったら見えません)」、「平行線は交わらない(見たのかよ)」という言葉をすんなりと信じられません。一つ一つのことに、そのことから派生することをイメージします。特に、「これをやったたら、あの人はこう思う」という想像をします。それによって物語を生み出します。これこそ文系の本体のように思います。結果として、物理・数学が気になって、素直になれないのです。

 私が本当に言いたいのは、以下です。

 今、理系が良くて、文系がダメという風潮です。ジョブ型は良くて、非ジョブ型はダメとは思いますが、理系・文系の比較は単純ではないと思っています。いや、理系の専門としている構造化しやすい知識・技能は速やかにAIが乗っ取ります。だから、文系こそ生き残ると思っています。でも、それには文系が文系であるのは国語・社会が得意ではなく、人の気持ちをくみ取った物語を生み出せることであると考えるべきではないでしょうか?

[]繋がってください。 12:07 繋がってください。 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 繋がってください。 - 西川純のメモ 繋がってください。 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 社会心理学者として有名なミルグラムは、スモールワールド実験というものを行いました。方法はアメリカのある地域に住む人を無作為に選び、遠く離れた地域に住む人に手紙を転送するよう依頼したのです(Milgram 1967, Travers & Milgram 1969)。ミルグラムが注目したのは、いったい何人の人を経由して届くかということです。その結果、平均6人の人を介して届くことを明らかにしました。このミルグラムの実験は様々な人によって検証され、「全世界の人は6人の人を介して全て繋がる」(スモールワールド仮説)という大胆な仮説となりました。

 実際にスモールワールド仮説が正しいか否かは別にして、世間は案外狭いというのは我々の実感です。ある会合でたまたま席の横になった人と話し合ったとき、共通の友人があり話が盛り上がったということはよくあることです。さて、なぜそのような現象が起こるのでしょうか?

 単純なモデルを描いてみましょう。私は年賀状を毎年200枚出します。私は比較的多いかも知れませんが、50枚ぐらいを出す人はいるでしょう。さて、仮にみんなは年賀状を出すような人が50人いたとします。送った50人の人にも50人の年賀状を出す人がいるのですから、2段階目で2500人となります。3段階目では125000人、4段階目では6250000人、5段階目では312500000人となり、6段階目では15625000000人となり世界人口の2倍以上の人数になります。となるとスモールワールド仮説はうなずけるな、となりますが、実際はそう単純ではありません。何故かと言えば、我々の人間関係はクローズする傾向があるからです。

 アメリカの社会心理学者がある中学校の生徒の人間関係を調べました(Rapoport & Horvath 1961)。まず、各人に親友の名前を挙げさせ、親しさの度合いで順序づけてもらいました。さて、生徒集団の中から強く繋がっている10人の集団をピックアップしました。そして、その10人の最も親しい友達を先のリストから選びました。そして、その友達の最も親しい友達を先のリストから選びました。これを繰り返しました。ところが、先に述べたように強く繋がっている人同士で一つの集団を作り上げる傾向があるので、上記の集団は一定以上には広がらず、比較的狭い集団でクローズしてしまいました。これは我々の日常経験からも一致すると思います。

 我々は狭い集団を形成する傾向があります。しかし、とんでもなく離れた人とも繋がることが出来ます。どうしでしょうか?これに対して単純で画期的な解答を与えてくれたのは、ワッツとストロガッツです(Watts & Strogatz, 1998)。彼らは、基本的に狭い集団「群」の中に、離れた集団を繋ぐリンクををごく少数でも入れただけで、劇的に変わることを明らかにしました。例えば、東京はJRや私鉄や地下鉄で密接に繋がり合った町で構成されています。札幌もそうです。しかし、東京と札幌を鉄道、特に在来線でしか繋げられないとしたならば、両者の交流はかなり困難です。ところが、札幌と東京を飛行機で結んだとたんに、両者の関係は激変します。札幌と千葉、札幌と埼玉、札幌と神奈川、小樽と東京、小樽と千葉・・・・という多くの航空路を開設しなくても、たった一つの札幌と東京の路線だけで関連する地域の関係は激変します。ワッツとストロガッツはそれを科学的に明確に示したのです。

 多くの人にはどうでもいいかもしれませんが、一応、学者なので補足です。スモールワールドを実現する方法は、上記の方法以外に、ハブによって実現できると言うことも証明されています。つまり、特定の人がものすごく多くの人とリンクを張るという方法です。しかし、少なくとも我々の教室での観察によればそれはあたりません。まあ、ごく初期の『学び合い』では相対的にはそうかもしれませんが、長続きしません。というのは、人と人とが教室でリンクを張るにはとても大きな負荷がかかるからです。例えば、一人の人が誰かを説明するとなると、一定時間かかります。例えば、ある人が10人の人とリンクを張ると言うことは時間的には無理です。そして、我々の観察では、多い人でも5、6人で、少ない人でも1、2人程度の差しかありません。スケールフリーと呼ばれるモデルは、リンクを形成することに負荷があまりない場合は成り立つモデルですが、リンク形成に負荷がかかる教室の場合はワッツとストロガッツのモデルの方が適していると思います。

 もう一つの補足は、現在のネットワーク分析で分析対象としているネットワークより、『学び合い』のネットワークは高度です。どこが高度かといえば、自発性と可逆性の高さです。例えば、『学び合い』では、出来上がったネットワークを子どもたちは、自分たちの判断で自分たちのリンクをスクラップアンドビルドしつづけます。『学び合い』では「ねえ、お試しでいっしょにやらない?」という発言を気軽にします。これって、現在のネットワーク分析では分析対象としているネットワークにはないものです。その意味で、最も優れたネットワークだと私は思っています。

 さて、長々と書きましたが、『学び合い』のネットワークも同じだということをご理解ください。今、47都道府県の中で『学び合い』のグループが形成されているところが過半数です。しかし、それぞれのネットワークが弱いと思います。それぞれをつないでいるのは事実上、私の他、一握りのハブによって成り立っています。考えてください。地元の『学び合い』の実践者以外に、47都道府県のどれだけの人と繋がっているでしょうか?せめて5ぐらいの他県の人と繋がる人がもっと増えてほしい。それも遠方の人を含んでです。その数は多くなくても結構です。ごく一部でもよい。その人が飛行機になり、飛行場になればスモールワールドは実現できますから。

Milgram,S., "The Small World Problem", Psychology Today, 60 – 67, 1967

Travers,J. and Milgram,S., "An experimental study of the small world problem", Sociometry 32, 425, 1969

Watts,D.,J.,& Strogatz,S.,H., ”Collective Dynamics of ‘Small-World! Networks”, Nature, 393, 440-442, 1998

17/12/13(水)

[]自治 21:13 自治 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自治 - 西川純のメモ 自治 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学の自治が成立するためには、学術の世界での徹底的な競争に打ち勝った人が主導しなければならない、と思う。学術の府として生きるならば。何が良しで、無しがダメなのかを判断できるのは、そのような人だから。

 

17/12/12(火)

[]悔しい 21:30 悔しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悔しい - 西川純のメモ 悔しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高校教師に挫折し、大学教師になりました。でも、異動してから5年ぐらいは、酒を飲みながら、「なんで異動したんだ」と泣きながら飲みました。それぐらい高校教師は楽しかった。でも、挫折するぐらい辛かった。だから、出口を探し続けた。

 若い、『学び合い』実践者のブログを読めば、楽しい。心が豊かになります。が、読みながら、悔しい思いもあります。もし、私の若いときに『学び合い』があり、それで実践していたら大学教師にならなくてすんだ。高校教師として幸せであり続けた。

 ずるい、と思いました。浅ましくも、本心です。

 悩みのレベルと、得られる喜びのレベルが、カリスマ教師を目指した当時の私とは異次元だ。

[]多様性 21:21 多様性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多様性 - 西川純のメモ 多様性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新たに西川ゼミに入った学部2年生に「何故、西川ゼミを選んだの?」と聞きました。結果、ものすごく多様。いいな、と思います。グジャグジャが一番安定する。熱力学の法則です。

[]富山の会 05:52 富山の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 富山の会 - 西川純のメモ 富山の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 主催者の案内をコピペします。お誘いします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

学び合い』の会 富山

12月23日(土)

10時から富山市の 

ジョイフル大泉店(富山県富山市大泉町2-1-10.)で『学び合い』を語り合う会を開きます。よかったらご参加くーださい♪