西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/05/26(日)

[]改革の見極め方 14:17 改革の見極め方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 改革の見極め方 - 西川純のメモ 改革の見極め方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 変革の時代、様々な改革が生まれます。どの改革が次の時代に繋がるかは分かりません。しかし、繋がらないことは確実であることを見極めることは可能です。

 第一に、「○○します」という改革は、100%改悪です。たとえ「○○」がもっともらしくてもです。理由は簡単です。今の学校はアップアップ状態です。それに何を付け加えたとしても、機能するほど加えられないし、それを加えられたことによって、従前のものも不十分になります。だから、「プログラミング教育」、「小学校英語」のいずれもが改悪です。

 もちろん、「○○を廃止し、その代わりに○○します」ならOKです。しかし、今までのは常に「現場の智恵と裁量でなんとかしなさい」というものばかりです。

 第二は、授業でもっとも大事にしているものを捨てていないならば、改良であっても改革ではありません。そして、改良をどれほど積み上げても、改革につながりません。クリステンセンやチャン・キムが述べているように、本当の改革は、従前の市場占有者が後生大事にしていることを捨てることによって、価値を生み出します。

 言うまでもなく、学校の根幹は授業です。改革を謳っているならば、その授業を見れば良い。見たとき、「え!?これで大丈夫ですか?」と問われる授業をしていて、問われたとき、その理由を述べられるならば改革です。もし、授業を見たとき市場占有者が「???」と思わなければ、他の部分で{???}を感じたとしても、それは改良です。

 つまり、見極め方は簡単です。何を捨てているかを見れば良い。それが授業の何かであれば改革です。この視点で、様々な提言、報告書を読んで下さい。「○○します」のオンパレードで、その多くは授業のツールレベルに留まっています。

19/05/25(土)

[]英語本 14:35 英語本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語本 - 西川純のメモ 英語本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 青森の細山さん、千葉の高瀬さん、そしてゼミ生の皆さんの協力によって、英語本の第1弾が完成しました。ALTをはじめとする多くの方に紹介して下さい。お誘いします。https://amzn.to/2K4zxAe

19/05/24(金)

[]ゼミ開放日 17:59 ゼミ開放日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ開放日 - 西川純のメモ ゼミ開放日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 6月のゼミ開放日が一日ずれて10日、11日になりました。お誘いします。http://bit.do/eS7jF

19/05/23(木)

[]幸せ 21:58 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は高校での親友と二十年以上ぶりに呑んだ。楽しかった。彼がとてもいい顔になっていた。話を聞くと、かなり大変なことを経験したようです。しかし、何故か、それを笑いながら話せるのは、彼の人柄と度量だからだと思う。とあいえ、この年になると自分の我が儘放題で、眠りたくなったら帰る、というわけではなく、かなり飲み過ぎた。あははははは

 本日は、大学院と学部の授業をこなし、提出しなければならない書類書きに明け暮れた。家に帰って風呂に入る。家内は食事の準備。「どんな食事かな?」と期待している。風呂から上がって家内と晩酌。「美味しい」

 風呂に入りながら思ったこと。それは「今日と同じ、明日が来ればいいな」ということ。学生さんと話すと思うのは、日常と違ったことを喜びと感じているように思う。それは1週間レベルのみならず、1日レベルでも。しかし、私の場合、1日レベルで、同じ繰り返しがいい。私は家内と結婚してから、基本的に劇的なものは何もなく、朝起きて、家内の朝食を食べて、仕事をして、家内の弁当を食べて、帰って、家内と晩酌をして、家内と一緒に寝るという毎日を過ごしています。それが幸せと思っています。

 これを感じられる人生を多くの人が実感できる社会がいいなと思います。

19/05/22(水)

[]自然科学 10:37 自然科学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自然科学 - 西川純のメモ 自然科学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々は既存の枠組みで物事を理解しようとします。多くの場合はそれが最適解です。そして、多くの場合、理解しようとすらせず、今までやったことを適用します。これを打ち破るためには、今まで当然とした前提を疑い、その前提を除外した世界を構築する必要があります。それを現実に適用し、その妥当性を検討します。自然科学の作法です。

 しかし、この自然科学の作法は苦痛を伴います。当然とした前提を疑うこと、それを場外した世界を構築することは苦しいのです。例えば、「摩擦のない世界では・・」と考えようとしても、「だって、摩擦がないなんてあり得ないじゃないか!」という心の叫びに抗しがたいのです。

 昨日、ゼミ生達がある学校を参観しました。帰ってきたゼミ生に聞くと、理念として語っていることは私と同じだが、授業はその理念と真逆なことをやっているとのことです。だから、帰りの車の中でモヤモヤしながらして、今日もモヤモヤしているようです。

 しかたがありません。現状に囚われている限り、現状の前提と矛盾のない範囲の「改良」は出来ますが、現状の前提を捨て去る改革は出来ません。だから、本丸の授業を変えることは出来ないのです。

 私だって、二十年前の私が今の私を見たら「なに、とち狂っているんだ」と思うでしょう。私は二十年以上、コツコツと理論の基づき、一つずつ前提を捨てた実践を行い、その成果を分析しました。それが今の『学び合い』です。理論がなければ、組織的な実証研究がなければ、越えられない壁です。これは研究者の仕事です。実践者は、それを選択するか否かなのです。これを決めるのは問題意識です。楽しい授業、分かりやすい授業を求めるだけならば、壁は乗り越えるのは苦しい。でも、乗り越えた人が一定数いれば、楽しい授業、分かりやすい授業の人も乗り越えられる。